E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

デラ派のエロ漫画家がテラハ問題を語る その3

私の名前は天馬ふぇみお、ワシントンは桜の木を切ったことを正直に告白したら許してもらえたらしいが、大昔に若年性EDを患ってた頃「EⅮかどうか確かめるために風俗行ったらちゃんとSEX出来たからプロ相手だと大丈夫らしい(〃'∇'〃)ゝエヘヘ」と当時のカノジョに正直に話したらガチギレされた過去を持つ、Honestyチンポ e-ロマン画家である( ;∀;)

 ちなみにそのアメリカ初代大統領ワシントンの「桜の木の逸話」だが、選挙キャンペーンのためにでっち上げた嘘話らしい。正上位…じゃなくて星条旗を全身にまとうほどのアメリカかぶれだった私はワシントンが嘘つきだと知り、酷くショックを受けたものだ。
e1df7a88
ふぇみお 17歳 秋(卒業アルバムより)

世の中には知らない方が良いことがあるのだ


 ちなみに、前回のブログで『素人女子大生ガチナンパ!うすーいラップ一枚挟んで童貞君と素股体験してみませんか?すぐに破れて生ち●ぽがズボッ!「Hはダメっ!」と戸惑う二十歳の娘にそのまま中出ししちゃいました!巨乳美人のみ選りすぐり6名5時間30分スペシャル』というAVを読者諸君にお勧めしたと思う。イマドキの素人女子大生はこんなにエロいのかっ!?と興奮気味に語った訳だが、それについても残念なお知らせがある。
 購入者レビューを見てみると、こんなレビューがあった。
「出演者は 望月りさ 阿由葉あみ 楠セナ、千葉ゆうか 井上愛唯 松永さな です。」・・・と。

sirouto

素人じゃなかったんかいΣ(゚Д゚;)!!!

 顔見ただけで全女優を見分けるこのNTRマスターというレビュアーの眼力もさることながら、そのすぐ下で無邪気に「イキまくる女子大生が観れて最高だった。全員顔面レベルがかなり高いし♪」と長文でレビュー書いてる人の立場は?と心配になりもするが、とにかく世の中には知らない方が良い事が沢山あるのである(´;ω;`)



≪豆腐メンタルの処世術≫

 そう、世の中には知らない方が良いことが沢山ある。

 ネットで囁かれる自分の評判、なんてその最たるモノだと思う。ネットの悪口を苦にテラスハウスというリアリティ番組に出演していた女性レスラーさんが自殺してしまったなんて悲しい事件があったが、ふにゃちんメンタルな私としては(傷つく位ならネットなんか見なきゃいいのに・・・(´・ω・`))と思わずにいられない。

 私は自分のメンタルが豆腐並みにヤワなのはわかっているので、エゴサーチの類はしたことがない。悪口書かれていたら傷つくし、悪口すら書かれないくらい世間からスルーされていてもそれはそれで傷つくので、だったら最初から見ない方が良い。

 それどころかネットに挙げられてる自分の書いた作品への書評すら一切読まない。クリエイターとしてはそこは受け止めろよ、と言われそうだが、読んで3日くらい仕事にならないほどに落ち込むくらいなら最初から見ない方がいいや、と割り切っている。

 それどころか掲載誌から送られてくる読者アンケートすらほとんど目を通さない

 読者の反応を分析して今後の作品作りに活かすためにもアンケートは見とくべきだろ!と思う方もいるだろう。確かに正論である。しかし私はずっとこう開き直っていた・・・
アンケートを分析して作家に方向性をアドバイスするのは編集の役目だろ( ´ー`)y-~~
・・・・・と。

 ただ、長年の作家生活を鑑みて分かったことがある。

 それは・・・・・読者アンケートを分析して作家にアドバイスくれるような熱心な編集さんは殆ど存在しねぇ!・・・・・ってことである。
 連載中は特に何も言わず、せいぜい連載打切りの段になって「いやぁ、実はアンケートもあまりよくなかったし」と事後報告的に打ち明けるくらいである。
 それでも正直に打ち明けてくれるならまだ親切な方で、大抵は「打切りです」の報告すらなくただただ連絡が途絶えるのみである。要は「ハッキリクビ宣告もしたくないし、だから…察してくれ_(_^_)_」ってことである。

 なので編集さんがアドバイスくれることを当てにしてはダメだ。

読者アンケートは自分でちゃんと見て自分で作品の方向性考えたほうがいい。

 私は漫画家としての大切な教訓を20年の作家生活の上で学んだ。
・・・しかし・・・・・完全に後の祭りであった

世の中には知っておいた方が良い事も沢山あるのである(´;ω;`)


 ちなみに零細漫画家アルアルであるが、そうやって連絡が途絶えてクビになったんだと思っていたら、急に思いだしたかのように編集さんから連絡が来ることがある。大抵の場合、読切りを描いて欲しいと言われるのだが、スケジュールは結構タイトだったりする。
 急にほかの作家が穴開けたりしてお鉢が廻ってきたんだろうなぁと想像するに難くないので、こっちもプライドがあるからそういう時はガツンと言ってやる。
「わかりましたぁ。ページ数と〆切は?・・・了解でーす(^▽^)/」・・・と。


 00001-56
 私は大昔に「私は凌辱大好きな変態漫画家です」という単行本を刊行したことがあるが、今こそ改めてこう言おう。

 私は都合よくヤリ捨てされた元カレから急に連絡来たらすぐ股を開いてしまうようなサセ子e-ロマン画家です・・・・・・・・と。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

saseko




(完)

デラ派のエロ漫画家がテラハ問題を語る その2

私の名前は天馬ふぇみお、三国志時代の中国の名文筆家チンチン…じゃなかった陳琳チンリンは曹操討伐の檄文を書く際に『筆を刀に変えて文に臨む』と宣ったそうだが、陳琳同様に分泌家としてチンコを刀に変えてSEXに臨む チンコFighter e-ロマン画家である。

 豆腐のような貧弱メンタルの私はSEXの際に『下手と思われないようしなきゃΣ(・∀・;)!』と気負って、まさにファイトに臨むがごとくベッドに向かう。SEXとは闘いである。チンコとFIGHTは同義である。
  その昔、SEXという闘いに身を投じる若者たちを追ったリアリティ番組があった。名を『チンコ ファイトクラブ』といった。うろ覚えだが、確かチンコFighterを目指す不良たちをチョコボール向井が鬼コーチとして厳しくシゴキまくるという内容であった。
f5ght

 非常に残念である・・・スケベ人妻が童貞を厳しくシゴキまくる人妻チンコファイトクラブであったら私もためらうことなく番組参加を決めたであろう(*ノェノ)。


 ・・・・私としたことが大きな勘違いをしていた。
 そのリアリティ番組は『チンコ ファイトクラブ』ではなく、ボクサーを目指す不良たちを元ミドル級世界チャンプの竹原慎二が熱血指導する『ガチンコ ファイト・クラブ』であった(*ノェノ)



《リアルとリアリティの区別》

 さて、テラスハウスというリアリティ番組が批判にさらされているらしいが、チンコ・・じゃなくてガチンコ ファイトクラブという企画もおなじようなリアリティ番組であった。私も実はまともに見たことはないのだが、断片的な視聴から察するに、不良たちが竹原氏のきついシゴキに時に反抗しながらもプロボクサーを目指していく様子をリアルに追っていく番組であった。
b4bdc04be8fa11abb007b72a09d6b1e3


  当時は「ヤラセじゃないか」みたいな批判の声がネット上や週刊誌なんかでしきりに上がっていたのを覚えている。
 私は思ったものだ・・・ヤラセに決まってんじゃねーか(´゚д゚`;)!!・・・と。

 そもそも不良達は自分から番組の企画に応募したわけで、テメーで応募しておきながら「こんなかったりーことやってられっか!」みたいに反抗するのもおかしな話だし、元世界チャンプの竹原慎二相手に調子ぶっこく度胸のある不良なんている訳がない。こんなもん真実のドキュメンタリーと思って観てる奴いねーだろうと思ってたので、「ヤラセだ!」と怒る奴が世間に沢山いる事の方が逆に理解できなかった。
 サンタクロースを現実のモノと信じる無邪気な子供は最近めったに見ないが、リアリティ番組を現実と信じてる無邪気でアホな大人は意外と多いらしい。

 日本人は生真面目な性質だと言われるが、悪く言うと融通の効かない頭の固い人種なのかもしれない。
 プロレスがガチの真剣勝負じゃないとわかると「八百長だ!」と糾弾したり、Mr.マリック「実は超魔術ではなく手品でした」とバラしたら世間から詐欺師扱いされる・・・日本というのはなかなか滑稽な国だと思う。

 テラスハウスの件も、リアリティ番組を演出なしの真実だと信じて、番組出演者の態度に本気で腹を立てて糾弾しようとするアホが結構この国にはいるのだから実に嘆かわしい限りである。
 ネット上では何かに鬱憤をぶつけようと必死になってる醜い連中が沢山いるが、私のような賢者『一発抜いて落ち着けよバカが・・・┐(´д`)┌』と冷めた目で見ている。何かと現代人はストレスを溜めやすいが、それを誰かにぶつけるくらいなら自分のチンコにぶつけてほしいものである。

 リアリティとリアルの区別がつかないアホばかりで日本は大丈夫なのだろうか( ゚д゚;)?と本気で心配する憂国の士として、最後に最近見たお気に入りのAVを紹介したいと思う。

h_1324skmj00044pl
素人女子大生ガチナンパ!うすーいラップ一枚挟んで童貞君と素股体験してみませんか?すぐに破れて生ち●ぽがズボッ!「Hはダメっ!」と戸惑う二十歳の娘にそのまま中出ししちゃいました!巨乳美人のみ選りすぐり6名5時間30分スペシャル

である。

 二時間ミステリードラマ並のクソ長いタイトルだが、街ゆくノリの良い素人の女子大生に声をかけ、童貞男に性の手ほどきをしてもらうという企画モノAVである。カレシいるからHは無理だけど素股ならいいよ、とラップ越しに素股をするのだが結局ラップが破けて生で挿入する形になってしまい、そのままヤッてしまうのだ。

 今どきの女子大生ってこんなに簡単にHさせてくれるのか(*´艸`*)!!と驚愕してしまう。
 それに皆揃いも揃って巨乳で可愛い。私が童貞の頃にはなんでこんなヤリマン美少女が周りにいなかったんだと口惜しさすら感じる。

 他にもAVを観ていると、「旦那とのHじゃ物足りないからAV出演を決めた素人の人妻」とか「109でナンパしたらAV出演を承諾した有名カリスマショップ店員」とか「童貞くんを筆おろしするのが大好きでAV出演を決めた素人セレブ人妻」とか世の中にはスケベ女が沢山いることがわかる。 

 日本人はリアルとリアリティの区別もつかない頭の固い民族だとさきほど嘆いていたが、中にはこんなに奔放な素人女性もリアルでいるのだ・・・日本も捨てたものではないかもしれない( ;∀;)

  そんなわけで平和主義者で賢者な私としては、リアリティ番組に怒ってるようなアホな暇人はリアル素人モノAVでも観て心を落ち着かせてほしいと切に願う次第なのである。

(続)

デラ派のエロ漫画家がテラハ問題を語ってみる

私の名前は天馬ふぇみお、中学生の頃は顔が老けていたので【18禁のエロ本を買いに行く係】をよくさせられていたエロホンショッピング e-ロマン画家である( ;∀;)。
IMG_20200530_103729
ふぇみお 14歳

 昔は今のようにネットで簡単にエロ画像が手に入る時代ではないので、エロネタを手に入れたいと思ったら、林に捨てられている誰かの使い古しのエロ本を拾い漁るか、それが嫌なら大人のフリしてコンビニで買うかしかなかった。
 今の私は自慢じゃないが実年齢より上に見られたことが殆どないアンチエイチンポ…いやアンチエイジングe-ロマン画家なのだが、中学時代は「40代のおっさん顔」とか「オタク」とか「宮崎勤」などと散々な呼ばれ方をされたこともあった。

 つまり14歳の頃の私は四十路の今より老けていたということになる。
femi40
ふぇみお 40歳

 なもんで、いつもエロ本買いに行く役をやらされた。毎回子供とばれないかヒヤヒヤしたものだが、バレずにスムーズに買えたら買えたで複雑な気分であった(T_T)



《テラハ問題を語ってみる》

 さて、そんな思春期のほろ苦い思い出は一旦置いて、今回はテラハ問題について真面目に語ってみたいと思う。私が思春期の頃はSNSなどなかったが、仲間内で貴重なエロ本やエロビデオを共有するソーシャル・エロネットワークが形成されていた。それはお互いがお互いを気遣いエロネタを貸し合う実に平和な社会だった。
 今のギスギスしたSNSとはチンほどの違いが・・・いや違った、天と地ほどの違いがあった。

 しかしいくら平和な社会においても派閥ができるのは世の常。エロ本の好みも人によって微妙に違うので、プレイボーイ派(略してプレ派)、GORO派などの派閥が生まれた。ちなみに私はデラ・べっぴん派(略してデラ派であった。
20190713184924864715_d84845f1c5bff61b83c31bdc54d6d659
”アソコの具合”GRANDPRIX・・・とても興味深い特集である


 今テラハが問題になっているらしいので、元デラ派の私としては真面目に語らなければならないと思い立った次第である。

 確かにデラ派は問題を抱えている。プレイボーイGOROがどっちかというとグラビア誌よりの明るく楽しいエロ雑誌なのにくらべると、デラ・べっぴんAVからのスナップした過激なセックス写真が多く、また局部が生々しく黒塗りで消されていて、とにかく全体的に過激だった。
 一度過激な刺激に慣れてしまうとドンドンより過激さを求めるようになってしまう

 デラ派は一度立ち止まって冷静に自分を見つめ直す事が必要だと思う。


 はて・・・・・・・・・・・・


 どうやら私は大きな勘違いをしていた・・・・・・・・。


 いま大きな社会問題になっているのは、デラ・べっぴん派、略してデラ派のことではなく、テラスハウス、略してテラハのことだったらしい。

ssd159028595333876

 テラハに出演していた人気女子プロレスラーの木村花さんが自殺されてしまったらしいのだ。原因は不明だが、出演してるリアリティ番組での態度が一部視聴者の怒りを買い、SNSで酷い中傷を受けていたことが原因ではないかと世間では囁かれている。

 私は自殺に対してはそれなりに肯定的な人間である。死ぬほど辛いなら別に自殺するのも本人の自由だろう、と思っている。生きてれば良いこともあるんだから死ぬな、なんて綺麗事は無責任な外野だから言える戯言である。

 だから木村花さんに死ぬほど思い悩む何かがあって、自らの決断として命を落としたのならば、それを全面的に否定することは出来ない。ただ、もしSNSの中傷が原因で自殺したのだとしたら・・・バカだなぁと本気で思う。美貌があってレスラーとして将来を嘱望され、ファンも沢山いて、面倒見ている可愛い子猫がいるのに、もしSNSの中傷ごときに思い悩んで自ら命を落としたのだとしたらこんなバカげたことはないではないか。
 ネット上で悪口言ってる連中なんて、虫けらみたいなどうでもいい存在である。耳元で蚊が飛んでいたら気になって眠れないが、ネットで悪口言ってる連中なんて目を閉じて見ないようにさえすれば存在しないも一緒なのだから、まさに虫けら以下のしょーもない存在でしかない。

 きっと彼女はバカがつくほどの真面目だったのだろう。

 彼女はヒールの女子プロレスラーであった。悪役レスラーというのは嫌われてナンボの商売で、特に昔は今のようにプロレス=リアリティショーという世間の理解が乏しかったので、悪役レスラーのもとには本気で殺人予告やカミソリ入りのレターが届いたそうだ。
 元祖悪役女子プロレスラーのダンプ松本さんなんかは団体の中で一番優しく後輩から慕われていたらしいが、リングに上がれば客に罵声を浴びせられ、本気の殺人予告やせっかく買った新車を傷つけられるなどの酷い嫌がらせも受けたらしい。それでも落ち込んだり悲しんだりする様子はおくびにも出さず、とにかくレスラーである間は公私かまわずヒールを貫いた。ただほんの数年であっさり引退してしまったので、やっぱりヒールレスラーとして生きることは相当辛かったのかもしれない。

 憎まれてナンボ、罵声を浴びせられてナンボ、いかなる時でもヒールに徹して観客の憎悪を全て受け止める、それは悪役レスラーの美学のようなものである。私もそこそこプロレスを観ていた世代で、子供ながらにタイガーマスクよりも小林邦昭を応援してたようなへそ曲がりなのでヒールレスラーをとても尊敬している。

 あくまで勝手な想像だが、きっと木村花さんもヒールとしての意地から、憎悪をすべて受け止めなければ、とバカ真面目に思ってしまったのかもしれない。
 観客の罵声なら無視したくてもどうしたって耳に入ってくる。それを受け止められないんじゃリングにはあがれない。悪役レスラーなんてやってられない。
 だがネットの中傷なんて本人さえ無視してればこの世に存在してないも同然なんだからシカトこいてりゃいいのに・・・と思う。

 だけどおそらく彼女は悪役レスラーとしてそこから逃げることは出来ないと思ってしまったのかもしれない。だから中傷を無視できず真面目に真っ向から受け止めようとして・・・そして心を壊してしまった。あくまで想像だけど、もし万が一そうだとしたら・・・やっぱりそんなのはバカバカしいにも程がある。


 テラスハウスを一度も見たことはないのだが、ひとつ屋根の下で共同生活を送る男女のドラマをリアル風にルポする番組らしい。いわゆるリアリティ番組と呼ばれるものだが、『リアリティ』という言葉の通り、要はリアル風のフィクションである。
 番組を面白くするためには過激な演出をいれないといけないし、一度過激な刺激に慣れてしまうとドンドンより過激さを求めるようになってしまう。テラハは一度立ち止まって冷静に自分を見つめ直す事が必要だと思う。
 ってあれ・・・?これ・・・デラ・べっぴんの時と全く同じじゃんΣ(・∀・;)

 テラハとデラ派は同じ病巣を抱えている・・・私は人生においてかなりどうでもいいことを学んだ気がした。



 それはいいとして、木村さんを悪役っぽく演出したテラスハウスという番組自体が今度は批判にさらされているらしい。下手したら番組終わってしまうかもしれないそうだ。

 今こそ心から言おう・・・

 馬鹿じゃねーの凸(゚Д゚#)!!

 リアリティ・ショーなんていうフィクションを真に受けて出演者を中傷する救いようのない馬鹿が問題なのであって、番組の演出どうこうを批判するなんて筋違いもいいところじゃなかろうか。
 つーか、この手のアホな正義感に燃える匿名連中による【正当な批判という名の言葉の暴力】が木村花さんを死に追いやったと問題になってるのに、相変わらずキ●ガイクレーマーの自覚もなく今度はテレビ番組やその出演者に矛先を変えて突撃してるんだから、本物の馬鹿につける薬ってねーんだなぁ┐(´д`)┌と実感する。

 こんな批判がまかり通るなら彼女にヒールを演じさせていたプロレス団体スターダムも取り潰しにされて然るべきとなってしまうし(木村花さんがそれを望むとはとても思えないが)、性犯罪が起こるたびにエロ漫画もエロビデオも発禁にされてしまうわ(# ゚Д゚)!!


 しかし、有象無象の虫けらの声も、寄せ集まると現実に人を殺したりテレビ番組を中止に追い込んだり出来てしまうのだから世の中は本当に恐ろしいなぁと思う。

 ちなみに古代ギリシャの政治家デモステネスはこう言っている。

 『 逃 げ た も の は     も う 一 度 闘 え る 』・・・と。

 私はその言葉を座右の銘とし、自分の作品に関してのアンケートやレビューは一切見ないようにして全力で逃げている。クリエイターとしては最低の姿勢だが、おかげでメンタル豆腐な私でも今もなんとか生きていられてる。それについては次回語りたいと思う。

(続)

エロ漫画家と感動ポルノ その7  裏垢女子姦尻編

 私の名前は天馬ふぇみお・・・外に出るのを控えるようにと国から自粛要請が出ているようだが、国から要請されてる訳でもないのに最近加齢のせいなのか精子たちが活動を自粛気味な、性欲自粛 e-ロマン画家である( ;∀;)。

 しかし緊急事態宣言下にかかわらず繁華街や海に遊びに行ったりパチンコ屋に行ったりする馬鹿者が後をたたないようだ。この日本には1億もの人間がいるので、中にはそういうチンカス野郎も出てくる。
 しかし今でこそ精巣で巣ごもりして自粛気味な私の1億の精子たちだが、若い頃は一日閉じ込められていると「外に出せー!」と癇癪を起こして暴れだしたものだ。

 かつては私の精子は自粛破りの連中と同類だったのだ。

 stayhome出来ない連中を見てるとかつての自分(のムスコ)を見てるようで、一人の愛国者として自分に何ができるかを考え、私は流行りに乗って『STAYHOME!』というタイトルの熱い啓発PVを作ってみた。

 私という男はまことに少年漫画の主人公のように熱い、そして(おとこ)であった。

 1億匹の精子たちの生活を束ねる私はある意味政治家である。政治家として自粛できない暴れん坊の精子たちをどうしたかというと、あえて外に射精して、ティッシュで一網打尽に捕獲して皆殺しにするのだ。それはまさに血の粛清であった。実際に流れたのは血ではなく精液であったが。

 自粛中 パチンコやるより チンコする(*´艸`*)(字足らず)

 私という男はまことに晩年の松尾芭蕉のような詩人であった。


《StayHomeな男》

 それにしても、外で遊びたい、パーッと憂さ晴らししたい、女の尻おっかけたい、などなど煩悩に限りはないが、人間とは理性の生き物である。煩悩をコントロールできない輩は人間として欠陥品だ。実に嘆かわしい。
 私ほどの性尽クンニ・・・じゃなかった聖人君子になると煩悩を完璧に打ち消す事ができるので、ここしばらくはずっと家で急所3点攻め腰振り指立て伏せというハードトレーニングばかりしていた。クリトリス、Gスポット、アナルを弄るための3本の指先、ピストンに必要な大腿方形筋、大胸筋を同時に鍛えるという地獄のトレーニングである。
3点攻め指立て
急所3点攻め腰振り指立て伏せ

 他にも、バーベルピストンリフトアップピストンサンドバッグストライクといったストイックなトレーニングを私は家で黙々とこなすのであった。

 私という男はまことに少年漫画の主人公のような(おとこ)であった

 そして辛いときには裏垢女子がtwitterに上げてるスケベ写真を見て、新たな闘志を燃やし両手ペッティング海老反りバックエクステンションに明け暮れるのであった。
heso2

 人は私を見て、どうしてそこまで煩悩を抑えストイックに生きられるのか?と疑問を持つようだ。

 決まっている・・・全ては、裏垢女子とずこばこセックスするためである(;゚∀゚)=3!!



 しかし、ある時から急に私はトレーニングをやめた。毎日1000回やっていたピストンサンドバッグストライクも一切やらなくなった。

ピストンサンドバッグ
ピストンサンドバッグストライク

 何が原因なのだろうか。コロナ禍で世界中が大変な時に何をヤッてるんだと我に帰ったというのもあるだろう。コロナのせいで手持ちの株が大暴落してそのショックでちんちんの勃起角度も大暴落してしまったというのもある。
 ただし一番大きい要因は、ヤリマン裏垢女子がこんなツイートをしていた事↓が大きいかもしれない。


hesoso


 HさせてくれってDMくる人ってみんな関東近県に住んでてわたしも当たり前にそこらへんんだって思ってんの?それともわたしがたとえば沖縄に住んでてその人が岩手とかでもわたしとHするためなら飛んでくるの?風俗のほうが安いじゃん


 それを見た私は一気に目が醒めたのであった。私に向けたツイートなのかは知らないが、確かに彼女の言うとおりであった。なんと理性的な意見だろう。何故今まで気づかなかったのだろう(。>﹏<。)。
 そもそも顔もわからない女のカラダで・・・今までは脳内で勝手に仲間由紀恵の顔を合成していたがひょっとしたらゆりやんレトリィバァみたいな顔かもしれないのに・・・何を私は興奮してトレーニングに明け暮れていたのだ・・・我に返った私は即座に彼女のフォローを外し、今までのやりとりを全て削除して、一切の繋がりを絶つのであった。


 しかし冷静になると、ふと私はたまに思うのだ。何故「マッチョとSEXしたい。誰か名乗り出て」と自分で書き込んだクセにいざ私が応募したら彼女はあんな興ざめすることを呟いたのだろうか、と。
 ひょっとしたら、彼女もまた多くの裏垢女子同様、淫らなヤリマン女をSNS上で演じて妄想を楽しんでるだけで本当は性経験の浅いウブな娘なのかもしれない。
 だからいざ会おうと言われるとな怖くなり、でも今更「実は私、本当は処女で、性に疎いんです」とは言えず、私を諦めさせるためにあんなことを呟いたのではないか・・・心根は純真な娘なのかもしれない、と┐(´д`)┌。

 そんなことを私が言うと、皆は口を揃えてこう言った。

「ふぇみお・・・まったく、お前はバカが付くほど心根の優しい男だな。だがその優しさは格闘家として、そしてエロ漫画家として致命的な弱点になる」

・・・と。
 まぁ厳密に言うと、皆は口を揃えてシンプルに「お前・・・バカだな( ゚д゚;)」と呆れ気味に言ったのだが、行間に隠された真意を汲み取るときっとこんな内容のことを言ったのであろう。


 たしかに皆が言うように、私はバカが付くほど優しい男かもしれない。

 私という男は人間として優しすぎるのかもしれない。

 しかし、それが私だ。

 人を憎むより愛したい・・・にんげんだもの。

 別に高感度をあげたいわけでも感動ポルノしたいわけでもなく、それがありのままの私であった。


 裏垢女子とSEXするという夢は破れたが、自粛中に悶々と性欲を持て余して過ごす人妻が自粛解除されたと同時に発情状態で街に繰り出すかもしれない。

 くよくよするのはやめだ!明日に向かって今は元気にSTAYHOME!

 私は心を入れ替えると、来たるべき淫乱人妻との闘いに備え、片手ペッティングバーベルピストンリフトアップを1000回繰り返すのであった。
バーベルピストン
片手ペッティングバーベルピストンリフトアップ


私という男はまことに少年漫画の主人公のような(おとこ)であった( ;∀;)


完)

エロ漫画家と感動ポルノ その6 裏垢女子編

 私の名前は天馬ふぇみお、その名の通り女性への配慮と思いやりを忘れないフェミニスト e-ロマン画家である。

 なので女性蔑視などもってのほかである。
 例えば極道用語では女房や女性一般のことを指して『バシタ』と呼ぶ。これは女は表舞台(=場)にいる必要はない、『場 の 下』で大人しくしてりゃいい、という意味だ。男女同権が叫ばれる現代社会においてなんと時代錯誤な言葉であろうか。

 私は女性を『バシタ』なんて呼び方は絶対しないし、女性を対等に見ているので女性が下になる正常位よりもよりも対等な姿勢で出来る後背位の方が断然好きなのである。

erobi
 余談であるが、中学時代に友達が貸してやったエロビデオを返しに来てくれた時に「お前から借りたエロビデオ、毎回後背位のシーンで止まってるよな」と言われたことがある。私も恥ずかしかったがそれに気づいてしまった友達も気まずかったであろう( ;∀;)

 ビデオ世代の男なら説明するまでもないことだがDVD世代の若者の為に説明すると、ビデオテープだとイッたところで停止したら次もそのシーンから始まる(DVDと違いテープの巻き戻しは結構面倒くさいから殆どの男はやらない)ので、エロビデオの止まってるシーンで貸し主のイキどころがわかってしまうのである。
 性癖は無自覚に現れる・・・私は子供心に情報化社会の闇を垣間見たものである(*ノェノ)

 さて・・・私は何の話をしようとしていたのか( ゚д゚)?

 そうだ、裏垢女子というスケベバシタズコバコ姦りまくりたい、という話であった。
 この感動秘話もいよいよ最終局面である。ハンカチを用意して私のイキ様を見届けて欲しい。


《バシタのために》

 マッチョとSEXしたい、という裏垢女子との闘いの日までに私はハードなトレーニングを自らに課したが、当時は極度の貧血で医者から運動を禁じられていた。ハッキリ言って命を削ったトレーニングといっていい。
 一緒にキックボクシングを学ぶ兄貴からは「お前めちゃ貧血なのに大丈夫なの?つーか『男と女事典』ってこの本は何?」と心配されたが、私は多くを語らず『命を賭して学ぶ理由がある』と答えた。
teperi

その姿はまるで波紋修行に向かうウィル.A.ツェペリのようであった。
 私という人間はまことに少年漫画の主人公のような(おとこ)であった。
ちなみに『男と女事典』は私が初体験を迎える前に読み漁ったSEXハウツー本である。初心に帰ろうと思ったのだ。すべてはスケベ(バシタ)とセックスするためだ!!
  

 バシタのために その1:
 クリトリスは人差し指で「の」の字を描くように刺激するべし
 (『男と女事典~SEXのすべてがわかる』より)



 さて、SNSで淫乱アピールしてる裏垢女子であるが、だからといって『セックスしましょう!!顔写真送ってください。自分、玩具とか持ってるし、クンニ大好きなんす♪』なんてがっつくのは禁物である。何故かというと彼女自身がこんなことも呟いているのだから。
heso3

 なのでハードトレーニングの傍ら、私はあえて紳士的な態度で彼女とのコミュニケーションに臨んだ。内心は「めんどくせぇ・・・いいからとっととヤらせろよヤリマンバシタ」と思ったが、女性には優しく紳士的に、が私のモットーである。
 私という人間はまことに少年漫画の主人公のような(おとこ)であった。


 バシタのために その2:
 前戯は焦らずゆっくりと丁寧にすべし
 (『男と女事典~SEXのすべてがわかる』より)



 コミュニケーションと前戯は似ている…私は大切な何かを学んだ気がした。


 紳士的なコミュニケーションを裏垢女子と交わしながら、その裏で私はストイックに急所3点攻め腰振り指立て伏せというハードトレーニングに励んだ。

IMG_20200428_145037
 これはクリトリス・Gスポット・アナルの3点を弄るための指先を鍛えつつ、腰を振ってピストンパワーも鍛え、さらにスタンスを広く取ることで熱い胸板を作る大胸筋をも鍛えるという一石三鳥のトレーニングであった。


 同居人()は「無理して運動して、死んじゃったりしたらどうするの?やめなよ(´;ω;`)」と涙ながらに私を止めようとしたが、私はあえて多くは語らず、「リングでアイツが待っているんだ」と言って腰を深く突き刺すようにして指立て伏せを続けた

 その時の私ははまるで白木葉子の制止を振り切ってリングに向かう矢吹ジョーのようであった。
317fd860
私という人間はまことに少年漫画の主人公のような(おとこ)であった。


 バシタのために その3:
 インサートの際は3回浅くついて4回目に深く腰をしずめる
 (『男と女事典~SEXのすべてがわかる』より


 ちなみにリングで待っている(?)のはホセ・メンドーサでも力石徹でもなく、顔も名前も知らないSNS上で知り合っただけのヤリマン(バシタ)である。


 そして私はジョーのように真っ白に燃え尽きるのであったが、それについては・・・涙でPCのモニターが滲んでキーを打てないので次回にしたいと思う。次を正真正銘ラストにするのであと少しだけお付き合い願いたい。

(続)

エロ漫画家と感動ポルノ その5 裏垢女子編

  私の名前は天馬ふぇみお、少年漫画の主人公のように熱く真っ直ぐな心と股間をもつ、まっすぐチンポe-ロマン画家である。
 
 ・・・すまない、嘘を2つもついてしまった。黙っていればいいのに、私という男はどんな小さな嘘も許せない真っ直ぐな性分なのだ。

 一つ、真っ直ぐな股間と書いたが私のチンポは実に左に曲がっている

 二つ、熱い股間と書いたが、精子は熱に弱く精巣内は35度くらいの低温に保たれているので、生理学的にいうと私に限らず全男性の股間は冷たいのである。
 おっと、つい理屈っぽくなる悪い癖がでてしまった。少年漫画の主人公なら『ウダウダ考えても仕方ねぇ!俺はやるぜ!』と猪突猛進になるべきだった。

 今回からいよいよ私の熱い闘いについて書いていこう。ポルノまがいの行為について書いてるのに、ひょっとしたら名言が沢山飛び出しまくり感動させてしまうかもしれない。
kando
 まさに全米が泣いた真の感動ポルノになってしまうかもしれないが、私の熱い生き様が素直に人々の感動を呼ぶというならば、それは仕方のない事なのである。


≪細マッチョは如何でしょう≫

 さて、裏垢女子の9割は業者残りの9割はメンヘラであって欲求不満のヤリマン女なんて殆どいない、と前回書いた。まぁよくよく考えれば当然の話である。
 ただセックスがしたいだけならハプニングバーにいくなり出会い系パーティーにいくなり、女性の場合はいくらでも安価かつ安全に男を探す方法がある(ちなみにこれらは女性が参加費無料~1000円程度なのに対し男性は1~2万払わにゃならんという一方的に男から搾り取るシステムになっている)。

 じゃぁなぜ裏垢女子がSNSで裸の写真晒したり、エロいことを呟いたりするかといえば、おそらく妄想を楽しみたいからなのだ。淫らな姿を演じてスケベ男たちからいやらしい目で見られることをヴァーチャルの世界で楽しみたいだけであって、セックスしたくて仕方ないヤリマン女ではないのだ。

 ホンモノのヤリマン女はSNSでこれみよがしに淫乱アピールなんかしない・・・アメリカ人みたいに朝の挨拶代わりにキスをして、昼の挨拶代わりにペッティングして、おやすみの挨拶の代わりにセックスするのだ(ひょっとしたら多少の偏見があるかもしれない)。
 
 なのでネット上に散見される『裏垢女子とセックスする必勝法』なんてある訳がない。そもそも彼女らの大半はバーチャルに生きる存在なのだから。

 しかし・・・私は自問自答する。

 ふぇみお、だからって諦めるのか、と。
 ふぇみお、お前は何がしたかったんだ、と。

 そして私は心のなかの恩師に向かって叫ぶのだ。
slamdunk_basuke_ga_shitaidesu

安西先生…!!!裏垢女子とSEXがしたいです・・・(´;ω;`)

 諦めたらそこで試合終了だ。1%の可能性があるなら俺は姦ってやる!
・・・私という人間はまことに少年漫画の主人公のように熱い(おとこ)であった。

 そんなとき、Twitterをなんとなく眺めていたらとある裏垢女子がこんなことを呟いていた。

我こそは筋肉に自信があるという人名乗り出て欲しい。
 分厚い胸板に抱きしめられたいし太い上腕二頭筋触りたい。
 私のカラダはめちゃくちゃ柔らかいから
 よい組み合わせだと思うんですがいかがでしょうか


 私は目を疑った。まるでAFP通信の超お堅い記事の中で『チンカス』なんてワードを見つけてしまったときくらいに己の目を疑った。

same

TwitterにはDM(ダイレクトメール)機能といって他の人に見られないように秘密裏にメッセージを送ることができる。しかし私はそれを潔しとしなかった。

 コソコソするのは性に合わねぇ!正々堂々真正面からヤってやる!
・・・私という人間はまことに少年漫画の主人公のように熱い(おとこ)であった。

 なので相手の投稿に対して直接自撮り写真を添えてコメントした。
heso1

・・・繰り返すが私という人間はまことに少年漫画の主人公のように熱い(おとこ)であった。

 そうしたら相手の裏垢女子から「わー!!素敵だと思います♪細マッチョもよいですよいです!」と好感触な返事が来た。

 ヤれる(≧▽≦)!!

 ・・・裏垢女子の中で実際にHしたがってるようなヤリマン女は1%くらいだろうと自分で書いたが、私はついにその1%を見つけたのだ!と心躍った。彼女がTwitterにあげている自撮り写真を見ながら私は何度もイメーチンポトレーニング…じゃなくてイメージングトレーニングを重ねるのだった。
heso2

 顔は写っててないが、根拠もなく私は(ブスのハズがない)と確信していた。なんなら勝手に彼女の体の写真に壇蜜の顔をハメこんでいた脳内アイコラしていた。
 時は2020年真冬真っ盛り・・・私の血液が常人の半分の薄さしかなく心臓に悪影響を与えていると診断され一切の運動を医者に禁じられていた最中であった
 もう完全にセックスできる気でいた私なのだが、一つ問題があった。

 相手はマッチョとのセックスを望んでいる。今の筋肉量で満足してもらえるのか?
IMG_20190528_022716

 送った写真は筋トレをしてカラダがパンプアップした直後に撮っている・・・いわばイタい女がSNSのプロフィール写真にたまたま美人に撮れた「奇跡の一枚」を使うようなものだ。会って脱いだ時に失望されない為には短期間でカラダをビルドアップせねば。

 しかし・・・医者から運動は禁止されてる。どうする、ふぇみお・・・どうする?自問自答の末、私はこう決心するのだった。

 たとえこのカラダがどうなろうと・・・俺はヤッてやる(*゚∀゚)=3!!!

・・・と。

 私という人間はまことに少年漫画の主人公のように熱い(おとこ)であった

 そして、次回、命がけの闘いは最終決着へと突き進むのであった。

(続)
プロフィール

femio

 就職したゲーム会社を一ヶ月で辞めた社会不適応者。エロ漫画業界で細々と食いつなぐ生活も早15年。特殊な性癖と小ぶりな性器を持ちながらも、めげずに関東のどこかに生息中。

アーカイブ
↑Twitterもはじめてみました


快楽教室-人妻教師が肉奴隷に堕ちるまで-
快楽教室-人妻教師が肉奴隷に堕ちるまで-
>
↑ 最新作!!

欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る (KAIOHSHA COMICS)












人妻は温泉宿で淫らに交尾る (KAIOHSHA COMICS)




奴隷ごっこ デジタルモザイク版 (アクションコミックス)






↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m


いつでも里親募集
↑動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ