E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

エロ漫画家と10冊目のあれ その2

 私の名前は天馬ふぇみお、アラフォーでありながらいまだに心と肛門の純潔を保つ、pure肛門e-ロマン画家である。
 昔から性に対して奥手だった私は、恥ずかしながらもうすぐ40歳間近だというのに肛門に性器を突っ込まれたこともなければ、女性の肛門に性器を突っ込んだこともない。

 せいぜい、ドS女から肛門にローターを突っ込まれた経験ビール浣腸された経験くらいしかないウブな私だが、世の中には私と違って普通にアナルセックスもやりまくってる性豪と呼ばれる人たちがいる。その人たち曰く、「マ〇コもア〇ルも慣れれば感触は一緒だよ」ってことらしい。
 だからその手の性豪な方々は突っ込めればどっちの穴でもこだわりはないらしく、二つの穴を一緒くたにして「マンコーモン」と呼んだりするそうだ。


 さて・・・・・私は何を言おうとしてたのだろうか( ゚д゚)?

 そうだ、マンコーモン・・・いや、単行本がもうすぐ出るという話である。
 ・・・すまん、ちょっと話の持って行き方が強引すぎた。反省してるがとにかく話を進めよう。


《続・女豹伝説》

 単行本は出ることとなり、その作業の担当となったのは『ぶんか社の女豹』と呼ばれるI女史であった。

mehyoo

 得意のロリアニメボイスで幾多の荒くれ者の男性作家の牙を抜き、腑抜けに変えてくと噂の女豹であったが、私の単行本作業も案の定のI女史のペースにまんまと乗せられ、タイトルも彼女の独断で『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』に決まってしまった。

 業界随一の亀頭派・・・いやもとい武闘派漫画家のプライドにかけて、私はこのまま女豹に骨抜きにされるわけにはいかなかった。
 表紙や裏表紙に使うイラストは既に入稿済みで、タイトルも決まったのであとは表紙の出来上がりを待つだけであるが、表紙の色見本が出来上がったら、何でもいいから難癖をつけてやろう・・・クレーマーのようなことしたくなかったが、女豹に一矢報いるにはそんなみみっちい抵抗しか私には残されていなかった。

hitodumaha

 早速表紙カバーの色見本が届いたので、色合いが悪いとかタイトルのフォントが気に入らないとか、とりあえず粗を探してクレームをつける気満々で封を開けたところ、一枚の紙片がひらりと落ちた。

 それはファンシーなメモ用紙に女子高生のような丸文字で書かれた女豹直筆のメッセージカードだった・・・。
IMG_20170205_185900

 メッセージカードを見て私が脱力しきったタイミングを見計らったかのようにI女史から電話がかかってきた。

imagessssaaa
「あ、ふぇみお先生お疲れ様ですぅ。
カバーの見本届きましたかぁ?
何か気になる点とかございますかぁ?」


 私は頑として応えてやった。
「まったく・・・問題・・・ない・・・・で・・す」

 ・・・・・・・・これが女豹のやり口であった。

 後日、今度は口絵(表紙を開いた後に出てくる中扉)と目次ページのサンプルも送られてきた。

IMG_20170206_


 やっぱりファンシーなメモ用紙に描かれたファンシーな直筆メッセージが添えられていた。

mehyouuu

 またI女史がアニメ声で「仕上がり問題ありますかぁ?」と訊いてきたきたので私は今度こそ女豹にガツンと言ってやった。
「問題ないです。Iさんの仕事っぷりは最高です!!


・・・・こうして、作家側からダメ出しが一切なかったこともあり、単行本作業はトントン拍子に進んだ。

hyouaasi
本日2月6日に晴れて発売である



とりあえずこれから業界を目指す若い人達にはぜひ知ってほしい。出版業界とは魑魅魍魎の蠢く闇の世界なのだと。

(続)

エロ漫画家と10冊目のあれ その1

 私の名前は天馬ふぇみお、毎日たくさんの命の元を放出させながらも子作りには一切活用せず、ただ右手という名の大量破壊兵器で数千万匹を虐殺し続ける、大量破壊精子e-ロマン画家である。
  自分のDNAを受け継いだ子供をこの先残すことはないだろうが、この世に何か生きた証を残したい。それが私にとっては単行本である・・・たとえそれが男女がセックスして罪のない精子が大量殺戮されるだけの内容だとしても・・・(-ω-;)


《単行本と女豹とロリ声と》

 単行本を出してくれる海王社(=ぶんか社)で直接仕事をしたことはないが、盟友の伊駒一平先生がよくエロ漫画家飲み会にぶんか社の編集さんを呼ぶので個人的に仲良くしている編集さんは何人かいる。

 今回私の単行本作業の担当を勤めてくれるのは、飲み会にも何度か来てくれている、ぶんか社の女豹と呼ばれる女性編集、Iさんであった。彼女は見た目はボディコンを着こなすわけでも爆乳でもない普通の可愛らしい女性である。が、魅惑のロリアニメ調ボイスを武器に担当漫画家を軒並み腑抜けにするといわれ、それが女豹と恐れられる所以である。
mehyoo

↑電話で声だけ聴くとこんな感じのイメージである。

 もっともすべての漫画家がアニメオタクな訳ではない。筆おろしの相手が32歳のOLだったという熟女スキーでアニメも殆ど観ない私は女豹のロリアニメボイスなど恐れるに足らずと高をくくっていた。


 単行本のタイトルをどうするかIさんとメールで打ち合わせした時のことだ。

 今私が電子配信で連載してる「欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える」という糞長いタイトルの漫画だが、紙の単行本にする際は大人の事情で別のタイトルに変えねばならなかったのだ。
b278agphg00369pl

 Iさんは「ウチの上司がこんなタイトルを考えたのですがどうでしょうか」といって『人妻温泉淫乱交尾』というタイトルを提示してくれたが、私は電子配信で読んでくれてる読者が「あ、あの漫画が単行本になってるんだΣ(゚Д゚)」と分かるようなタイトルの方がいいと思い、そこで「欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える」を彷彿とさせるようなタイトルということで『肉欲人妻は温泉宿で激しく悶える』という類似タイトルを考えた。

 ただ、一応編集サイドの顔も立てるためにプランBとして「人妻温泉淫乱交尾」をミックスさせて『人妻は温泉宿で淫らに交尾る(交尾るの振り仮名は後でテキトーに考える)』というのも即興でこさえ、この二つを軸に考えましょう、とメールでIさんに伝えた。

  するとすかさずIさんから返信が来た。
「わかりましたぁ。では早速、『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』でイケるか上に話を通してみますね(*´∀`*)」と・・・。
 ちょっと待て・・・案として二つ出したのに有無を言わさずそっちに決定かよΣ(゚Д゚)!?
 編集サイドで一方的に決めるのは筋が違うだろう。私にも漫画家としての意地があるので、文句を言ってやろうとIさんに電話を掛けた。

 Iさんが得意のロリアニメボイスで応対する
20081019163719 (2)
「あ、ふぇみお先生♡『交尾る』の読ませ方ですけど『ハメる』でいいですよね°(⁰▿⁰)✧?」

ふぇみお「いや・・そんなことよりタイトルを一方的に決めるのは・・・・」

Iさんは聞く耳もたず話を続ける
imagessssaaa
「え・・・ふぇみお先生・・・『ハメる』のお嫌いですかぁ(´・ω・`)?」

ふぇみお「いや・・・ハメるのは大好きっすけどそういう事じゃなくてタイトルを一方的に・・・」

さらにIさんが畳みかける
imagessssaaa
「じゃぁ、『人妻は温泉宿で淫らに交尾(ハメ)る』で決まりですね、ふぇみおせんせ♡(o^―^o)♡」

ふぇみお「は・・・はい・・・ぼ・・・僕もそのタイトルしかないと思ってました(〃´∪`〃)ゞ」


・・・・こうして10冊目の単行本のタイトルは有無を言わさず『人妻は温泉宿で淫らに交尾(ハメ)る』に決まったのであった。
hyouaasi
2月6日に発売予定である



ぶんか社の女豹、I女史・・・・恐ろしき辣腕編集であった

(続く)

エロ漫画家と今年の抱負 その3

私の名前は天馬ふぇみお、アレルギー体質でたまに体中・・・時には末端部分の包皮まで痒くなるムズ痒ちんぽe-ロマン画家である。
 しかし痒みにはムヒかキンカンを塗るのが相場とはいえ包皮にキンカンを塗るととんでもないことになる・・・・20年前それを身をもって学んだ私は、アイスノンを股間に当てて抗アレルギー剤を飲み、痒さを必死に紛らわすのである。
kinkan

 20年前の当時にヤフー知恵袋があれば股間にキンカンを塗る愚行を犯さずに済んだのに・・・そう考えると昨今のネット社会とはありがたいものである。
 そんな包皮に問題を抱える私ごときが偉そうに語れる程の『今年の抱負』はないのだが、とりあえず去年から始めてまだ完結してない事柄だけは今年中にケリをつけたいところである。


《単行本》
 
 サラリーマンにはボーナスというものがあるが、漫画家にはそんなものはない。単行本を出さないとドカンとまとまった印税は入ってこない。
 私は取次のブラックリストに載ってしまい「天馬ふぇみお」名義の本は一時期出せなくなっていたのだが、一昨年、ほとぼりが冷めた頃合いを見計らって、発行部数はかなり減らされたものの5年ぶりに海王社から単行本を出してもらえた。
71bLVtRRk1L


 その作品の売り上げがそこまで悪くなかったということで、今電子書籍で描いてる「欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える」も同じく海王社から単行本化されることが去年末近くになって急遽決まった。

 なもんで去年末、大急ぎで表紙や裏表紙を描いて納入した。
人妻は温泉宿で淫らに交尾る表紙 のコピー

 ちなみに海王社という会社を殆どの人は知らないだろうが、中堅出版社であるぶんか社の子会社である。

 じゃぁなんでぶんか社が直接出版しないのか( ゚д゚)?と疑問に思う方もいるだろうが、そこは業界のちょっとした裏事情ってやつがある。
 18禁の成年漫画を出版する版元は殆どが零細出版社だが、エロのジャンルは需要が手堅いのでどの出版社も手を出したいと思っている。とはいえ文芸系の本も出してる出版社だと世間の目もあり露骨にガチエロに手を出せないってことで、それなりに名の知られた中堅出版社は名義上の子会社を作って、白夜書房ならコアマガジぶんか社なら海王社・・・と子会社の名義でエロ漫画を出版する訳である。

 ちなみに私が以前描いてたエンジェル出版も双葉社の子会社であるが、編集部は双葉社の建物内にあって、編集さんとの打ち合わせや原稿の受け渡しも普通に双葉社内で行っていた。

 余談だが、最近はDMM.COMなどの電子配信によるエロ需要が活況で、ネットの方が紙の出版よりも規制が緩いということで小学館のような大手出版社やソ〇ーのような巨大企業系列の会社までダミー会社を作って配信業に乗り出していたりするのでもはや何でもありの魑魅魍魎の世界となっている。

 話が左に大きくそれてしまったようだ・・・左に反れているのは私のおチンチンだけで十分なので、単行本のことに話を戻そう。

 単行本を出せばまとまった金が手に入る一方、売り上げが極端に悪ければ逆に仕事がなくなるというリスクもある。
 今年の抱負といってもやるべき作業はほぼ去年中に済ませているのであとは運を天に任せるしかないのであるが、今年も枕を高くして寝ながらオナニー出来るように単行本の売り上げアップを必死こいて神に祈る・・・これが私の今年の抱負なのである。

 単行本作業については色々紆余曲折があったので、それについては次回語ることとしよう

エロ漫画家的今年の抱負 その2

 私の名前は天馬ふぇみお、正月早々に初夢でHな夢を見て股間が凸る代わりに目覚めの気分は虚しくて凹んでしまった・・・穴があったら入りたい、いやむしろ挿入れたいe-ロマン画家である。

 初夢でHな夢を見たら得な気分じゃないか、と思う方もいるだろう。しかし夢の中でくらい仲間由紀恵藤原紀香とH出来ればいいのに、私が夢で誰かとHする場合、大抵「えぇ!?なんで俺この人とヤッちゃったのΣ(゚Д゚)?」と後ろめたくなる相手であることが殆どなのだ。

sexdream
ちなみに私の場合②と④のパターンが多い(-ω-;)

 それでも人は夢を見続ける。前を向いて生きていくために。

 そんな訳で前回に引き続き、今年の夢、というか抱負を語っていきたい。


《遥かなる夢》


 マーチン・ルーザー・キング牧師ほどではないが、私にも夢がある。
t02130236_0213023612289318300

 差別の撤廃とか有色人種の権利向上とかは私的にはどうでもいのだが、そんな私にも夢がある。

 一つは、漫画家としてもっと売れて、大勢の人が笑ったり泣いてくれたりしてくれる・・・そんな漫画を描くこと。

 そしてもう一つは、どんなにしょぼくてもいいからとりあえず『芸能人』と呼ばれる女性とHしたい・・・そんな儚くも壮大な夢である。

 そんな折、なぜか私にテレビ出演のオファーがあったので、二つ返事で引き受けた。知り合いの編集が「バラエティ向きなエロ漫画家いないか」とスカパーのディレクターさんから相談を持ち掛けられ、私ならばノリがいいからとお鉢が回ってきたのだ。

 もちろん出演を快諾したのは、しょぼくても芸能人の女性と知り合えるかもしれないという淡い期待からであった。

 秘密を抱え悩む人が懺悔をするというスカパーのバラエティ番組で、『親族に職業を隠してることを悩むエロ漫画家』ということで出ることとなった。
 私はmyマザーに仕事を秘密にしてる。漫画家のアシスタントやイラストを描いて生活してると親に嘘をつき、バイトで風俗嬢やってるOLのような気持ちで日々を生活しているのだ。

20160425

 なのでその秘密をテレビで暴露されるのはとても困るのだが、実家はスカパーには加入してないし、 また出演中は殆どフードをかぶって顔が見えないようになっているので内緒で働く風俗嬢が店先のパネル写真を知合いに見られてバレるみたいな事態にはなるまい。

 ちなみに余談だが、風俗嬢が親や彼氏に仕事がバレる原因TOP3は、一位「店先のパネル写真を見られる」、二位「知り合いがたまたま客としてやってくる」、三位「彼氏に性病を移しちゃう」だそうな・・・・世知辛い世の中である(-ω-;)


 しかし親バレはしないだろうと高をくくって収録に臨んだ私であったが三つの大きな誤算があった。

 一つはロケ中に三流グラビアアイドルとくらいは知り合えるかと期待したが女子は一切出てこなかったこと。

 二つ目はよくよく考えたらスカパーだと私自身もオンエアを観る手段がないこと。

 そして三つ目は、収録したのは去年の秋なのにいまだに放送されてないことである。

 カメラの前で話すのはとても緊張したが喋り始めたら意外とペラペラ言葉が出てきて、いつも通りに下衆い下ネタ言いまくった記憶があるのだが・・・放送されないということは何か私に問題があったのだろうか( ゚д゚)?

 とにかく、三つ目の放送の有無に関しては私にはどうしようもできないことなのだが、とりあえずせっかく収録に行ったのでオンエアされることを神に祈り続けよう・・・それが今年の2番目の抱負なのである。

エロ漫画家的今年の抱負 その1

 私の名前は天馬ふぇみお、一昨年も去年も、渋谷か新宿二丁目でハロウィン仮装をしようと思いながら結局できずに終わった、チンチン仮性なe-ロマン画家である。前年やり残した事柄くらいは今年しっかり完結させたいということで、仮装と仮性包茎の手術以外にもある今年の包皮・・・いや放屁・・・・いやいや抱負を述べてみたいと思う。
nenga2017
あ、その前に・・・・あけましておめでとうございます(m´・ω・`)m


《営業》

 私の知り合いに四つ葉真澄さんという女性漫画家がいる。

 「幻羅」という10年以上前に廃刊になったエロ雑誌に一緒に描いてた縁で今もお付き合いさせてもらっているのだが、彼女は私の数少ない「舐め友」である。
 舐め友とは、出版社に営業に行くたびに編集から冷たくあしらわれズタボロになった心の傷を舐めあう友のことである。それくらい零細漫画家にとって営業とは辛く険しい苦行であり、いい歳こいても傷つくのを恐れず営業する同業者はなかなかいないので、私にとって四つ葉さんは営業先の編集の悪口を言い合える貴重な舐め友であった。
vi-nasu_p

 そんな彼女に「傷を舐めあうだけじゃ建設的ではないのでち●こま●こ舐めあう仲になりませんか?」とメールを送ったのは一昨年のことである。
 当然「ご提案了解です♪チンチンの包皮が擦り切れるまで舐め回しちゃいますね♡」という返事が来ると思っていたのだが、あれから一年と九ヶ月、返事は一切ない

 そんな彼女は辛い営業の努力の甲斐あって、コミックヘブンという非エロの一般雑誌で新連載が始まるらしい。
15557412_2239420031_73large

 四つ葉真澄さんに触発され、自分も営業活動をやらなきゃ、と私は強く思った。

 一応私も最初からエロ念頭にこの業界入ったわけではなく、最初は一般メジャー誌目指して投稿なんかをしていた。なので、今でも『年に一作は何かしら営業用の一般作品を描いて投稿する』という自分ルールを自身に課している。
 一昨年は引っ越しやなんやで忙しくこの自分ルールを守れなかったが、四つ葉さんの頑張りを見習い、去年は年末ぎりぎりに一作描き上げた。

 投稿作というのは描く分には楽しいが、それを出版社に持ち込みしたり投稿するのが苦行である。

 おそらく年下の編集から「うーん・・・文字を減らしてコマ割もゆったりさせて全体的に絵を大きく、あと人物描写をもっと掘り下げて!でもってページ数もこの内容なら半分でいいと思うんだよね( ´ー`)y-~~」とミッションインポッシブルなアドバイスをされたり、「うーん・・・この絵柄、ただの劣化桂正和だよねぇ┐(´д`)┌と鼻で笑われたりすることであろう。あ、ちなみにこれらのセリフ、過去に実際に言われた台詞である((((;゚Д゚))))

 しかし営業用の作品は去年すでに描き上げてしまったので、今年は心が傷つくの覚悟でダメ元で営業をしようと思う。
ゲのゲのゲ0003
ちなみに、凌辱系エロばかり描いてる私であるが、元々はギャグ漫画家志望である


 実は、いざとなったら舐め友に心と股間の傷を舐めてもらおうと思い、去年の暮れ、四つ葉真澄さんに新連載の祝辞にかこつけて「前もメール送ったんすけど迷惑メールに間違って振り分けられちゃったのかも知れないからもう一度メール送りますね。傷舐めあうだけじゃ建設的じゃないんで、ちんこマンコ舐めあう仲になりませんか(^o^)b」と再度メールを送っている。
 返事は年が明けてもいまだに来ないが、そもそも前回のメールの返事もほぼ丸2年来てないが、きっと新連載の準備で忙しいだけなので、そのうち「ふぇみおさん、ご提案了解です♪クリトリスの包皮が擦り切れるまで舐め回してくださいね♡」という返事がくることだろう。

 そんなわけで、ダメ元で営業する、そして包皮が擦り切れるまで舐めて舐められる・・・それが今年の第一の包皮、いや抱負なのである。

エロ漫画家的一年の総括 

私の名前は天馬ふぇみお、四十路の到来とともに訪れるといわれる(おとこ)の低下に恐れおののくギリギリ三十路e-ロマン画家である。
 「上を向いて歩こう」とポジティブチンキングに生きる私であるが、定説に従うならば来年の四十路到来とともに私のムスコは上を向こうと頑張ってもギリギリ水平を保つのがやっとの状態になってしまう。

BuRtNfOCYAASw3p
 
 そんな由々しき2017年問題を抱えながらも、前を向いて生きていくためにあえて後ろを振り返り2016年を総括してみたい。


《プライベート》

 
まずはプライベートであるが、特筆すべきものが何もない。ただオナニーしかしないまま馬齢を重ねていってしまった。

 
勿論、私も努力はした。

 去年の夏に埼玉県和光市から神奈川県町田市に引っ越したのだが、運動不足なのとロマンス不足なので汗だくのエロいお姉ちゃんと出会えて一緒に激しい運動をして汗を流せたらいいなぁと思い、スポーツジムに入会した。ジムHPの案内写真を見て入会を決めたのだが、ジムにはほぼおばちゃんしかいなかった。熟女ではない・・・おばちゃんなのである。

a-1
ジム案内。これは詐欺として警察に訴えていいレベルなのではないだろうか( ゚д゚;)?

 結局、私はせっかくスポーツジムに通っているのに人妻とエロいことする訳でもなく、ただ筋トレをして、ただ格闘技などのスタジオレッスンを受け、ただジムのスパ施設でシャワーを浴びて・・・ただそれだけのために毎月8000円もの金を払う羽目になっているのである。


《仕事》

 この仕事はとにかく仕事に波がある。
 いい時もあれば悪い時もあり、絶好調だと思った翌年に出版取次のブラックリストに載ってることが判明し仕事が次々となくなっていった、なんてこともあった。

 そんな中で2016年は、比較的順調であった。

 電子配信で『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える』という糞長いタイトルの漫画を昨年から描いている。
0000

 幸い週間ランキング100位圏内には入るくらいの人気はあるようで、配信元からは「引っ張れるだけ引き伸ばしていくらでも描いてください」と言ってもらえている。

 電子配信の場合は歩合制でダウンロード数に応じてお金が支払われることが多いものの、今回は安定して原稿料をもらえる代わりに歩合は一切なしという契約なので別に人気があっても収入自体は全く変わらないのだが、とりあえずしばらくは失業の危険はなさそうなだけでよしとしよう。

 また、一応単行本化の話も来ていて、今まさに表紙を描いてる最中だったりするのだが、単行本になればまとまった印税が入ってくるのでありがたい限りである。
人妻は温泉宿で淫らに交尾る表紙 のコピー

 しかし普段であればいろんな会社、いろんな媒体で節操なく描いて一社が潰れても路頭に迷わないように保険を掛けるケツの穴の小さい私であるが、今は電子配信をやってるその一社でしか描いてないので、もっとケツの穴と仕事の幅を広げたいところである。

 ワセリンを持参して深夜の新宿二丁目の公衆便所にでも入れば有無を言わさずケツの穴はガッツリ広げられるだろうが、私のような零細漫画家が仕事の幅を広げようと思ったら、自分から営業活動を行わねばならない。

 そんなわけで、次回は漫画家として一皮剝けるための営業活動なども含めた、来年の包皮・・・いや抱負について総括したいと思う。

(続)
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ