E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

近況報告 《猫》 2

『にゃん吉の話2』


 冬になり、寒さが厳しくなるとニャン吉の食欲はますます細っていく。

 歳が明けた冷えの厳しいある夜、ニャン吉に好物のカツオをあげに行ったのだが、そのときはカツオも口にせず、ただただ私の足にまとわりつきスリスリ頭をこすり付け、撫でてとばかりにごろんと地面に転がる。私もそれにこたえお腹や首周りを満足いくまで撫でてやる。歳をとると猫はどんどん甘えん坊になる気がする。
 人間でもご老人になると逆に幼児退行するケースがあるが、それと同じなのだろうか。

 散々撫でてあげた後、私はきりがないので家に戻ろうとする。

 ニャン吉は名残惜しそうに見つめていたが、仕方がない。その夜、日付も変わろうかという真夜中、ニャン吉が夜中に私をよんで喚きはじめた。
 だが、前述したように喚けば出てきてくれると思い込ませてしまうと、どんどん夜中でもお構いなしに泣き叫ぶようになるだろう。必死な声に耳をふさぎ、私は出て行きたいのをぐっとこらえた。
 ニャン吉はいつにもましてしつこくニャーゴニャーゴ鳴き続けていた。低いドラ声で決して可愛らしい泣き声ではないのだが、とてもせつなく物悲しげに聞こえた。

 翌朝、コンビニにお金を下ろしに行こうとすると、ニャン吉が何事もなかったかのように路傍でたたずんで日向ぼっこしていた。元気そうでよかった、と胸をなでおろす。年齢が年齢で、食欲もめっきり減ったニャン吉にとって、寒さの厳しい冬は毎夜毎夜が乗り切るべき試練といってもよかった。
 もっとも、接してる間は、いつまでも元気に生きていそうな、そんな錯覚を覚えさせるような生命力溢れる猫だった。

 コンビニから戻ってきたら撫で撫でしてやるぞ、と言ってニャン吉のそばを通り過ぎる。普段なら私を見かけるとトコトコついてくるところだが、そのときは路傍にたたずんだまま私のほうをヤブニラミな顔で見つめるだけだった。

コンビニに行き、お金を下ろし、ついでに立ち読みをして、戻ってみたら・・・ニャン吉は倒れていた。

舌を出して・・・死んでいた。

9e7cfd05.jpg


ほんの20分前まで生きてたのに・・・


誰に殺られた!?

と一瞬思ったが、多分寿命だったのだろう。

そのときになって、昨夜必死に私を呼んでいたのは自分の死期を予感して心細くなったからだったんじゃないか、と思い至った。
 自分は十分すぎるほど面倒を見てあげた、という自負はあったが、それでも後悔が波のように押し寄せる。


もうすぐ死ぬと分かっていたら、もっと甘えさせてやったのに。


昨日の夜中も心行くまで撫でてやったのに。


コンビニで立ち読みなんてせずにすぐ戻ってれば、この手の中で逝かせてやれたかもしれないのに。


一人淋しく逝かせることなんかさせなかったのに。


 猫は死期を悟ると人目のつかないところに行くのが普通だ。  
三毛たんも人目のつかないどこかでひっそりと土になったのだろう。

 ニャン吉の遺体は、前の住人さんと二人で公園に埋めた。もし私がたまたまコンビニにお金を下ろしに行かなければ、私はニャン吉が死んだことにも気づかず、彼の遺体は私の知らないところでゴミとして処分されていたかもしれないことを考えると、この手で埋葬できたのは幸いだったのだろう。


 私はニャン吉に追悼の意を表すべく、新しく出た単行本『性奴隷窟 淫龍』のあとがきに、写真とともに『ニャン吉に捧げる』と言葉を添えた。
6f489fba.jpg



レイプ漫画を捧げられて彼が喜んだかどうかはしらない・・・。

ちなみになんかのレビューサイトで「猫が死んだこととか書くのやめて欲しい。読者のテンション下げてどーすんの」と書かれていた。その他にも色々厳しい意見が書かれていたが忘れた。

作者としてただ一言・・・

すいませんm(_ _)m
c5abd456.jpg


 そんなニャン吉のことを今でもたまに思い出す。人間に捨てられ、それでも人間が大好きだったトラ猫、ニャン吉。没年2009年1月16日。ちょうど1年前の今日のことである。

近況報告 《猫》 1.14

『にゃん吉の話1』

 私の名前は"天馬ふぇみお"、陵辱系専門のエロ漫画家である。

 そんな私には、2匹の愛猫がいるのだが、それ以外にもちょいちょい近所の野良ニャンの面倒を見ていた。
家のすぐ横の駐車場にも2匹の仲良し猫が住み着いていて、デブったトラ猫には『ニャン吉』、三毛猫には『三毛たん』と名づけて近所に隠れてご飯を上げていた。

 三毛たんは人間にトラウマがあるみたいでとても警戒心が強いのだが、ニャン吉のほうはとても人懐っこく、私が家の外に出るとすぐそれを察知してどこからか駆け寄ってきて体をすりすりさせ、地べたに体をこすり付け、お腹を撫でろと催促する。はっきり言って飼い猫2匹ですらそこまで甘えてはくれない
e3cd4832.jpg

 大家さんは大の猫嫌いなのだが、『避妊手術をする代わりに野良猫の面倒見ます』と説得し、捕獲しようとしたこともあったが、どうやら2匹ともすでに避妊されていた。

 三毛たんは4歳くらいだが、ニャン吉は私が出会ったときですでに10歳を超えている老齢猫で、多分もともと飼われていたのが捨てられたのだろうが、ずっとこの辺一体のボスだった・・・という情報をくれたのは、私が4年前に引っ越してくる前までこの家に住んでいた住人さんだった。
 
 この人が長らくニャン吉たちの面倒を見てくれていて、引っ越してからも毎日人目を忍んで餌を上げに来てたらしく、たまたま鉢合わせたのを機に協力して猫を保護することになった。

 最近の飼い猫は20年生きる子も珍しくないが、野良猫の寿命はだいたい5,6年といわれている。
 さらに、交通事故、人間の悪意、さまざまな危険が猫たちの周りに潜んでいる。私が苦労して捕獲して避妊したクロたんという猫は手術から1年後、交通事故にあって死んでしまった。
5bd6bf0b.jpg
←クロたん

 猫たちと知り合って3年目の夏、三毛たんが姿を見せなくなり、そのまま帰ることがなかった。

 たぶん、どこかで命を散らせてしまったのだろう。

 ニャン吉ももう13歳か14歳、野良ニャンにしてはよく生きたほうで、人間でいえばもう70過ぎのおじいちゃん。
 食欲も減ってきていて、この冬を乗り切れるだろうか心配だった。猫友を失ったせいか、ニャン吉は前にもまして私に甘えるようになっていた。
 私の足音を聞きつけたらとことこと近寄ってくる。私がご飯を上げても食べない。

ただ撫でてもらうためだけに寄ってきてるのだ。
07eb7e57.jpg


 さらに、私を呼んで大きな甘えた声でにゃーにゃー泣き叫ぶこともあった。
 そういう時、私は決してニャン吉の求めには応じなかった。喚けば私が出てくる、と覚えてしまったらもっと頻繁に鳴くようになり、そうすれば近所の反感を買って危害を加えられるかもしれないと思ったからだ。

 冬が近づくにつれ、野良にゃんにとっては厳しい試練のときがやってくる。にゃん吉はこの冬を乗り切れるだろうか・・・心配だったが長年自由な野良猫生活をしてきたにゃん吉を、今更家の中に入れようとしても嫌がって出て行こうとするだけだ。

野良には野良の生き方がある。

それで死んだならそれは天命なのだろうと思うことにした

(続)

近況報告 01.07  懺悔

懺悔

ただ一言・・・・・・


しちゃいました・・・・・・・

24849401.jpg

近況報告 2010 .01.04 新年の誓い

新年の誓い

 私の名前は"天馬ふぇみお"凌辱系専門のエロ漫画家である。年が明けたので遅まきながら一言言わせていただこう。

開けましておめこ・・・・もとい

明けましておめでとうございますm(_ _)m

52a539cb.jpg


 ちなみに↑これが今年私が友人知人取引先に送った年賀状である。このブログを覗きに来てくださった方々にも気持ちを込めて画像だけでもお送りしよう。

 女性受けを狙って可愛いキャラを前面に押し出した構成になっている。
 2匹の愛猫 小春小梅、そして、私の可愛い一人息子 ふぇみ太郎が富士をバックに戯れてるハートウォーミングな絵柄で、見る者の心を和ませずにはいられないはずである。
 猫たちには寅年にちなんで虎の被り物をさせ、息子にはスクリーントーンで作った袴を着せてやった。

 さて、1年の計は元旦にあり、とよくいうので、私も今年は壮大な目標をたててみた。ずばり・・・

禁オナニー

である。
 親馬鹿な私は毎日かならず1回、息子ふぇみ太郎と遊んであげ、そうすると次第に感極まった息子は頭から白く濁った嬉し涙を流す
 世間一般ではオナニーとも呼ばれるこの神聖な行為であるが、男性諸君はご存知の通り、これには精神を安定させる効果がある。

 例えばおっぱい星人の私は、おっぱいの誘惑に抗えない。
 電車で隣に座る女性の胸元から谷間が見えてるとどうしてもそこに目がいってしまい、ひとたびその魔力に捕らわれると脳はおっぱいのことしか考えられず、この二つのふくよかな大福を揉みしだきたい、いっそ今この場で土下座して「おっぱい触らせてください」と頼み込んでみようかとまで思う。

 ちなみにそのときの私は顔を一切見てない。
 大昔、巨乳の娘をナンパしたら隣にいた友達が「お前ちゃんと顔見てるか?」と心配そうに突っ込むことがしばしあったのは今となってはいい思い出だ。

 そんなときでも、トイレに入ってオナニーすると、さっきまでの煩悩が嘘のように消え去り、冷静になった自分がいる

俺は一体何をやってるんだ・・・
胸なんて授乳の道具・・・ただの脂肪の塊じゃないか・・・
そんなものに興奮するなんて馬鹿じゃないのか・・・
今地球上で10億人が飢餓に苦しみ、48000種近くある動植物のうち36%にあたる17000種が絶滅の危機にあるというのに何をやってるんだ・・・
俺の馬鹿!馬鹿!


 そのときばかりは頭を丸めて出家しようか、そんな気分にすらなる。それがオナニー。

 そんな素晴らしいオナニーであるが、エロ漫画家によってはあえてオナニーをセーブする人もいるらしい。己を煩悩の極地に追い込むことでリビドーを昇華させるらしいのだ。

 しばし「お前の漫画はエロくない」と友人から評される私だが、禁オナニーをすることで新たな次元へ飛び立てるかもしれない。
ならばやってみるか・・・

2010年は・・・一切オナニーしない!

 と誓ってみたのだが、元日はついすることがなくてオナニーをしてしまった。

 これはいかんと思った2日もやってしまった。

 このままではいかん、と思い昨日はオナニーをしなかった。
 そして今日も、明日も明後日もしないつもりだ・・・
 そう、私はここに高らかに宣言する

 今日からはオナニーを断つ!・・・と

 再びオナニーをしてしまったときは改めてここに報告する。
 それが2週間後になるのか一ヵ月後になるのか3ヵ月後になるのかは神のみぞ知る。

 ブログが更新されたと思ったら、一言

『しちゃいました・・・・』

としか書かれてない日があれば、それは私がつい禁を破ってオナニーをしてしまったということである

 そのときは・・そっと一言「この腐れオナニー野郎が!」とカツを入れてやって欲しい。

近況報告 《猫》 12.25

私の名前は天馬ふぇみお凌辱系専門のエロ漫画家である。

 漫画の中で、よく「この雌豚が!」みたいな台詞を多用する私であるが、最近ではプライベートでも普通に「欧米か!」みたいな感じで「黙れよ雌豚!」などと突っ込むようになってきた・・・もはや職業病である。

 そんなわたしのことをさも、女性蔑視の異常性欲者のように勘違いする方もおられるようだが、ペンネームからも分かるとおり、私は生粋のフェミニストである。
 女性のことをメス豚呼ばわりするのも、決して女性蔑視だからではない。『ベイブ』を3回観て3回泣いたほどの動物愛護主義者である私は、豚が実は綺麗好きで繊細な動物だと理解したうえで、豚と女性を同列公平に扱っているだけなのである。

 このブログも、女性ファンをターゲットにして、女性受けするようなネタを狙って書いているし、プロフィールの写真でも、あえてパンティーの隙間から端正な顔立ちをさらし、あわよくば腐女子の圧倒的支持を得てネットアイドルに登りつめることまで考えていた。

 にもかかわらず、このブログにたまにコメントが寄せられたかと思ったら、『吉原の本番ソープに行ったら淋病うつされました」だのそんなんばかりである。一体何が問題なのであろうか。

 フェミニストとして女性を尊敬し、女性に親近感を覚え、日々女性の権利拡大を訴える私としてはもっと女性にこのブログに訪れて欲しい、と本気で考えている。

そこで、フェミニストの中のフェミニスト、キング オブ フェミニストの私は考えた。

 そうだ、女性は可愛い動物と子供に弱い。可愛い動物の写真なんかを載せれば女性がたくさん来てくれるに違いない!女なんてどーせ馬鹿で単純でセックスのことばかり考えてアソコ濡らしてる豚ばっかりだから余裕だぜ!


 そんなわけで、女性ファンを増やすべく、今日は私の飼ってる2匹の猫たちを紹介しよう。
aa8da9d9.jpg



 左 小春。3才。雌。
 とある小春日和のある日、ダンボールに捨てられていたところを拾われた、というのが名前の由来。ご飯のときだけ愛想を振りまくいやらしい雌猫である。発情期のときはサカってアソコがエロ漫画みたいにぐっちょぐっちょになっていて、わたしがマ○コに綿棒を挿入してイカセてやったのはいい思い出である。


 右 小梅。1歳。雌。
 里親ボランティアの人から引き取ってきた孤児。独眼流。興奮すると尻尾がアメリカ人のチンポ並に膨らむいやらしい猫。発情期が来る前に避妊してしまったので、残念ながら私のペッティングテクニックも綿棒バイブの味も知らない。


103fbbfa.jpg


2匹のいやらしい雌猫に囲まれながら、私は今日もペンと自分のチンポを握り続けるのであった・・・

近況報告2009 12.15

エロ漫画家、異種格闘技戦に赴く>

 私の名は"天馬ふぇみお"、凌辱系専門エロ漫画家である。

 唐突であるが、皆さんはエロ漫画は何で書くものだとお思いだろうか。

ペン?
妄想?
ちんぽ?

・・・違う、"魂"で描くものなのだ。溢れんばかりのエロ魂が画面に華を沿え、リビドーを喚起させるのだ。
 そんな私のをこのブログを通して感じ取ってくれたのか、先日、某『実話ナックル』という雑誌からブログ経由で仕事が舞いこんできた。

『腐りきったこの国の愚民たちの目を覚まさすために、一発カツを喰らわしてやりたい。そのためには天馬先生のお力が必要なのです!鳩山不況到来が危惧される中、先生のペンとチンポによる世直しが必要なのです!

編集長自らが床に手をつき、私に深深と頭を下げる。

世直し』という言葉にそそられ、仕事の内容を訊くと、
「風俗店の広告であからさまに実物と違うCG加工したような写真が載ってるが、実物とどれくらいかけ離れているか、体当たり取材で確かめてほしい」とのこと・・・まさに世直し。

 年末まで予定が一杯で新たな仕事をいれる余裕はなかったのだが、編集長の心意気に打たれ、またこん日本をどげんかせんといかん、という維新の気持ちがふつふつと湧き上がり、2ページくらいの仕事ならなんとかしてみせます、と二つ返事で快諾した・・・決して風俗代はぜんぶ編集部持ち、という言葉に釣られたわけではない

 いい漫画を描くためには綿密な取材が当然必要である。
 漫画を描くという行為をセックスに例えるなら、取材前戯だ。前戯で濡らしておかなければスムーズにチンポをインサートできるわけがない。

 愛に生き、愛に殉ずる男、天馬ふぇみお。はっきり言って愛のないセックスに興味はない

 愛のない風俗嬢とのセックスなど私にとってはオナニー以下の価値しかない。やりたくはない。しかしプロの漫画家として、おざなりの取材だけで漫画を描くわけには行かない。
 プロとしてのプライド、そしてこの国の未来のため、私は立ち上がったのだ。

 こうして他人の金で風俗に行きまくるという、まるで夢のよう地獄のような戦いが始まった。キックボクシングの試合が終わったばかりだというのに今度は立て続けに風俗嬢との異種格闘技戦を繰り広げたのだ。

 しかし相手はプロ。幾千の修羅場を潜り抜けた私といえども連戦連勝というわけにはいかなかった。
 時に1ラウンドでダウンを喰らい、時に戦意喪失によるTKO負けを喰らうこともあった。それでも、私は立ち上がり、前へ進むことをやめなかった・・・そう・・・明日のために

52e24711.jpg


そんな取材という名の過酷な戦いもようやく終わり、後は描くだけ・・・念入りな前戯を経て練り上げた構想をペンという名の男根にのせ、原稿用紙にズコンと挿入する番だ。

そう、ここからが本番!
・・・・なのだが・・・困ったことに描く気力がまったく涌かないのだ。

ぶっちゃた話・・・前戯だけで燃え尽きました・・・
a1df0785.jpg

アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ