E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

エロ漫画家と過去からの招待状

私の名前は天馬ふぇみお、こう見えて高貴な生まれ高貴な育ちおぼっちゃまe-ロマン画家である。

 何しろ父は元環境省の官僚であり、息子の私は幼い頃より英才教育を受けて育った。やがて名門高校に進学し、名門大学を卒業した。
 しかし官僚として社会の表舞台からこの日本をよくしようと汗水垂らし働く父の背中を見て、私はあえて自分は社会の裏側から日本をよくするための仕事をしようと決意し、大学卒業後に就職した会社を一か月で辞め、そして進んだのが、世の老若男女の性欲を煽り、少子化に歯止めをかけるべくこの世の裏で奮闘する高貴な職業、The エロ漫画家という道であった。
475f6aa7



《青春の日々》 

 編集さんにプロットを送る時ですら「マンコ」ではなく「マ●コ」と真ん中を伏字にして表記するくらいに生真面目な私は、当然中学時代も真面目な勉強家であった。
 母上の命で中二の夏から塾に行かされ、そこで厳しい英才教育を強要させられた私であるが、勉強し過ぎたせいで「高校入ってからもう一度大学受験の勉強なんかしたくねーなー」と思い至り、エスカレーターで進学できる付属高校ばかりを受験し、名門「早稲田大学高等学院(通称・早大学院)」に入学したのであった。

 早大学院は卒業さえすれば自動的に早稲田大学へ進学できるので、もう受験の必要はない。

 でも、学院に入学して半年くらいは、私はすごく真面目に勉強した。なにしろ中学の時は勉強ができると周りからチヤホヤされたので、勉強は決して好きでなかったがそれでも「勉強できること」が私のアイデンティティになっていたのだ。
 しかし学院に入って半年もすると、勉強を真面目にやっても誰もチヤホヤしてはくれないし、それどころか英語のノートを真面目にとっても、怠け者たちから「それコピーさせて」と便利に利用されるだけだということに気づく。
 私の勉強熱は一気に冷め、私は授業中ノートもろくに取らず、クラスの優等生からノートをコピーさせてもらう側にまわるようになった。そして授業中はお絵かきばかりするようになっていった。


 早稲田大学高等学院という学校は、制服なしの私服登校で、受験がないから生徒は授業も真面目に受けず、優等生からノートをコピーさせてもらうような小狡い立ち回り方ばかり覚えていく・・・名前の通り本当に早稲田大学がそのまま高校になったかのような雰囲気の場所であった。

 ただ一つ、早大学院が早稲田大学と決定的に違うのは・・・・・女・・・雌が・・・一人もいないというその一点だけであった。

 練馬の僻地に1800人の性欲盛りの少年だけが集められ、女子の目を気にしなくていいから大声で淫語が飛び交い、勉強もせずにエロ本を回し読みし、女子高生とまともに話したことすらない童貞どもがエロビデオを観て覚えたエア前戯の腕前を競い合い、「尊敬する人物は?」というアンケートにクラス50人中6人が『チョコボール向井』と書く・・・それが早大学院という学校であった。
sim

 そんな環境の中、授業中はもっぱらアメリカ旅行土産の無修正ヌードトランプを参考に人体デッサンをしていた私が、将来的にエロ漫画家という職に就くのはもはや必然と言えた。

 早大学院という特殊な高校で過ごした童貞の日々は、間違いなく今の私という人間を形成する大きなルーツであり、そして大きな黒歴史でもあった。
160724_230058939
ふぇみお18歳(黒歴史)


 とはいえそんな濃ゆい青春を共に過ごした仲間たちとも、高校を卒業すればだんだん会うことは少なくなる。
 高校の仲間なんて、卒業から20年が過ぎた今となってはもはや遠い思い出の世界の住人でしかなかった。

 しかし、SNSという文明の利器の出現によって状況は大きく変わった。なにしろ、長らく会ってない高校の同級生の近況がネット上で簡単に知ることができるようになったのだ。

 童貞のくせにエア舌戯日本一を自称していたあいつが今は一流電機企業で働き子供もいるのか、とか、童貞だけど髪ふさふさでイケメンだったあいつが今はスキンヘッドにしてソムリエやってるのか、とか、童貞のくせにコンピューターの知識に長けていて生徒会質のPCに『同級生2』というエロげーをインスコしていたあいつは今は起業して悠々自適の暮らししてるのか、とか、童貞だったあいつが今は田舎でレストランをやってるのか、とか私は懐かしい思いで彼らの近況を眺めていた。

 そんな折、20年会ってないけど今はソムリエやってるらしい友人、A氏から食事会の誘いが来た。同じく20年あってない友人Ⅿ氏が東京最後の秘境、桧原村でレストランをやっているのでそこでワインと食事を楽しもうというのだ。その食事会には、昔の仲間が他にも何人か来るらしい。

 童貞たちが20年の時を経て再会する・・・それは正に過去からの禁断の招待状であった。

(続)

エロ漫画家とどうでもいい告知 その4

   私の名前は天馬ふぇみお、チンコに顔を書いて服を着せて萌えキャラ化させようと奮闘する、ちんぽアーティストe-ロマン画家である。女子は可愛いものに目がないので、ただでさえ小さく可愛らしい私のムスコ、『ふぇみ太郎』に更に可愛らしい顔を描けば、萌えキュンして体を許してくれる女子がわんさか現れると思ったのだが、なかなかうまくいかない。
VFMI0201

萌えというジャンルは難しいものなのである

 童貞仲間のことを書くつもりでいたのだが、タイミング的に告知記事を書く時期になってしまったので、童野郎を後回しにして今回は知合いの作家さんについて触れたいと思う


《よつ葉真澄さん》


 今でこそ『萌え』という言葉が普通にいろんなところで使われているが、私がエロ漫画家として仕事し始めた15年前くらいは、なんとなくエロ漫画家業界で「萌え系」なんて言葉が使われ始めた時期で、編集さんも「これからは萌え系に手を広げていかなきゃ」みたいなことを言ってたり、知合いのアニメオタクな編集から「お前の絵には萌えがない」とか言われたりしたものの、当時業界の多くの人間が「そもそも『萌え』って何("゚д゚)?」と実態を掴みかねていた。

 私にしてもそうで、そもそも『萌え』と『エロ』の違いがよく分からなかった。「このキャラ超エロい!」と「このキャラ超萌える~」じゃ似たような使われ方で似たような意味合いのはずでありながら微妙に何かが違う。
 でもその何かがよく分からない。

 何となーくロリっぽい感じで可愛らしくてぽにょぽにょして柔らかくて萌え萌えしたもの・・・それが萌えなんだろう、と雲のように実体のない漠然とした理解でしかなかった。そんな私が「ああ、きっとこれこそが『萌え』だ!!」と思ったのが、当時「幻羅」という同じ雑誌で描いていたよつ葉真澄さんの漫画であった。

yotuba

 何となーくロリっぽい感じで可愛らしくてぽにょぽにょして柔らかい・・・私にとっては正に This is 萌え であった。
 私は昔自分の描く線が固いのが悩みで、チンコは柔らかいのにどうして描く線は固いのか、どうにか柔らかい感じを出せないか四苦八苦していた。なので彼女の描く何とも言えないふわふわした柔らかい線画には衝撃を受けたものである。

 よつ葉さんとは何度かお会いしたことがあるが、コスプレイヤーもやっていて目がくりっと大きい美人さんである。なんて書くとまるでコスプレイヤーが片手間でテキトーに漫画描いてるように見えるかもしれないが、漫画に関しては結構苦労して真面目に営業活動しているそうである。
vi-nasu_p

 漫画家は出版社の方から依頼が来る場合もあるが、零細作家ほど自分から新人のように出版社に投稿原稿描いて営業に行かないといけない。またエロ漫画家がエロ以外の別の方面の仕事もしたいと思ったら、 やはり自分から営業に行く。

 私なんかは年に一度は営業活動をする、と自分ルールを作っていまだに営業用の金になるかもわからない原稿を描いたりしてるが、ハッキリ言って営業なんて嫌なものである。
 なにしろマイナーエロ漫画家風情が一般誌目指してメジャー出版社に営業行こうモノなら新人以下の扱いされてバキバキに心を折られて帰るのがオチである。それでも何もしなければ今の零細エロ漫画家のままなので、わずかな可能性に賭けて出版社を回り、やっぱり心折られて帰ってくる・・・それが漫画家の営業である。

 営業とは辛い辛い苦行なので、作家の殆どはだんだん営業活動なんてものはしなくなる。いい歳こいて夢をあきらめきれずにいまだに一般誌に営業活動してるのなんて、私の周りでは今やよつ葉さんくらいなのである。

 彼女は地道な努力が実り、今はコミックヘヴンという一般誌で連載をもっている。

Cfg9fqkWwAARVJt


 なので私は彼女にはとても親近感を持っていて、「どこそこの出版社に営業行ったらこんな冷たい扱いされた」みたいな不幸話を言い合っては互いの傷を舐めあえる唯一の知合いであった。

 しかし傷を舐めあってばかりいても人間として成長しないんじゃないかと気づいた私は、よつ葉さんにこう提案した・・・「を舐めあってばかりいても仕方ないので、チ●コマ●コを舐めあう仲になりませんか(≧∇≦)b?」 、と。

 ちなみにそのメールを送ってから1年と4か月が過ぎても彼女から返信は一切ない。きっと忙しいからなのだろう。そんなよつ葉さんが連載している漫画『萌えっくい☆日和』がこの度単行本になるそうである。

 十数年ぶりの単行本ということで正に彼女の苦労の結晶であるが、舐め友として嬉しい限りなのである。
 ワンランク上の舐め友になりましょう、という私のメールに1年と4か月と5日も返信できなかったのは単行本の作業に忙しかったからなのか、と納得し、私は彼女からの返信を心待ちにするのだった。

エロ漫画家と童貞仲間たち その3

私の名前は天馬ふぇみお、生まれてから童貞を捨てるまでに、とあるやんごとなき事情により21年もかかってしまいヤラずに二十歳を迎えてしまった、いわゆるヤラハタe-ロマン画家である。
DQy05

 しかし童貞を捨てるのに21年もかかったと言ったら恥ずかしいことのようだが、21年間も童貞を守り通したといえばまるで立派なことのように聞こえるから不思議である。
gUTEl


≪童貞っ子のチャンピオンベルト≫

 童貞に限りなく優しい私は、童貞くんをエロ漫画の中に登場させ、セックスを疑似体験させて漢にしてあげるというボランティア活動を行っている。過去に二人のキックボクサーを漫画の中で漢にしてあげたのだが、私が漫画の中で童貞捨てさせてやると、そいつが生まれ変わったかのように人間的に成長すると評判である。
hatake



  私の知り合いに調布でムエタイジムを営みながら自らもプロとしてリングに上がっている男がいる。プライバシーの問題もあり本名は書けないので彼のことは仮にkとしておこう。
 私がたまに稽古に行くテッサイジムが3年前にオープンした時に、その開業祝いの場で私がエロ漫画家だと知るやいなや嬉しそうに話しかけてきたのがkであった。

  私は仕事でエロ漫画を描いてるだけで実際には下品な話題は大嫌いなのだが、私が下ネタ好きと誤解をしたkは拳ダコでごつごつに盛り上がったこぶしを見せ、「俺はこの拳ダコをクリトリスに当ててグリグリやって女をイカすんすよ」とゲスなことを言ってきた。
 これといった取り柄のない私の唯一の特技は、一般人の顔を装い社会に溶け込む隠れ童貞たちを見破ることであった。その時私はピンと来た。こいつ・・・童貞くせーな・・・と。
 童貞ほど「俺、女のカラダ知ってます」的な見栄を張りたがるものなのだ。

 kは童貞だ・・・・その確証を得るために、私はkの隣に座ってるいかにも性欲の強そうな顔をしたkの嫁さん(プライバシーの問題もあり本名は明かせないので仮にⅯさんと呼ぼう)に話を訊いてみた
「あなたとkさんはセックスしてるんですか?」
「はぁ?」
「だからぁ・・・kはあなたのマ○コにチ○コを挿入したことあるんですか?」

私の質問にMさんは少し考え込んだ後、
「そうねぇ・・・私のカラダ的には小指の先っちょ挿入れられたくらいの感覚しか毎晩味わったことないわね┐(´д`)┌」 
と吐き捨てるように言った。
 この性欲強そうな顔をした嫁さんの言葉からもkがまだ指の先っちょまでしか挿入出来てない童貞くんなのは明らかに思えた。

すぐ隣にkの幼い娘さんもいたので念のために娘にも確認してみることにした。
「君のパパはセックスしたことあるのかな?」
「せっくす・・って・・なーに?」
「セックスっていうのは、チンチンやお尻の穴やその上にある穴を舐めあったり指入れたりする、人間として最低な汚らわしい行為のことだよ」
「う・・・うちのパパはそんな汚らわしいこと絶対しないもん!パパはママと毎晩裸でプロレスごっこするくらいに無邪気で子供っぽいじゅんすいな人だもん!」

娘は顔を真っ赤にしてそう叫んだ。
 娘の言葉からも、kがセックスをしたことがない童貞であることは間違いないように思えた。私の童貞センサーの性奴・・・いや精度は完璧である。


 それから3年・・・kはキックボクサーとして頂点を目指して試合を重ね、チャンピオンベルトにもう少しで手が届きそうな処まで昇り詰めながらも大事な試合で僅差で敗れてベルト奪取できなかったりと、格闘家として伸び悩んでいた。
 それもこれも彼が童貞だからだろう。そんな童貞のkが不憫だったので、私は漫画の中でちょっとだけ出演させてあげることにした。
kazu

 本当に、ちょい役もちょい役、ヒロインの亡き旦那としての写真の中に小さく描かれているだけである。

 こんな小さな扱いなのに、漫画に描かれたことを知るとkはいたく悦び、「これを糧に絶対チャンピオンになります!」と私に誓ったのだった。
 何がどう糧になるのかよくわからないが、驚いたことにそれから数日後『蹴拳』というキックボクシングの興業で暫定チャンピオンを決める試合に出場したkは、強敵相手に快勝して、暫定とはいえチャンピオンに昇り詰めたのであった。
13103338_834669466639232_7445520757484637305_n

kは妻のⅯを抱きしめて悦んだ。娘からの報告によると、夫妻はその日の夜、明け方まで二人で裸でプロレスごっこをして喜んでいたらしい。
 『童貞っ子のチャンピオンベルト』・・・今すぐ書籍化すべき感動の実話である。それもこれも、すべて私がエロ漫画の中に出してあげたおかげである。


 とはいえ所詮はまだ「暫定」で、一丁前にチャンピオン面するのは早い。

 いうならば今はまだ、ちんちんの先っちょをマ●コの入り口に押し当てた瞬間にイッただけのくせして、『童貞捨てたぜ!膣内射精してやったぜヾ(*´∀`*)ノ』と喜んでるようなものである。
 マ●コの奥までチ●コを差し込んで初めて立派に童貞を捨てたと胸を張って言えるし、怪我で長期離脱していた前チャンピオンと統一戦を闘って勝利して初めて本物のチャンピオンと胸を張れるのである。

 10月に予定されるその試合を前にkが真の漢となれるように、私は今度はガッツリ漫画の中でkをセックスさせてやることにした。

 しかしここで、性欲の強そうな顔したkの嫁、Ⅿが意義を申し立てた。漫画の中でとはいえ、自分の旦那が他の女と童貞捨てるのは許せない、というのだ。仕方ないので、漫画の中でkとMの初夜を描いてやることにした。しかもともに実名で
kazzzzz
 ここまで書いてきてふと疑問がわいたのだが・・・これ、kとMをイニシャルで表記する意味あったのだろうか("゚д゚)?まぁ、いい。私は細かいことと避妊はあまり気にしない男である。

 知り合い夫婦のセックスをリアルに想像するというのはなかなか気持ちのいいものではなかったが、これも童貞kを漢にするためである。kが漢として一皮むけ、10月の統一戦でに真のチャンピオンになれるかどうかは私にかかってるので、人助けと思って私は黙々と二人の性交渉を描いていくのであった。
kazzzzzzzzz
完成するとこんな感じ

エロ漫画家と童貞仲間たち その2

 私の名前は天馬ふぇみお、子供の頃からの夢を今でも諦めず追いかける、ネバーギブアップe-ロマン画家である。ちなみに私の中学時代からの夢は、年上のお姉さんから「坊や、童貞なの?可愛い♪お姉さんが色々教えてあげるわね」と言われながら体を弄ばれることであった。

 純真な中学生だった私もいつしかチンコの皮が剥けアラフォーのおっさんになってしまったが 、いくつになっても夢だけは諦めずに追い続けたいと思っている。


《童貞ファイター 第二章》


 童貞に限りなく優しい私が、職権乱用して童貞のファイター達を漫画の中でだけでもセックスさせてあげて『漢』にしてやった、というのは以前説明したとおりである。その後童貞君たちがどうなったかを引き続きリポートしたい。

 ワンダー選手を漫画の中に登場させるときに、寂しがり屋の彼が心細くなってしまわないように一緒にコーチのH氏も 漫画に登場させてあげた。
hatake

 童貞との噂のあるH氏だが、描いてみると奇跡的にとても漫画にしやすい顔だちで、関係者一同からも「超似てる」と評判であった。

 そんなH氏は、元々プロキックボクサーであったが、引退してからは豪徳寺にあるテッサイジムのコーチをしていた。
20070114_tenku_08

 しかし格闘家はおしなべて男性ホルモン値が高い・・・つまり闘争本能が強く、血の昂りを抑え切れないH氏は闘いを求め、柔術を習い始めたのだった。
 男性ホルモンの昂り女体に向かずに闘いに向いてしまう辺り、童貞が童貞たる所以である

 つまり格闘家なんてものは大抵童貞なのである。強い性欲を格闘技で発散させて誤魔化し続けてきたから、引退していざセックスを覚えると抑えが効かなくなって教え子相手にホテルで一本決めちゃったりしてしまうのであろう。
66258560f356cd03bffec30702df7295_0

 第二の内柴にならんと柔術家に転向したH氏は、将来女性を抵抗させずに抑え込めるようにとのモチベーションから寝技の勉強を楽しんでいるようであった。

 しかし、ある日を境に彼は急に変わった。

  きっかけは勿論、私が漫画の中で彼と人妻をセックスさせてやったことであろう。漫画の中でとはいえ童貞を捨て「漢」になった彼は、それを機にチンコ的にも人間的にも一皮剥けたらしく、プロのMMA(総合格闘技)の興業に出ると宣言したのだった。
 つまり練習するだけでは飽き足らず、MMA童貞を捨てようというのだ。しかも闘いの場所は遠く海を越えた大陸の北、中国黒竜江省ハルビン

 中国では今総合格闘技が人気で、日本よりもずっと金のかかった豪華な舞台で試合が行われているらしい。
ハルビン

 で、地元中国のチャンピオンの対戦相手としてどういうわけだかH氏に白羽の矢が立ったそうだ。反日感情渦巻くアウェー感満載の中国で、地元のチャンピオンに 挑むのは憎き日本人、しかも総合格闘技はこれがデビュー戦・・・・咬ませ犬にもほどがある

 しかし犬のように這いつくばって調教されるのが好きなH氏は咬ませ犬になることを喜んで承諾し、中国に旅立っていった。その後ろ姿はとても童貞のまま三十路を迎えた男のそれとは思えなかった。つーか写真を見る限りHな半裸の美女がいっぱいいるからと騙されてホイホイ中国まで行っただけかもしれない。

13241396_767971156673753_1665697933148369069_n
ハルビンにはロシアの血が混じっているからか綺麗な娘が多く、
しかも立ちんぼの売春婦なら100元でHさせてくれるらしい 。


 試合は惜しくも判定負けだったらしいが、MMA童貞を中国で捨てて帰国したH氏の顔は心なしか出国前より精悍で、正真正銘の「漢」の顔だった。きっとH氏は本当の童貞もハルビン娘相手に捨ててきたのだろう。 

 こうして名実ともに一皮ズル剥けた漢に生まれ変わったH氏だが、所詮漫画の中で童貞を捨てただけでこんなに人間は変わるものだろうか・・・("゚д゚)?

hatake2
 しかし関係各者から「本人そっくり」と絶賛されたくらいなので、似てる分、疑似体験とはいえ御利益は甚大だったのだろう。 
 1人の格闘家が私の漫画によって強く生まれ変わったのならば、とても作家冥利に尽きることである。

 ちなみに「ハルビン 風俗」でgoogle画像検索みたら↓こんな画像が出てきた。
ハルビンんん
 この女性がH氏のハルビンでのお相手じゃなかったことを切に願うばかりである

(続)


エロ漫画家と童貞仲間たち その1

 私の名前は天馬ふぇみお、自分でいうのもなんだが仕事に対しては真面目な勤勉e-ロマン画家であるが、いざここ一番ってところでプレッシャーでお腹がユルくなってしまう軟便e-ロマン画家でもある。

 そんな私は19歳の時、童貞ながら「セックス大辞典」という本を買って初体験の予習をするくらいに勤勉であったが、いざその時が来るとプレッシャーに押しつぶされお腹もチンコの勃ちもユルくなってしまい、あえなく玉砕した暗い過去を持つ。

 アラフォーになった今でも、茶髪でヴィトンのバッグぶら下げたギャルとかヤリマンそうなJKとすれ違うと、「うわ、こいつはくせぇ、童貞以下の匂いがプンプンするぜ!」と彼女らに鼻で笑われてるんじゃないかと被害妄想が膨らむくらいに心の傷を負っており、そのため自分だけは周囲の童貞くんに対して限りなく優しく接してあげようと心に誓っているのだった。
266534979-1442692252_l


≪童貞君たちのその後≫

 たまに練習に行く豪徳寺のテッサイジムには童貞と噂される二人の男がいて、私は彼らに脱童貞して一皮むけた漢になってほしいと願い、漫画の中でだけでもセックスさせてあげることにした、というのは以前書いたと思う。
 電子配信で私が描いてる『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える』の第6話にちょびっと登場させたのだが、その第6話もいつの間にか配信されていた記念に、今回はその二人の男のその後について追跡リサーチしてみることにした

 1人目はワンダー・テッサイジム選手。最近プロデビューした若手キックボクサーである。
wander

 もちろん本名ではなくリングネームであるが、ワンダーというのは意味を調べると『(あてもなく)彷徨う・邪道に踏み迷う』とある。
 女を求めてあてもなく彷徨う
・・・・つまりリングネームがそもそも童貞を意味しているといって過言でない。人の噂はあてにならないとはいえ、こいつぁきっとモノホンの童貞に違いない。
waander

 そしてこのブログを愛読してるということなので、目一杯邪道に踏み迷っている。まさに名は体を表すである。

 しかし世の中には漫画にしやすい顔としづらい顔があり、彼は漫画にしやすそうな顔かと思っていたが描いてみたら意外と漫画的なディフォルメが難しかった。無理やり彼の顔だけリアル調に描いてみたがほかのキャラに比べ違和感バリバリで、いまいち似せきれなかった。
 そのせいか漫画の中で童貞捨てさせてもいまいちご利益は薄かったようだ。

 この第6話目を描いた直後、彼はREBELSという興業に出場した。

wonderrr
 2回もダウンを奪い誰もが勝利を確信していたが、途中で右肩が脱臼してしまい、あえなくドクターストップでTKO負けとなった。
 ちなみにTKOというのは、誰もがチ ン コの略と勘違いしてそうだが、正しくはテクニカルノックアウトの略である。

 試合後、右肩に痛々しく包帯を巻き、「しばらくは左手でオナニーしなきゃなりません・・・サウスポーデビューっす(∀`*ゞ)」と彼は照れ笑いを浮かべた。
 人の噂などあてにはならないとはいえ、彼が童貞だという噂に間違いはないと私の確信は深まった。

 その二か月後、彼はまたREBELSという興業に出場し、今度は相手と互角の闘いを繰り広げ、これは判定で引き分けかなぁ・・・と誰もが思った終了間際に油断してもろにアゴにパンチをもらいダウンを取られてしまった。このダウンが効いて、結局大差の判定負けとなってしまった。

 その後、アゴが骨折してることが判明し入院することになったが、彼は「入院したら看護婦さんが性欲処理してくれるっていう噂は本当なんすかねぇ(〃´∪`〃)ゞ」と照れ笑いを浮かべるのだった。
 人の噂なんぞあてにはならないとはいえ、彼は童貞に間違いない、と私の中の童貞センサーはハッキリと判定を下すのだった


wandarrrrr

 「漫画の中で脱童貞」効果が薄いのは、漫画の中でいまいち彼のことを似せて描き切れなかった私の力不足が原因かもしれないと責任を痛感する次第である。

 あ、ちなみに奥さんが看護師やってるという友人に聞いてみたところ、両腕骨折で入院したら看護婦さんが代わりに抜いてくれるという噂・・・・100%大嘘らしい┐(´д`)┌

 次回はもう一人の童貞ファイターと童貞チャンピオンの話をしたいと思う

(続)

エロ漫画家とどうでもいい告知 その3

 私の名前は天馬ふぇみお、その昔、まだ穢れを知らない中学生の頃、友達と集まって映画『プレデター2』の冒頭シーンを何回も繰り返し観たほどの、SF好きe-ロマン画家である。
 どうして冒頭シーンだけ何度も観たかというと、冒頭でギャングがセックスの最中に警察と銃撃戦になるシーンで、逃げ惑う女の股間に一瞬ボカシが入ってるのを見つけ、「あれ!ボカシ入ってねΣ(゚Д゚)!?」と皆で興奮し、巻き戻して何度もコマ送りでボカシが入ってることを確認したのである。
4988142892621_1L

 そんなSF好きの13歳の少年は、25年後の今、SF好きのエロ漫画家として生活している。
 SFとはもちろんセックス・フェラチオの略である。


≪温泉人妻漫画、ヤフーで配信≫

 私が電子書籍として描いてる連作『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える』がヤフー電子書籍でいつの間にか配信されていた。
yahoooo


 この作品、フルカラー漫画だが色塗り作業は業者さんにお任せして、私自身は↓こんな感じでモノクロで仕上げて入稿している。
hitotototo2

 なので実際にどのような仕上がりで配信されてるのか私はほとんど見たことがなかった。スマホで配信した後PCでも配信する、とは聞いていたが私はガラケーなのでスマホ用のは見れないし、PCでもわざわざ一話300円も払って自分の作品を読むことには抵抗があった。しかしなんとヤフーだと、月額400円でどの作品も読み放題という太っ腹ぶりである。
 つい先日11話目を編集部に入稿したばかりだが、ヤフーだと8話目まで配信されている。早速400円払って読んでみた。

 冒頭、いきなりこんな↓表示が出てくる
chuui

「この作品は、いわゆる成人向けの作品ではありませんが・・・・」

・・・・いやいや、がっつり成人向けの作品っすけどぉΣ(゚д゚lll)?
 しかし作者である私が成人向けのつもりで描いていたとしても、天下のヤフー様が一般書籍だというのだからこれはきっとこれは一般書籍なのだろう。

 で、色塗りされた自分の作品を見てみると・・・・自画自賛ながらとても綺麗だ(〃´∪`〃)ゞ

 イラストの彩色というのは線が多かったり背景が細かければ細かいほど手間が増えるので、ハッキリ言って私の漫画は彩色師さんにとってはめんどくさい作品のはずなのだが、よくぞ丁寧に彩色してくれたものだ。
hitotototo

 温泉で半分お湯に浸かってるシーンなんか特にめんどくさかったと思うが綺麗に処理してくれて、顔射・・・いや感謝の念でいっぱいである。

 しかし難点があるとすれば・・・・・・・ボカシがでけぇ(;゚Д゚)!!
yahohohoa

 プレデター2の一瞬のボカシすら見逃さない私にとってこのボカシのでかさはスルーできない。

 がっつり成人向けのつもりで描いた漫画を「一般漫画」と強弁するにはここまで徹底的にボカシをいれなきゃならないらしい。性器はもちろんヘアも見せてはいけないようだ。おちんちんを舐めてるシーンだと顔半分隠れたり、性器のアップのシーンだとコマ全部が塗りつぶされて訳わからん状態である。

 でもって、値段も激安なのはいいが、描いてる方としてはちょっと疑問である。何万冊もの漫画を月400円で読み放題なら、一話読まれて作家に入ってくるロイヤリティなんて1銭以下かもしれん。なので、ヤフーでの配信をこうして告知させてもらっておきながら何だが、読むならDMM.comメチャコミなどの媒体で読むことをお勧めする(;´Д`)
160522_031143157
↑ちなみにDMMだとボカシも格段に小さい┐(´д`)┌


 それと、以前仲間内で童貞疑惑のある格闘家を疑似体験の中だけでもセックスさせてやろう、という親心から漫画に描いてあげたことがあった
wwww

 『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しくもだえる』の第6話でちょい役で出してあげてたのだが、その6話目も配信されていた。グラップラー刃牙の情報では男は童貞を捨てた瞬間にスーパーサイヤ人並みにパワーアップするらしいが、漫画の中でとはいえ人妻相手に童貞を捨て"漢"になった二人の格闘家がその後どうなったのかを次回気が向いたら追跡調査してみることとしよう

(続)
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ