私の名前は天馬ふぇみお、昔も今もノンケの、E-ロマン画家である。前回、2chのいろんなガチホモスレッドに私のブログのリンクが貼られた、ということを書いたのだが、その書き込み内容について具体的に突っ込んでいこうと思う。

《衝撃の真実 2》

6dd525e6.jpg


 こんなカキコミがされてるわけだが、言いたいことは山ほどある。事実関係と違う点もある。

 「作者本人はSM浣腸経験済みのドMです」

 ・・・って俺は世間様からそんな風に思われていたのか!?人を真性変態みたく言いやがって。一社会人の常識としてとりあえず経験をしただけであって、基本的には私はドSである・・・と思うんだけどどうなんだろう。

 「元はノンケのエロ漫画家・・・」

 『元』って・・・今でも俺はノンケだ!!!

 「作者本人は格闘技やってるらしくいずれリバ子めざしてるらしく・・・」

 ・・・リバ子って何よ!?業界用語なのか・・・?誰か教えてくれ・・・

 「日本通販の超イケメンモデルはノンケ系エロ漫画家天馬ふぇみおの大学時代のサークルの同じメンバー・・・」

・・・こんなヤツ俺は知らんし!!
6450c4aa.jpg

画像が不鮮明ではあるが、多分知らない顔だ。(とはいえ私のいたWESSという英語サークルは部員が200人以上いるような大所帯なので、見覚えがない顔だからといって同じサークルじゃなかったと一概に否定はできないのだが。学年違えば完全に接点ないし)



 色んな同性愛者スレッドにマルチ投稿されるこのカキコミに対し、当然反感の声が上がっている。

 
 キモいうざいうせろ死ね

 さらには

 ID:sjlowzz0=本人

 キモいから死んで
 アンタみたいなのはゲイには一番需要がないのよ



 っておい、俺が書いたことになってんのかよ?!
 そしてどうやら私みたいのはゲイには一番需要がないらしいのだ・・・なんてことだ・・・特にこれといってショックは受けないが。

60923373.jpg



 この書き込み、まるで私が書き込んだ自作自演のようにおもわれてるようだ。

 この手のことはいくら否定しても世間様が黒と思ったならそれが真実となってしまう。
 どうやら記憶にはないのだが、私は2chで自作自演する最低野郎になりさがってしまったらしい。

 それにしても何を思って私は・・・よりによってガチホモ同性愛者のスレにばっかこんな熱く書き込みしてるのだ!?
 小一時間チンポにタバコを押し当てながら問い詰めたいところだが、胸に手を当てても答えは何も返ってこなかった。


 これらの書き込みがなされたのは5月9日の深夜から5月10日にかけて。そのタイミングで不自然にブログと小鉄塾HPのアクセスが激増し、さらに5月12日の午前中、FC2運営側からメールが来た。曰く


貴殿が管理されております
http://femioizm.blog83.fc2.com/
に関しまして、下記の連絡が届いております。

**************************************

http://femioizm.blog83.fc2.com/blog-entry-185.html

該当サイトにて無修正男性器の画像がアップロードされています。
それと、これはそちらで本人がやっているという証拠の確認がとれないと思うの
で報告までですが、2chの多数のスレッドでスパム的に宣伝行為を行っており非
常に迷惑しております。

**************************************
 』


とのことである。要は『私のブログの内容がオゲレツだという苦情と、2chで自作自演の投稿を繰り返してる疑いがある』という苦情が来たのでどうにかせい、という内容だ。

 無修正男性器の画像というのは、おそらく私の一人息子のふぇみ太郎の写真のことだと思う。
 スクリーントーンの服を着せ、チャーミングな顔をマジックで描いてあるので猥褻な感じは一切与えないと自負していたし、今まで運営側から注意を受けたこともなかったのだが、こういうこといになってしまったからにはふぇみ太郎の写真は削除せざるを得なくなってしまった。残念。

 息子はショックで涙を流していたが、さらには普通の涙では飽き足らず、『シティハンター』のちょっとHなシーンを読みながら白い涙も流していた。

 で、ふと思ったのだが、はた迷惑な2CHホモスレッドへのマルチ投稿からFC2への苦情メールまでの、一連の動きがいやに早い気がする。

 これら全部が同一人物の仕業なんじゃないかと思ってしまうのは下衆の勘繰りなのだろうか・・・?

 とりあえず一人息子のふぇみ太郎の写真を削除する羽目になった以外に私にこれといって実害はなく、巻き添え食った小鉄塾の師範も件の概要をきいて大笑いしてらしたそうなので、別にいいっちゃいいのだが、こんな3流漫画家のチンポブログを攻撃して何がしたかったのだろう。

 こんなブログかいてる私が言うのもなんだが、世の中には暇な人がいるものだなぁと感慨にふける今日この頃なのである。