E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2009年12月

近況報告 《猫》 12.25

私の名前は天馬ふぇみお凌辱系専門のエロ漫画家である。

 漫画の中で、よく「この雌豚が!」みたいな台詞を多用する私であるが、最近ではプライベートでも普通に「欧米か!」みたいな感じで「黙れよ雌豚!」などと突っ込むようになってきた・・・もはや職業病である。

 そんなわたしのことをさも、女性蔑視の異常性欲者のように勘違いする方もおられるようだが、ペンネームからも分かるとおり、私は生粋のフェミニストである。
 女性のことをメス豚呼ばわりするのも、決して女性蔑視だからではない。『ベイブ』を3回観て3回泣いたほどの動物愛護主義者である私は、豚が実は綺麗好きで繊細な動物だと理解したうえで、豚と女性を同列公平に扱っているだけなのである。

 このブログも、女性ファンをターゲットにして、女性受けするようなネタを狙って書いているし、プロフィールの写真でも、あえてパンティーの隙間から端正な顔立ちをさらし、あわよくば腐女子の圧倒的支持を得てネットアイドルに登りつめることまで考えていた。

 にもかかわらず、このブログにたまにコメントが寄せられたかと思ったら、『吉原の本番ソープに行ったら淋病うつされました」だのそんなんばかりである。一体何が問題なのであろうか。

 フェミニストとして女性を尊敬し、女性に親近感を覚え、日々女性の権利拡大を訴える私としてはもっと女性にこのブログに訪れて欲しい、と本気で考えている。

そこで、フェミニストの中のフェミニスト、キング オブ フェミニストの私は考えた。

 そうだ、女性は可愛い動物と子供に弱い。可愛い動物の写真なんかを載せれば女性がたくさん来てくれるに違いない!女なんてどーせ馬鹿で単純でセックスのことばかり考えてアソコ濡らしてる豚ばっかりだから余裕だぜ!


 そんなわけで、女性ファンを増やすべく、今日は私の飼ってる2匹の猫たちを紹介しよう。
aa8da9d9.jpg



 左 小春。3才。雌。
 とある小春日和のある日、ダンボールに捨てられていたところを拾われた、というのが名前の由来。ご飯のときだけ愛想を振りまくいやらしい雌猫である。発情期のときはサカってアソコがエロ漫画みたいにぐっちょぐっちょになっていて、わたしがマ○コに綿棒を挿入してイカセてやったのはいい思い出である。


 右 小梅。1歳。雌。
 里親ボランティアの人から引き取ってきた孤児。独眼流。興奮すると尻尾がアメリカ人のチンポ並に膨らむいやらしい猫。発情期が来る前に避妊してしまったので、残念ながら私のペッティングテクニックも綿棒バイブの味も知らない。


103fbbfa.jpg


2匹のいやらしい雌猫に囲まれながら、私は今日もペンと自分のチンポを握り続けるのであった・・・

近況報告2009 12.15

エロ漫画家、異種格闘技戦に赴く>

 私の名は"天馬ふぇみお"、凌辱系専門エロ漫画家である。

 唐突であるが、皆さんはエロ漫画は何で書くものだとお思いだろうか。

ペン?
妄想?
ちんぽ?

・・・違う、"魂"で描くものなのだ。溢れんばかりのエロ魂が画面に華を沿え、リビドーを喚起させるのだ。
 そんな私のをこのブログを通して感じ取ってくれたのか、先日、某『実話ナックル』という雑誌からブログ経由で仕事が舞いこんできた。

『腐りきったこの国の愚民たちの目を覚まさすために、一発カツを喰らわしてやりたい。そのためには天馬先生のお力が必要なのです!鳩山不況到来が危惧される中、先生のペンとチンポによる世直しが必要なのです!

編集長自らが床に手をつき、私に深深と頭を下げる。

世直し』という言葉にそそられ、仕事の内容を訊くと、
「風俗店の広告であからさまに実物と違うCG加工したような写真が載ってるが、実物とどれくらいかけ離れているか、体当たり取材で確かめてほしい」とのこと・・・まさに世直し。

 年末まで予定が一杯で新たな仕事をいれる余裕はなかったのだが、編集長の心意気に打たれ、またこん日本をどげんかせんといかん、という維新の気持ちがふつふつと湧き上がり、2ページくらいの仕事ならなんとかしてみせます、と二つ返事で快諾した・・・決して風俗代はぜんぶ編集部持ち、という言葉に釣られたわけではない

 いい漫画を描くためには綿密な取材が当然必要である。
 漫画を描くという行為をセックスに例えるなら、取材前戯だ。前戯で濡らしておかなければスムーズにチンポをインサートできるわけがない。

 愛に生き、愛に殉ずる男、天馬ふぇみお。はっきり言って愛のないセックスに興味はない

 愛のない風俗嬢とのセックスなど私にとってはオナニー以下の価値しかない。やりたくはない。しかしプロの漫画家として、おざなりの取材だけで漫画を描くわけには行かない。
 プロとしてのプライド、そしてこの国の未来のため、私は立ち上がったのだ。

 こうして他人の金で風俗に行きまくるという、まるで夢のよう地獄のような戦いが始まった。キックボクシングの試合が終わったばかりだというのに今度は立て続けに風俗嬢との異種格闘技戦を繰り広げたのだ。

 しかし相手はプロ。幾千の修羅場を潜り抜けた私といえども連戦連勝というわけにはいかなかった。
 時に1ラウンドでダウンを喰らい、時に戦意喪失によるTKO負けを喰らうこともあった。それでも、私は立ち上がり、前へ進むことをやめなかった・・・そう・・・明日のために

52e24711.jpg


そんな取材という名の過酷な戦いもようやく終わり、後は描くだけ・・・念入りな前戯を経て練り上げた構想をペンという名の男根にのせ、原稿用紙にズコンと挿入する番だ。

そう、ここからが本番!
・・・・なのだが・・・困ったことに描く気力がまったく涌かないのだ。

ぶっちゃた話・・・前戯だけで燃え尽きました・・・
a1df0785.jpg

アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ