E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2011年01月

近況報告2011.01.25

 私の名前は天馬ふぇみお、現在スペインを活動の拠点に置く、ハイパーエロメディアクリエーター(HEMC)である。
 言い方に御幣があったかもしれないので詳しく説明すると・・・スペインを活動の拠点に置いてるといってもスペインに住んでるわけではなく、スペイン風美女にスペルマをぶっ掛ける漫画の制作に日夜いそしんでるということである。

 同業の高城剛氏も同
じようにスペインに活動拠点を置いてるが、最近嫁の沢尻エリカとの離婚が決まったらしい。同業者としてお悔やみの念を禁じえない。


《プレイコミック3月号発売》

7dfe527e.jpg


 プレイコミック3月号が発売された。クロサギの夏原武先生と組んで私が描いてるラバーズホテル第6話も載っている。

 今回は、私が勝手に作った主人公の過去の話であり、ポルノ規制に反対するポルノ作家の若者が人種差別主義者の知事とその腰ぎんちゃくの手によって殺害され、事件が闇に葬られるのを若き日の主人公が阻止しようとする、というとても作意に富んだ回である

 悪役のストーンフィールド知事と腰ぎんちゃくのイノーセンに特にモデルはいないのだが、あくどそうな顔を追求したらこうなった↓

318a7a48.jpg

0ee8bd28.jpg


 石原慎太郎都知事と猪瀬直樹副知事に見ようによっては似てるとの声もあるが、おそらく偶然である。石原慎太郎氏はレイプ凌辱小説の先駆けともいえる、心より尊敬している凌辱系作家の大先輩なので、そんな悪意に富んだことをこの私がするわけが無い。


 受け取った編集さんは「ええと・・一部不適切な表現があるのでそれはこちらで直しておきますね・・・・」と戸惑いを隠しきれない様子であったが、実際雑誌に載った自分の漫画を見てみると、相当部分のセリフがカットされていたのだった。
daab2a2d.jpg


上のセリフは、↓本来ならこういうセリフであった

「三国人が帰化したような薄汚いポルノ野郎は麻薬所持がばれて・・・・(略)」
 さらに、知事のセリフに手書きで小さく「戸塚ヨットスクールで虐待しまくった挙句にワシがこの手で自ら殺してやりたかったわい」というセリフを添えていたのだが、それも消されてしまったらしい。

 ちなみに殺されたポルノ作家が知事のことを毒づく回想シーンでもそこそこ毒のあるセリフを長々と盛り込んだのだが、そこはカットされずに済んだ。
6b27b0dd.jpg


 読みづらいのでテキストにするとこんな感じのセリフとなる

非実在青少年?頭おかしいの?児童ポルノ規制法案って児童ポルノから子供を守るといえば聞こえはいいけど18歳以下"っぽく"見えたらお上の裁量で自由に取り締まれるって滅茶苦茶な条例ジャン。しかもそれを監視する組織で上手い汁吸うのは自分の手下の天下り警察官僚なわけじゃん?つーかむしろ天下り組織用意してやるためってのが真の目的だよね?
 ポルノ規制するってんならさ、アンタが昔書いたクソみてーな三文レイプ小説も発禁にしたら?「完全な遊戯」だっけ?少女を遊びで強姦した挙句殺しちゃうようなレイプ賛歌の作品を子供に見せるべきじゃないものね?えっ?小説は規制の対象外なの?へー、自己保身だけは万全だねぇ?

 ベトナムで少女買春しまくってたゲス野郎が何やってんだかww

 それとさ、あんた「閉経した女性に生きてる価値はない」って言ってたけどさ、科学的には生殖機能を失った男の生きる意味の方が証明されてないわけよ。チンポ勃たなくなったんならさ、もう生きる意味無いんだからさ、腹いせにポルノ規制して世に老害撒き散らす前にとっとと死になよ。

 あと、ことあるごとに「"国民的大スターの兄"だから自分は男前です」アピールするけどさ、はっきり言ってアンタの弟、普通に不細工よ?頭の悪いババァが騒いでるだけで、冷静に見たらただのゴリラ面じゃん。』


 これに関しては、文字が小さくて、編集さんもチェックするのが面倒で、消し忘れてしまったのだろう。

 ていうか、こんなことを続けていたら私の方が雑誌から消されてしまうかもしれない

 

 しかし今回はどうも自分の趣味に走りすぎてしまったような気がする。アンケートも相当ひどそうだ。

 次は巻中カラーなので気合を入れて人気取りに走ろうと思う。

エロ漫画道4 アンラッキーヤングメン~その3~

私に名前は天馬ふぇみお、漫画の取材でラブホテルに行くものの、一切性行為をせずに帰ってくる、ストイックなハードボイルドHEMCである。もういい加減常識として覚えておいてもらいたいが、HEMCとは「ハイパー エロ メディア クリエーター」の略である。

 アンラッキーヤングメンをめぐる私の不幸話、それも今回が完結編である。



 (前回までのあらすじ)キックボクシング練習会「小鉄塾」の先輩に借りた一冊の漫画、『アンラッキーヤングメン』・・・安保闘争時代の実在の犯罪者や活動家をモチーフにして描かれたこの作品の登場人物、ヨーコに恋をしてしまった作家、天馬ふぇみお。

 彼はヨーコが、実在しない架空の2次元キャラ、つまり石原慎太郎都知事がいうところの『非実在青少年』であるということは百も承知でありながら、彼女の魅力に抗えず、ヨーコをネタに自慰行為をしてしまう。

 そのことは彼のプライドを大きく傷つけ、男として再起不能寸前にまで追いやってしまう。しかし、天馬ふぇみお・・・腐っても漫画家である彼は、自分の作品を待ってくれてる読者のために、満身創痍の体に鞭打ちたちあがる。右手に握るチンポをペンに置き換え、漫画を描き続けるのだ。

 しかし・・・神は・・そんな彼にさらなる強烈な試練を与えるのであった・・・・


《第3章 はるかなる夢の旅路》


 私は、漫画のキャラ、ヨーコでオナニーしてしまった・・・もうそれはいい。抜いてしまったものは仕方ない。

英語のことわざでもある、『こぼれたミルクは元に戻らない』(It is no use crying over spilt milk.)と。

 私のチンポからこぼれたミルクはもう精巣に戻すことは出来ないのだから、やっちまったものはあきらめるしかないのだ。

 それはそうと、『アンラッキーヤングメン』に出てくるキャラクターというのはほとんどが実在の人物がモデルである。とはいえ、はっきり実名を使うのはやばいということで、主人公の永山則夫は『N』だし、ヨーコをレイプした過激な共産活動家の川島豪は『K』、ヨーコにあごで使われ命じられるがままに仲間を粛清する連合赤軍の坂口弘は『S』と表記されている。

 当然『ヨーコ』もあからさまな実在のモデルがいるだろう、と思って調べてみたらやっぱりいた。連合赤軍で仲間の女を粛清し殺しまくったキチ●イ女、永田洋子(ナガタヒロコ)・・・彼女こそが『ヨーコ』なのだ。

 しかし・・運命の女神とはなんと残酷なのだろう。世の中には知らなくていいことがある。私は・・・あけてはならない禁断のパンドラの箱の蓋を開けてしまったようだ。永田洋子の写真を見て私は愕然とした・・・

 私は↓この女性で抜いてるつもりでいたが、
48a53dd5.jpg


 実際には↓これで抜いていたのだ・・・
f4bdb4d0.jpg


 まるで時間が止まってしまったかのような長い沈黙のあと、私は膝から崩れ落ちた。

 ケツの穴にツララを突っ込まれたような気分だ。

 何がおきたのか分からなかったが、漫画のヨーコと実在の洋子がまったくの別物であることだけは理解できた。

 エンジン音を聞いただけでブルドーザーだと認識できるように分かった。
2e750100.jpg


 ジャン・ピエール・ポルナレフ風にいうならば・・・

「ありのままに今起こったことを話すぜ
 俺は 憂いを秘めたクールビューティでオナニーしてると思ったら
 いつのまにか雌チンパンジーで抜いてた
 何をいってるかわからねーと思うが、俺も何をされたかわからなかった
 頭がどうにかなりそうだった
 写真写りが悪いだけ とか 藤原カムイの画力がすげー
 とかそんなちゃちなものじゃ断じてねぇ・・・
 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・」


てな感じである。
9d533de1.jpg


 こうして、私の心にはマリアナ海溝よりも深い傷が刻まれた。一生消すことの出来ない十字架を背負う羽目になったのだ。目を瞑れば、残酷な真実が私の心を押しつぶそうとする。

f4bdb4d0.jpg


俺はこいつでイってしまった・・・

4bb45f7c.jpg


俺はコイツでイってしまった・・・

cea1bb9b.jpg


俺はコイツでイってしまった・・・!!!!





もう一度言う、私こそが・・アンラッキーヤングメンなのである

エロ漫画道4 アンラッキーヤングメン~その2~

私の名前は天馬ふぇみお、世界をまたにかけて活躍する(一応台湾で昔描いたエロ漫画が翻訳されて売られてるらしい。印税は数千円しかはいってきてないが・・・)ハイパーエロメディアクリエーターである。

同業の高城氏はスペインに活動拠点を置き、嫁の沢尻エリカとセックスしまくっていることを考えるとずいぶん差をつけられてしまったものだが、他人をうらやんでいても仕方ないので、自分が出来ることを一歩一歩進めていくしかあるまい・・いつか仲間由紀恵を嫁に出来るその日まで。

 さて、前回に引き続いて、私の不幸話である。


《第2章 君と空とのあいだには・・・》
人間にとって一番の不幸は何か皆さんはお分かりだろうか。

それは・・・男としての誇りを失うことである。男としての誇り・・・男が男らしく生きていくために不可欠なそれが地に落ち泥にまみれることに比べれば、警察に連行され前科がつく程度のこと、どうってことはない。

 きっかけは、キックボクシングの練習会『小鉄塾』の先輩から借りた一冊のマンガ本、『アンラッキーヤングメン』であった。

この漫画をきっかけに・・私の人間的誇りは失墜した。陽の当たる舞台を降り、ドブネズミのように暗がりをはいずるしかない、そんな負け犬に成り下がってしまわざるを得なくなったのだ。


 諸君は私が何を言ってるか分からないだろう。私も自分が何を言ってるか分からない。それくらい動転している。自分を落ち着かせる意味でも・・・順序だてて話をしていこう。

 『アンラッキーヤングメン』とは、ヤングガンガンで連載されていた、藤原カムイ×大塚英志の劇画作品である。60年代後半、日本でも若者が共産主義革命を訴えゲバ棒もって警官とテロごっこをしていた時代を舞台として、連続ピストル射殺事件、3億円事件、浅間山荘事件、よど号ハイジャック事件などの関係者をモチーフにして描かれる群像劇である。

 内容を詳しく説明するのは控えるが、主人公の青年、"N"は、世間で噂の連続ピストル射殺事件の犯人である。つまり、さすがに本名をそのまま拝借はできなかったからイニシャルでぼかしてあるものの、永山則夫のことである。
87d94663.gif


永山則夫に関しては、死刑判決が出るたびに"永山基準"として名前が持ち出されるので聞いたこと位はあると思うが、19歳のときに横須賀の米軍宿舎から盗んだ銃で面識の無い人間4人を殺した殺人犯である。

 そのNは、連合赤軍の女テロリストの"ヨーコ"に恋をしてしまうのだ。ヨーコはどこか憂いを帯びた大人の女性で、常に体を蝕む病気の恐怖に耐えながら、日々を刹那的に生きている。そのヨーコは最初処女で身持ちも硬いか弱い女だったのだが、連合赤軍の仲間からレイプされたりなんだり波乱万丈な日々を送っていくうちにどんどんすれていき、段々女の色香で男を惑わす悪女へと変貌を遂げていき、最終的には連合赤軍で仲間を次々と粛清していく。
56044282.jpg


25a40812.jpg


 このヨーコというキャラがなかなか・・・なんとういか・・そそるのである。最初身持ちの硬く、か弱き存在だった彼女が、やがて、すました顔で男に身を任せ、体で男を懐柔し、そして道具のように男を使い倒すようになるその変貌振りが、なんとも男心をくすぐり、私と私のチンポはおもわず興奮に我を忘れてしまったのだ。
 なんというか・・そんなエロいシーンがあるわけでもないのに・・・・不覚にも・・・勃起してしまったのだ。

そう、「jojoの奇妙な冒険」の吉良義影風に言うならば

「私が30代の頃、藤原カムイの『アンラッキーヤングメン』ってありますよね・・・あの絵、漫画で見たときですね あの『ヨーコ』が男に組み敷かれてる・・・あれ・・・はじめてみた時・・・なんていうか・・その・・下品なんですが・・・フフ・・・勃起・・・・・・・・・・・しちゃいましてね・・・・・・」

てな感じである。
93a654b2.jpg


 そして私は・・・ヨーコをおかずに・・・オナニーをしてしまった。

 エロ漫画家として、読者にずりねたを提供する立場にありながら、他の作家の漫画で勃起し、オナニーをしてしまったのだ。私のエロ漫画家としての誇りは地に落ちたといっても過言ではない。

 しかも、エロ漫画家として読者にずりネタを提供する立場にありながらこんな誓い立てるのもどうかと思うが、私はアニメや漫画などの2次元ではオナニーしない、と鉄の誓いをたてている。私は2次元女が大好きであるが、いつかは3次元の生身の女を抱いてみたいと思ってるので、いつか生身の女の体に触れたときにチンポが立たないなんてことがないように、オナニーでは2次元の女をネタに使わない、と心に決めているのだ

 私は、その固い誓いを破ってしまったのだ・・・永く永く・・・悠久の時の中守られていたその鉄の掟を・・・7日ぶりに破ってしまった。

私は男としても完全に負け犬と成り下がってしまったのだ。もう一生表舞台を歩くことは出来ない、無様な負け犬に。

 アンラッキーヤングメン・・・それはまさに私のことなのである。

 しかし私に降りかかる不幸はこんなものではない。これはまだまだ序章なのだ。この後、劇画、『アンラッキーヤングマン」の更なる秘められた真実を知り、私は愕然とし、そして、男として再起不能になった。負け犬として一生十字架を背負う宿命を、このとき負ってしまったのだ。

 長くなってしまうので、それについては次の機会に語ることにしよう。(続く)

エロ漫画道4  ~アンラッキーヤングメン~

あけましておめこ・・・いや、もとい、おめでとう。
 632a9eeb.jpg


 私の名前は天馬ふぇみお、凌辱系エロ漫画から一般誌のちょいエロ漫画から自分のチンコまで多岐にわたってカキ続けるハイパーエロメディアクリエーター、略して HEMC である。

 新年早々こんなチンポブログを覗きにきてるような諸君の今後はたかが知れてるとは思うが、今年もよろしくお願いしたい。

 先日、私がたまにキックボクシングを教わってる小鉄塾の先輩がとある漫画を貸してくれた。大塚英志・原作×藤原カムイ・作画の「アンラッキーヤングメン」という、3億円事件を題材にした漫画である。




 アンラッキーヤングメン・・・ついてない若者、という意味である。

 アンラッキーヤングメン・・・それはまさに私のことである。プレイコミックの締め切りが正月明けなのにもかかわらず、正月から風邪をひいてしまったのだ。
 全く持って、私という男は不幸な男だ。

 なわけで、最近の不幸話をいくつかさせてもらおう。

《前科》

 先月、警官に職質された挙句、前科がついた、とブログに書いたらいろんな人から連絡を受けたのであるが、一応警官にペンネームも教えてるので、ほとぼり冷めるまでは詳細は書かないでおくことにした。別に勿体つけるほどの話ではないので、今更な気がするのだが、そのときのことを書こう。


 中学時代からの友人、●島からアキバで買い物するから付き合って欲しいと誘われたのは11月の初旬であった。
 ちょうどプレイコミックの締め切りが終わった頃だったし、ペンタブも買い換えなきゃいけなかったので、誘いに乗り、オタクと家電とメイドの聖地、秋葉原に行くことにした。
 ●島は少し遅れるようだったので、しばらくアキバを散策することにした私は、ツクモ電機のPCコーナーを覗いた後、大通りを渡って向かい側の店に行こうとして、車道をそのまま突っ切ったら、間の悪いことにパトカーが止まっていた。そしておまわりさんが立っている。

 ちょっとばつが悪かったので目をそらしたら、案の定職務質問を受けた。自慢じゃないが、私は普通に街を歩いていてもよく職質を受ける。とりたててやばい格好はしてないと思うのだが、ましてアキバで薄汚れたシャツの裾をジーパンの中に入れてナップサック背負って紙袋を手に提げてる方々に比べたら絶対怪しくないと思うのだが、警官の目に留まってしまったのだから仕方ない。

 荷物チェックをされたら、なかには痴漢撃退スプレーがはいっていた。通り魔事件があったいわくつきの場所だから当然の自衛手段と思って入れておいたのだ。
909ce719.jpg


 せいぜい厳重注意で済むかナーと思ったら、

 軽犯罪法違反

 でお縄ということになった。
 そのスプレーは自衛用に持ち歩くためのものとして普通に売られてるものなのだが、持ち歩いたら罪になり、「買ってもいいけど家に置いとけよ」という、そういうものらしい。

 ちなみに軽犯罪には立小便やら、痴漢なんかも含まれる。痴漢はともかく立小便で前科がついたらたまらんのだが、見つけた警官の気持ち次第では前科がついてしまうのだから注意を要したい。

 そんなわけで、ようやく●島が遅れてやってきたのとほぼ入れ違いで、私はパトカーで連行されていった。私の頭の中ではドナドナが繰り返し流れていた。そのときの様子は、●島がしっかりツイッターに書き込んでいる。

4e9ee771.jpg



 その後、警察署で調書を取られ、指紋をとられ、よくある犯罪者風な写真もとられた。それに関しては、別にエロ漫画家の私にとって経歴に傷がつくくらいなんでもないので「いい経験をしたなぁ」くらいのものだし、警察官も態度は穏やかで皆いい人そうな感じだったし、知らなかったとはいえ持ち歩いちゃいけないはずの危険物を持ち歩いてたのは確かなので捕まったことに文句は無いのだが・・・一つだけ声を大にして言いたい。

 段取り悪すぎ!!

 とにかく、警察というところは、段取りが悪い。

 取調官が調書をPCで打ってるのだが、タイプが遅い。

 そして調書を取るそばから、取調官に一度話したことを別の警官がまた聞いてくる。どうやら向こうは向こうで別の書類を書いてるらしいのだが、そのたびに私は何度も何度も住所や名前やいろんな情報を繰り返しいわなければならない。

 つーかPCつかってんだから情報共有にしてくれ!!何のためにLANでパソコン繋げてんだ!漫画家のアシスタントでこんだけ段取り悪かったら間違いなく首にされる。

 警官にはペンネームから何から何まで話した。黙秘権があるといわれたけど、隠すことは何も無いしこっちも飽きてきたから早く帰りたかったし。代表作も聞かれ、今まで出一番売れた漫画は「陵辱!陵辱!!股陵辱!!!」だったのだが、あえてそれには触れず

”秋田書店の『プレイコミック』で「LOVERS HOTEL」という漫画を描いてます。「クロサギ」と同じ方の原作です”

と、原作の夏原先生のネームバリューを最大限に使って怪しくないやつですアピールをした。

 もし、警官がその場で『天馬ふぇみお』をググって、過去の単行本や、このブログを発見していたら、帰りがさらに1時間は遅れていたことだろう。

d131ff23.jpg

↑私の一番売れた代表作。やはりタイトルのインパクトが勝因であろう。
ちなみにアマゾンでは「凌辱」という言葉がNGワードになってしまい、
私の過去の単行本はほとんどアマゾンで売られなくなってしまった



 そんなこんなで、30分で済みそうな簡単な調書取りが結局2時間以上かかり、その間、●島は秋葉で待ちぼうけである。2時間半後、ようやく開放された私は、パトカーで秋葉まで再び送ってもらい、●島と合流し、晩飯を食べて帰った。●島もまたアンラッキーヤングメンである。


 以上が、私に前科がついたという話の全てである。もったいぶって時間を置いて書いた割にはまったくたいしたことの無い話だ。ところで昔、デスノートの小畑健先生が車に登山ナイフ置いてて捕まったことがニュースになったことがあったが、あれって取り調べた警官が漏らさない限り外に出ない情報だと思う。そして小畑先生ならニュースになるのに、私ごときが捕まっても何のニュースにもなりゃしない。

全くの捕まり損である。


 しかし、私に降りかかる不幸はこんなものではなかった。次回は、漫画『アンラッキーヤングメン』をめぐる、男としての尊厳を地に貶めさせられた私の更なる不幸話を語ろうと思う。
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ