E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2012年01月

近況報告2012.01.26

 私の名前は天馬ふぇみお、結膜炎にかかりながらもめげずにケツをまくって尻毛の処理を欠かさない、清潔感溢れるE-ロマン画家である。
 尻毛の永久脱毛をしたいところだが、エステティシャンにアナル周りをガン見されると思うと恥ずかしくて、まだエステの門をたたく勇気はない。

 それはそうと、今週の月曜日は締め切り日だったのだが、締め切り直前に色々と不測の事態が起きていたのでそのことについて触れたい。


《カラー扉作成》


 DMM.COMなどで配信されてる電子アダルト雑誌「コミックマグナム」に久々に18禁のエロマンガを入稿したのだが、急遽扉用にカラーイラストを一枚描いて欲しいということになり、カラー扉を描いていた。普通の雑誌の場合カラーページはお金がかかるので限られたページにしか使われないのだが、電子雑誌だとコストを気にせず好きにカラーを載せられるのである。

 そのカラーの締め切りがこの前の月曜日だったのだが、その直前、土曜の昼に、小鉄塾というたまに御世話になってるキックボクシングクラブの塾長から連絡が入った。
 T本氏という、いつも一緒に練習してるスキンヘッドの汗っかきのおっさんが、急遽日曜日、つまり締め切りの前日に、MA(日本マーシャルアーツ)という団体の試合に出るというのだ。しかも舞台は格闘の聖地、後楽園ホール。相手は日本ランキング7位。ついでにルールは組み付きアリ、肘打ちアリというムエタイルール。ちなみにK-1なんかでは組み付きも肘も禁止されている。
9916b4c7.jpg


 T本氏はプロで1勝8敗という戦績で、しかもここ2年試合をしてなければ、実戦を想定した練習すらもしていない。体重もベストウェイトとは程遠い。
 予定選手が急遽怪我で欠場することになり、代打としてオファーが回ってきたのだが、はっきり言ってかませ犬もいいところである。

 私のようなアマチュアの下の方ならともかく、プロの試合は結構命がけなのだ。

 尻毛の脱毛すら尻込みする臆病者の私なら間違いなく逃げるところだが、T本氏は・・・試合を受けた。


 コレは下手したらT本氏と永遠の別れになるかもしれないと思い、締め切り直前ではあったが応援に行くことにした。
 怪我さえなければいいと思っていたし、ボロボロにやられて試合後はとても飲みに行ったりする状況じゃないだろうから、試合だけ見届けてすぐ帰ろう・・・・そう思っていた。

 しかし予定外の事件が起きた。

 なんと、T本氏、勝っちまったΣ(゜Д゜;)

 肘で相手の顔面を切り裂き、ドクターストップのTKO勝ちをしてしまったのだ。中間距離ではやりあわず、とにかく飛び込んで肘を入れまくるという作戦だったのだが、コレがドンピシャ決まったようだ。
3a35722b.jpg

 言葉にすると簡単に思えるが、肘の当たる距離まで飛び込むのはとても勇気がいるだろう。
勇気というのがいかに大切か、それを教えてくれる試合であった。
 
 臆病者の自分が恥ずかしい。私は勇気を振り絞って今度高洲クリニックに尻毛の脱毛に行くことを決心した。

 勝ったT本氏は多少脛を痛めた以外はいたってピンピンしていて、勝っちまったからには祝勝会をせざるをえまい、ってことで、池袋のホルモン屋でT本氏を囲み皆で飲んだ。祝勝会のはずなのにT本氏もばっちり割り勘で払わされていたのが印象的であった。

 午後3時くらいに家を出て、試合を見て、その後T本氏のアイシングやシャワーを待って、飲みに行って、家に帰ったら夜の10時であった。締め切り前に7時間も遊び歩いていたら、当然その7時間を取り戻すには睡眠時間を削らねばならない。

 朝一で入稿しまーす、といいながら、昼に編集さんから催促来るまで仕事していた。そして急遽、編集さんから、『急で申し訳ないけれど扉の絵を雑誌の表紙にも使っていいですか・?』といわれた。

 自分の読みきり作品の扉として描いていたのだが、それを雑誌自体の表紙にも使いたい、とのことらしい。表紙イラストってそんな直前の土壇場に決めるもんなのか!?とは思ったが、断る理由はないので「オッケーデーす」と快諾し、下記のようなイラストを入稿し、私は真っ白に燃え尽きて布団に入った。

c319e55f.jpg


 夕方まで寝て、起きてさっぱりした頭でイラストを見返してみると、いろいろ気に入らない点がいくつもある。
 電子雑誌とはいえ雑誌の顔となるイラストに急遽なってしまったのだから、恥ずかしい出来栄えにはしたくない。

 顔の表情が特に気に入らないので手を加えたくてしかたない。30分で直して編集さんに急遽イラストのデータ差し替えてくれ、といえば応じてくれるだろうか・・・?でも結構切羽詰った感じだったし今更面倒なこといったら迷惑かもしれない・・・・。

 迷った挙句に臆病者の私は電話をしなかった。

 なんて勇気のないことか。T本さんはリングの上でみせたというのに、こんな自分が恥ずかしい。

 自分を変えるためにも、締切り明けだし勇気を振り絞って高洲クリニックに尻毛の脱毛に行こう

つぶやき

DMM.COMなんかで販売されてるWEB雑誌「コミックマグナム」の原稿が佳境っす。かなーりひさびさの18禁漫画。後はこの扉をカラーで仕上げるだけ。締め切りまでは残り30時間くらい・・・
76983979.jpg


・・・・・なんだけど明日は急遽キックボクシングクラブで一緒に汗を垂れ流してる先輩が3年ぶりに試合復帰することになって、しかも場所は格闘聖地、後楽園ホール。とある選手が病欠になって試合3日前に急遽代打で試合が組まれたらしいんだけど、受けるほうの根性もすごい。 
 その先輩が試合で命を落とした日には最後の別れとなるのであろうから、締め切り前日だろうが明日は死に様を見届けに行くしかあるまい。テなわけで今宵は徹夜で仕事 なう

10eab735.jpg

 ちなみに代打だからポスターにその男の写真はないなり

つぶやき

愛猫の小梅のお腹にハゲができちゃったので病院行ったのだが、幼少期に栄養不足と病気で片目潰れちゃってるこの子はいたって普段は元気なんだけど、どうも毎年寒くなると免疫力が落ちてしまうらしく、獣医さん曰く、真菌(カビ)が原因だということで抗真菌薬もらってきた にゃう。

fa1da12a.jpg


 ちなみに薬は一粒(1日分)500円。高っΣ(゜Д゜;)

つぶやき 

 私の名前は天馬ふぇみお、年末から正月にかけて暴飲暴食に明け暮れたので体重計に乗るのが怖い、お茶目なE-ロマン画家である。

 先ほど麻雀漫画の原稿をあげたところである。
 去年の暮れに『近代麻雀』という伝統ある麻雀漫画誌の編集さんからメールで12ページの読みきりの依頼をいただいてたのだ。

 ちなみにその編集さんは私の描いた陵辱エロ漫画は読んだことがないらしいのだが、プレイコミックで連載してた『LOVERSHOTEL』で私のことを知り、ネットで検索をし、そしてこのブログにたどり着き、ブログの内容を読んで興味を抱き、依頼をくださったそうである。

 このブログを読んで麻雀漫画を依頼しようとは大冒険にも程があると思うが、その期待に応えられるように、(おそらく)『近代麻雀』誌史上最高にくだらないシモネタ漫画をかきあげたつもりである。それについては雑誌発売間近になったらまた触れることとしよう。


《つぶやき》

 最近ツイッターというのが流行ってるそうである。

 世間的にはブームは数年前だったのかもしれないが、私がよく耳にするようになったのは最近である。

 よくツイッターで問題発言をつぶやいて仕事を失ったり大問題になったりするというニュースを見るたびに、ツイッターってのは要は馬鹿発見器なんだな、くらいにしか思ってなかった。

 考え無しに思いついたことをすぐにポロっと言えるのが売りのツールだからといって、何でも自由に発言できるわけではないのだ。

 私なんかはなるべく政治色は出さないようにしているが、ゆくゆくは政治家になることを志しているので、政治問題についてとても熱い男である。
 私がツイッターなんかに手を出したら確実に言ってはいけないこと、例えば「自立不可の痴呆老人は安楽死させてあげれば社会保障費の大幅な削減が出来るのに」、とかつぶやいてしまうだろう。

 そうなればたちまち問題になって、老人世代の票を失い、政治家への道は閉ざされてしまう。
  
 なによりツイッターの文字制限が私にとって曲者だ。たった140文字では何も伝えることが出来ない。

 私は文章を書くとついだらだら長くなってしまい、毎回編集さんに絵コンテを送っても「文字が多すぎ」とお叱りを受けてしまう男なのだ。

 「ラーメン屋で昼飯なう」とか普通の人が日常生活のなにげないことをツイッターで表現するのと同じように、私も自分の何気ない日常を試しにつぶやいてみよう。


『 締め切り終わりだけどまだ別の仕事残ってるし、でも憂さ晴らししたいし、だけど仕事残ってるからぱーっと遊びに行くわけにも行かないし、仕方ないから一人で出来る憂さ晴らししようと思ってDMM.comで『団地妻 昼間に堪えきれず、膣に流し込まれる悦楽妻たち』をダウンロードして、観ていたらついムラムラしてきちゃったのでいきり立つ肉棒を握り締めしごいていたら、肉欲の熱いマグマがこみあげて、昼間に堪えきれず、ティッシュに流し込まれるスペルマたち なう

18d92eba.jpg


 
なんてことだ、仕事明けのオナニーを描写した、ほんの1センテンスなのに218文字にもなってしまった。やはり私にはツイッターは無理らしい。

 しかし、ブログの文章のようにいちいちオチを考えたり無理やりシモネタねじこんだりもせず、ただ思ったことを気軽につぶやくというのは確かに楽そうでいいなぁとも思う今日この頃なので、このブログに新たに「つぶやき」というカテゴリーを作って、そこでたまに思ったこと、やったことを自由につぶやいていこうと思う。

 コレが最初のつぶやきである。

ブログで使うために『団地妻 昼間に堪えきれず、膣に流し込まれる悦楽妻たち』のパッケージ画像をダウンロードしているうちにまたムラムラしてきて、夜中に堪えきれず、ティッシュに流し込まれるスペルマたち 再び なう

真面目な話 「くだらないモノ」

 私の名前は天馬ふぇみお、年末年始も年中無休でペンとチンポを握り続ける生粋のE-ロマン画家である。
年末年始はひたすらお笑い番組やバラエティ特番を見ながらまったり仕事をしていた私であるが、最近のくだらないバラエティ番組について、どうしても言いたくて仕方ないことがあるので今日はそのことについて書かせていただこう。


《くだらないモノ》
 
 年末年始はバラエティ番組の特番や一夜限りのお笑い番組などが目白押しなのだが、どれも下品でくだらなく、その中でも特にくだらなく低俗だったのが、除夜の鐘が鳴り終わり新年迎えてすぐにやっていた、『ビートたけしのあと5回だけやらせてTV』であった。

AV女優がノーパンでシモネタかるたを奪い合う「新春ノーパンかるた」やAV女優がシモネタ川柳の下の句を当てる「チン×ポン」、芸人がチンポ丸出しでAV女優と行う「フルチン達磨さんが転んだ」など、とにかく知性と品性を疑うお下劣な企画の目白押しで、世界の巨匠、北野武ともあろう人間が何をやっているんだ、と同じ日本人として悲しくなり、私は終始眉をひそめながら最初から最後まで食い入るように観ていた。

 このような低俗番組を皆が楽しんでみるような世の中じゃ、日本は終わりだな、と杞憂に明け暮れながら、マンコに30%の濃さのグラデーショントーンを貼り続ける大晦日であった。

02d27336.jpg



 私のよく見る番組に、東京MXテレビで毎日5時にやっている「5時に夢中」という番組がある。

よその局がその時間帯こぞってニュースをやっているときに、オナニーやセックスなどのシモネタ話満載の深夜ラジオのようなノリで世相を切っていくお下劣情報番組である。

1月4日の放送で、日刊ゲンダイに「正月番組がくだらなくてつまらなすぎる」という記事が載ったことについて視聴者にアンケートをとったところ、じつに8割形の視聴者が「年末年始の番組がつまらない」と回答していた。

 私はアンケートをみて思わずにはいられなかった・・・「正月の4日から「5時に夢中」みてるようなヤツがどの面下げてぬかしてるんだ? そもそも日刊ゲンダイみてーなゴミ以下のくだらないカストリ紙がどの面下げて言ってんだ?」・・・・・と。

0ea2e3dc.jpg



 そして、自らを省みて、いたく反省した。「フルチンだるまさんが転んだ」を「くだらねぇw」といいながら、なんだかんだで私は大笑いしていた。私はくだらないモノを観て大笑いできる実にくだらない存在なのである。

 ギャグマンガやお笑い番組を観てる人間というのは大抵「くっだらねぇwwww」とか「馬鹿すぎるww」とか言いながら笑ってるのだ。
  大学教授をやってるうちのお父上も、上京して私に家に泊まるたびに、私のバイブルであるギャグマンガ「一髪危機娘」を本棚から取り出してきて「よくこんなくっだらないこと思いつくなwww」とかいいながら毎回飽きもせず読んでいる。




 本当に誰しもが「正月のくだらないバラエティなんてつまらない」と思ってマジメ番組しか見てないんだったら、視聴率をとることに命をかける民放はとっくにマジメ番組ばかり作ってるはずなわけで、現実がその真逆だということは、なんだかんだ「つまんねー」とか「くだらん」とかいいながら皆正月にお笑い番組を見てるわけだ。

  にもかかわらず人間というものは、くだらないモノを見て笑うくだらない自分というものを認めたくないらしく、だから「5時に夢中」なんてくだらない番組を正月の4日から観てるような人間が、こぞって「正月のバラエティ番組なんてつまらない」などと言い出す訳の分からない事態になるのだろう。

 よくよく考えると、面白いものっていうのは大抵の場合『くだらないモノ』であることが多いのだ。

 くだらないから肩の力抜いて気楽な気分で笑えるわけで、常に意義のあるモノだけを追求していたら肩がこって仕方がない。

 「くだらねーw」とか「馬鹿じゃねーのw」などと言われながらも人をゲラゲラ笑わせられる番組だったり漫画だったりというのは、本当にくだらない馬鹿な人間にはつくれないのだ。

 そんなわけで私も、人から笑ってもらえるようなくだらなくて馬鹿みたいな漫画やブログを書ける人間になりたい、と新年から決意を新たにするのであった。

35db988b.jpg


↑でもって現在じっさいに、くだらなくて馬鹿馬鹿しい麻雀漫画を描いてる最中である。
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ