E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2012年02月

真面目な話2012.02.19

本が売れないのはオマエのせいだ! 連載漫画家同士がツイッターで7時間バトル(J-CASTニュース)

http://www.j-cast.com/2012/02/16122472.html?p=all

先日、このようなニュースを発見した。記事を引用しよう

双葉社の青年マンガ雑誌「コミックハイ!」に連載中の漫画家・結城焔さんがツイッターで、「コミックハイ!」を置く書店が少ないのは「あざといエロ作品」の連載をしている漫画家がいるからで、この一人のせいで他の作家がとばっちりを受けている、などと呟いた。

すると同じく同誌に連載中の私屋カヲルさんが「ツィートは私のことでしょうか?」とリツィートしたため、ツイッター上で2人の激しいバトルが展開されることになった。

「事件」が起こったのは2012年2月15日。「コミックハイ!」で、日本神話の世界からロリっ子が現代に降りてくるラブコメ「幸魂~さくや伝~」を連載中の結城さんが、「コミックハイ!」は読者が少ないから心が折れそうになるなどとツイッターで呟いた。置く書店が少ないのは、あざといエロで読者を集める作品のせいだとの内情を知ってしまったとし、

「一人だけ悪目立ちして自作品売れるかもしれないけど、他の作家が軒並みとばっちり受けるから本当あんまよくないと思う。ひとりのために台無しになる」
「自分が売れりゃあいいんだろうなぁ」

となど批判した。

その約9時間後に「コミックハイ!」で人気マンガ「こどものじかん」を連載中の私屋さんが、

「コミックハイ!についてのツィートは私のことでしょうか?」

とリツィートし、激しいバトルに突入した。

「こじか」は2005年に連載がスタートし07年にはテレビアニメ化もされ、続編もOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)で発売されている。元気な小学生の美少女「九重りん」が主人公で、小学生の日常と、担任の男性教諭に果敢にアタックする姿が描かれている。性を連想させる際どいシーンも多い。
「同じ雑誌に載っている作家さんに作風を指示されても困る」

結城さんは私屋さんに対し、「コミックハイ!」はエロいから置かない方針だと書店関係者から聞いた、と書いた。さらに、私屋さんの作風にも触れ、売るためならばやり過ぎと思われるエロ表現も上等と考えているのでは、とし

「注意深くラインを守ってるって事は常にグレーゾーン渡り歩く作戦なさってるってことですか!?安全地帯行こうとかの発想はないのですかね?」

と質問した。

私屋さんは、自分の作品は出版社の担当者と打ち合わせの上で描いているものであり、東京都が10年に改正した青少年保護育成条例にも抵触してはいないと反論、

「同じ雑誌に載っている作家さんに作風を指示されても困る」

などと返した。
東京都の青少年保護条例改正が根底にある

この論争は7時間以上続いたが、やり取りを読んだ人から結城さんに対し、「売れない漫画家が嫉妬しているようで見苦しい」などといった意見が寄せられ、終結した。でも結城さんは、

「真面目に少年まんが描いてるのに、エロい作品があるから雑誌読んでもらえないのは残念って言う感情がそんなに非常識ですかね?」

と考えを曲げなかった。(以下略)


7f4ba700.jpg



 またツイッターなる馬鹿発見器に引っかかったアホが出てきた、とせせら笑うのは簡単だが、どうやらネット上でそれなりに賛否を2分する論争になってるっぽいので、私も底辺ながら表現者の端くれとして自分なりの意見を書きたいと思う。

 言い忘れていた、私の名前は天馬ふぇみお、売るためならあざといエロ表現もグレーゾーンも上等な、だけどいまだに売れてない悲しきE-ロマン画家である

 今回は業界関係者以外は・・・いや、むしろ業界関係者も含めて、読んでも詮無き話題なので、チンポマンコの話を期待する人はそのままウィンドウを閉じていただきたい。


<真面目な話 >
 私はこのお二人の先生の作品はどちらも読んだことないのだが、ツイッターのやり取りを見る限り、噛み付いた結城焔氏と、それを支持してる方々の論旨はナンセンスこの上ない気がする。

 結城焔氏のおっしゃっている「あざといエロ作品が載ってるせいで雑誌が書店に置かれなくなって、おかげで雑誌で描いてるほかの作家が売れなくて迷惑してる」という指摘は、編集に言うべきものであるから、作家を個人攻撃する時点で最初から論理的にスジが通ってないのだが、そもそも本当に、一つのエロ作品のせいで雑誌の部数が大幅に減ってしまうっていうのなら、編集部だって馬鹿じゃないのだからどうにかしようとするだろうし、それでもエロイ方向性を編集が支持してるというなら、雑誌の部数減を補って余りある利益をその作品が生み出してるからだろう。

 いずれにしろ、片っ方は漫画家として結果を出し、片っ方は出せなくて僻んだ・・・客観的にみればそれだけの問題である。


 エロやりたいならエロ雑誌でやれ、という意見もまったくの的外れで、一般誌のエロ、コンビニ売りの緩いエロ漫画雑誌、18禁の成年マーク付エロマンガ雑誌は、それぞれまったくの別物なのだ。成年マーク付の雑誌は一般書店には置けない過激な雑誌で明確に他と区分されてるが、、それ以外にも例えば一般誌の中でも少年誌と青年誌と中年誌で、それぞれここまでならやっていいという暗黙のルールがあり、そのそれぞれの土俵の中で作家によってはギリギリなラインを狙って漫画を描き、やりすぎなようなら編集さんが軌道修正させる。

 当然、各雑誌の読者層によってニーズは違うから、ちょっと過激な普通の漫画を18禁の成年マーク付雑誌に載せても人気が出るわけないし、逆にエロイだけの18禁向け作品を表現だけ緩めて一般誌に載せてもやはり売れないだろう。

 「こどものじかん」は読んだことないが、表現的にギリギリ大丈夫なところを見極めたうえで、、コミックハイの読者層にうけるようなちょうどいい塩梅のエロ作品を描いたからおそらく売れてるのだ。

 一般誌でエロ描きゃそりゃ売れるよ、なんて声もあるがそれも大間違いで、例えばコンビニ売りのユル系エロ雑誌やマイナーな一般誌のお色気モノの大半は、現実問題悲しいくらい売れてない。そりゃそうだ、流通網の発達したこの時代、エロが見たけりゃ読者だって成年マーク付の過激なエロ漫画を真っ先に買うだろう。わざわざ中途半端なエロ目当てで漫画を買うなんて、よほど他に魅力がなければないことなのだ。

 で、この漫画家同士のツイッター上のしがない喧嘩がここまで物議をかもしてしまった理由はというと、やはり「都条例」とか『エロマンガ規制』とか『表現の自由』とかのそっち方面の話にいってしまったからだと思うので、最後にこれについて述べたいと思う。

 「グレーゾーンギリギリアウトな過激な漫画があるせいで規制がきびしくなるからよくない」とか「むしろこんな漫画規制してしまえ」とか言う話はよくきくし、その話題になると賛成派と反対派がバチバチ火花をちらすようになってしまうのだが、私としてはハッキリ言ってどうでもいい問題だったりする。

 エロに限らず暴力表現、シモネタ、差別的表現、色々な部分でその市場ごとのグレーゾーンがあり、作家はその限られた土俵内でギリギリの表現を試行錯誤する。

 コンビニ売りのエロ雑誌は結合部をハッキリ書くことはできないし、一般青年誌だと陰毛描くのがNG、少年誌では乳首だすのすらNGだが、それでも色気漫画は載っていて、それぞれの表現規制に引っかからない範囲でエロさをだせるようにするのが作家の腕の見せ所だ。

 ときにいきすぎて、それが原因で規制されてしまったとしてもそれは別にいいと思うのだ。

 私は、規制する側の理由が単に「エロとかロリとか気持ち悪いから」だっていうのが気に入らないだけで、表現規制自体が悪いとは思わない。
 作家はそれぞれの限られた土俵のなかで勝負をするのだが、その土俵が狭くなったらまたその中でアウトにならないギリギリを探ればいいし、そこが作家の腕の見せ所で、それがあるから表現の工夫が生まれる。そしてまた誰かが土俵を踏み外したら規制が入り、作家は新しい土俵に適応しようとする。
 今まで何度も繰り返されてきたことだし、これからも繰り返されるだろう。それでいいと思うのだ。

 規制されないようになるべく土俵の真ん中の安全地帯を歩け、というのもナンセンスな話で、全ての漫画が毒のない健全漫画ばかりだったらつまらないことこの上ないし、そもそも日本の漫画文化はここまで発展しなかったろう。エロに限らず暴力表現やその他のデリケートな問題にも少しずつ切り込む形で、ただの子供の娯楽だった漫画という文化がここまで多様化したと思うのだ。


 長々と真面目に持論を述べてしまったが、そもそも漫画家ってのは漫画だけ描いてりゃいい訳でその作家の漫画論なんて読者的にはどーでも話である。私のこのブログにしてもそうだし、件の作家さんたちのツイッターバトルにしてもそうだ。

 総評すると、言っても仕方のないことならいわねー方がいいな、というこれに尽きる気がする。

というわけで、次からはまたオナニーやチンポの話など、読者がもっと興味をもってくれるような話をしよう。

緊急近況報告2012.02.9

私の名前は天馬ふぇみお、今回は緊急なので前振りは省くが、とにかくE-ロマン画家である。

さて、以前近代麻雀誌から依頼が来て原稿をあげたので雑誌発売のときに改めて取り上げよう、と書いたのだが・・・・・・とっくにでてましたΣ(゜Д゜;)

22649f6c.jpg


 ずっと月刊誌だと思ってたので2月15日発売かと思ったらどうやら隔週誌だったらしい。

 普通こういうのって雑誌発売前に告知して購入を促すものだと思うのだが、もう発売から一週間以上経過。ブログのコメントで「近麻の読みきりおもしろかったです」と書いてくださった方がいて初めて私も知った次第で、普通は出版社のほうから献本が送られてくるはずなのだが忘れてたらしい。

 教えてくださったクリトリスさん、ありがとうございますm(_ _)m

 内容を紹介したいところなのだが何しろ私の手元に雑誌が無いので、ネット検索で見つけた私の漫画を紹介してくださっているブログから飲尿・・・いや引用させていただこう

 1コマ見れば察せられるだろうが、竹書房の公式HPに「近代麻雀史上もっとも下品な戦いが始まる」という紹介文が載ってる通りの、雑誌の伝統と気品を吹き飛ばすお下劣な漫画である↓ 

残念なイケメンエロ漫画家・天馬ふぇみおがなぜか近代麻雀に降臨
http://blog.livedoor.jp/inoken_the_world/archives/51940351.html
a716c459.jpg


 麻雀は基本的なルールをしってるくらいでとても麻雀の土俵で勝負しても他の作家さんに勝てるわけないし、編集さんもこのブログ経由で仕事を依頼するくらいなのでシモネタやエロ要素を期待してるんだろうと思い、私が考えたのは「脱衣麻雀」というありふれた設定であった。

 そして、イーピンに縦線入れたらマンコになるな、というたったワンアイデアからネタをつくっていき、細かい手牌進行などは、編集さんのお知恵を借りて完成したのが12ページ読みきり「脱衣黙示録 NAKED」である。

 ちなみに頭の「脱衣黙示録」というのは私が考えたのではなく、編集さんが気を利かせてつけてくれたものらしい。もちろん福本先生の名作「賭博黙示録 カイジ」とは何のかかわりもない。

 ところでこのブログの人、「イケメンエロ漫画家」とはうれしい紹介の仕方をしてくれてるではないか。ひょっとして俺、世間でイケメンって思われてんのか?と思って「残念なイケメンエロ漫画家 ふぇみお」でグーグル検索するというなんとも恥ずかしい行いをしてみたところ、出てきたのはやっぱり2chのホモスレッドばかりだった


88dc9a37.jpg


 ちなみにネットの評判では、「最低」というお褒め言葉をいただいてるようである。一生懸命描いた身としては嬉しい。近代麻雀誌は20年以上の伝統のある雑誌であるが、後にも先にも誌面にこれだけマンコのマークが並ぶことはないであろう。

 イーピンに縦線入れたらマンコになる、という発想オンリーでできあがったこの「脱衣黙示録NAKED」であるが、当初はイーピンってアナルにさわり心地が似てるよな、という発想でネタを作る予定でいたので、せっかく編集さんが"脱衣黙示録"などとかっこいい枕詞をいれてくれたわけだし、次回仕事が回ってきたときは「脱衣黙示録 キレジ」でお送りしようと思う
 
 ていうか・・・多分2度と依頼こねーよΣ(゜Д゜;)!!

近況報告2012.02.07

 私の名前は天馬ふぇみお、最近シモネタやなにやらいろんなものに飽き飽きしているアンニュイなE-ロマン画家である。

 シモネタに飽き飽きしているのでブログの更新もする気が起きなかった。不特定多数の人が見る場で毎回毎回チンポだオナニーだと下品な言葉を並べ立てることに何の意味があるんだ、と虚しくなり、ついブログの更新が遅れてしまった。

 ではその間何をしていたのかというと、そう、オナニーである


《身辺整理》

 人生に飽き飽きしていたので、もうこの世からドロップアウトしよう・・・・・とは思っていないが、身の回りのものを色々処分することにした。

 着なくなった服を捨て、壊れたまま置きっぱになってたパソコンをリサイクルに出し、ついでにアナル処女と童貞も捨ててしまおうと思ったのだが、アナルを捧げてもいいと思うような京本正樹似のお兄さんも周りにいなければ、童貞を奪ってくれる桜樹ルイ似の年上のお姉さんもいないし、なぜか私の周りにはエロゲーの世界のような2階の窓伝いに部屋に忍び込んで朝起こしに来てくれるおてんばな幼馴染の少女もいないので、しかたないからアナル処女と童貞はまだばらくはとっておこう。

4582b606.jpg

世間でイケメンの代表が江口洋介から福山雅治からキムタクへとコロコロ変遷する中、私の中でイケメンはずっとかわらずこのお方なのである。最近変態役が板についてるけど


 アナルの処女はとっておくかわりに、アナル以上に私の宝物だったバイクを捨てることにした。

 そう、私はバイク乗りだったのである。かつてスピードだけが私の青春で、時速40キロの風になって湾岸を疾走したのも良き思い出だった。

 精子を・・・いや生死をともにした相方といってもいいSUZUKIのストリートマジックを廃車にするのは辛いが、なにしろここ5年ハンドルを握ることもエンジンをふかしたこともなくもっぱら自らの肉棒を握り精子をふかすことしかしておらず、野良猫用のご飯を置くときに、周囲から見えづらいようにするための障害物としてしか活用していなかった。

40e431fd.jpg


 さらにココ2年はなじみの野良猫がみないなくなってしまったので、ご飯をあげることもなくなってしまった。こうなるとただただ純粋に障害物でしかないので、軽自動車税や任意保険を払い続けるのも馬鹿らしいし、廃車にすることにした次第である。

 最近は15キロ圏内ならちゃりんこで行くことが多い。バイクは、というか原付はまったくと言っていいほど乗らなくなってしまったのだが、それはなぜかというと乗るたびに警察に捕まって金を毟り取られることに辟易していたからである。原付バイクというのは白バイにとって一番難癖つけやすい乗り物なのでいつも狙われる。そんなわけですっかり乗るのが怖くなってしまったのだ。

 ちなみに、PCの中も整理していたら、昔作った『毒電波』というHPのデータが出てきた。

 若かりし日のとんがってた私が「うすのろな世間にたいして宣戦布告、猛毒注入してやるぜ!」とばかりにつくった過激HPなのだが、その中に白バイと交通警察をくそみそにこき下ろす文章があったので、次回はその文章をご紹介しよう。

dc1b4252.jpg



最初に言っておくが、あの頃の私は若かった・・・・
<続>
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ