E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2012年12月

エロ漫画家は上下から体液出しまくる・・・

私の名前は天馬ふぇみお、心も体も精力も虚弱なE-ロマン画家である。

 今年はアトピー、インフルエンザ、疥癬・・・・等と病気がちの私だったが、極めつけに、師走のさなかノロにも感染した。
 生の貝を食べたことも、生の女の股間の赤貝を舐めまくったこともないのに、どこでウィルスをもらってきたのか皆目不明だ。

 とにかく、その体験を通して、日本の医療というものについて深く考えさせられた。

《ノロ感染》

 ある日腹いっぱいチゲ鍋を食べたあと、夜中に急に苦しくなって吐きまくり、そのあとは水飲んでは吐いてを繰り返し、さらに下痢も加わる。

 上の口から、下の口から・・・口から肛門から、ズッコンバッコン体液が放出されて、すごいことになっていた。
 
朝には顔がやつれて土気色になっていた。

 「へへ、体は正直だな」って感じである・・・こんなベタなセリフ、エロ漫画ですら滅多に見ないけど。

anaru31
↑ちなみにこの絵に特に意味はない

 
 近くの寂れた診療所に行くと、いつでもトイレに駆け込める場所に座って、順番を待っていた。

 人が少ないはずなのに、なかなか順番が回ってこない。何故かあとから来た奴がどんどん私より先に診察室に呼ばれていく。
 今考えると、彼らは先に診察券だけ出して、時間まで散歩したりしてたのだろう。

 病気で辛いのは自分だけではないのだから、こればかりは仕方がない。

 とにかく、死にそうになりながら順番を待ってたのだがいつまで経っても診察されない。
 看護婦さんも心配して、時間までベッドで休むか?と言ってくれたが、ベッドで脱糞したら嫌なので、トイレのそばでずっとうずくまっていた。

 1時間くらいしてようやく診察され、脱水症状を起こしてるからと、即点滴を打つことになった。

 2時間くらいベッドに寝かされていたのだが、その間、他のの患者さんとお医者さんのやりとりが聞こえてくる

「昨日ラーメン食べたんですよ、先生」
「高血圧なんだからダメでしょ。スープも全部飲んだの?」
「スープ半分位・・・いや、3分の2くらい。」
「じゃあ、これからスープは飲まないで。」
「俺もう65だし別にいつ死んだってさぁ・・・」
「そんなこと言わないの。お孫さん悲しむよ」
「孫も全然会いに来てくんねーしさ、別にいいんだよ、長生きなんてせんでも」

・・・・こんな感じのどーでもいいやり取りが延々と続くのだった・・・・

つーか・・・・・公民館で愚痴ってろやボケェΣ(゜Д゜;)!!!

そもそも長生きする気ないなら病院来るなよ・・・・(´・ω・`)


 地元の寂れた診療所なので、利用するのは近所の老人が殆どなのだが、急を要する病気や怪我で来た、というような人は一握りで、大半は愚痴や世間話しに来てるようだった。
 待ってる間、辛いのは自分だけじゃないんだから仕方ない、と思っていたが、・・・真実を知って愕然としてしまった。

 俺はこんな連中の無駄なやり取りのために、脱水症状で死にそうな中で1時間も待ったんかぃΣ(゜Д゜;)!!!!


 しかもこの医者を活用した無駄極まりない有料雑談、9割は保険で賄われてるのだ・・・高齢者の医療費負担を増やすべきなんじゃねーかと真面目に思った次第である。


 ちなみに、ノロにかかって口から肛門から、体液という体液を出しまくった私であるが、普段黄金水から白濁液まで体液出しまくっている私のオチンチンからは逆に一切体液は出なかった。

 脱水状態でおしっこが出ない上に、オナニーする気力なんて4日ほどは全く沸かなかった
↓その無念の産物か、体を拭いたあと床に投げたおしぼりが偶然こんな感じになっていた・・・
121229_224313

エロ漫画家は規制と聞いたら黙っておかない

私の名前は天馬ふぇみお、股間のマグナムはいつでも暴発寸前なE-ロマン画家である。

 NRAが、アメリカで26人の幼児が銃乱射で殺された事件に絡み、声明を発した。

 曰く、「暴力的なゲームこそを規制すべきだ」とか抜かしやがったらしい。

 NRAとは「生で 乱交 アリじゃね?」の略で、股間の銃から精子を発射することに命を懸ける変態集団だが、実は『全米ライフル協会』という裏の顔も持っている。股間のみならず実物の銃を乱射することにも命を懸ける、どのみちクズな集団である

 《エロ漫画家は規制と聞いたら黙っておかない》

 事件が起きるたびにポルノやゲームに責任転嫁されるのは万国共通らしく、エロ漫画家はまるで犯罪者育成業者のような扱いである。
 かつて、何度かエロ漫画が社会の病巣のごとく、弾圧の憂き目にあった。『遊人の乱』とか『都条例の乱』とか、洒落にならない弾圧が本当にあったのだ。

 自己弁護するわけではないが、エロ漫画に没頭した奴がすぐ性犯罪を起こす、なんてのは、そもそもほとんど漫画やゲームをやったことない奴の発想だと思う。

 なぜなら、日本の高度にディフォルメされた萌絵に慣れちまった人間にとって、生身の女というのは、同じ括りでもチワワとドーベルマンくらいの差があるのだ。

32135_1
これで発情しまくってる童貞男が・・・・

300x

いきなり↑これで発情して、よし強姦しよう、なんて思うはずがない。
もちろん私だって欲情はしない。これが仲間由紀恵さんだったら鬼神のごとく欲情するけど。


 生身の女は、簡単に体を許してくれないし、簡単に感じてくれもしないし、漫画の中の女の子のように耳障りのいい言葉だけ投げてくれるわけでもなく、時に心を打ち砕くような事を平気で言う。

 漫画の中ではどんなタカピシャ女も平気で陵辱しまくる私であるが、現実世界の繁華街でギャルとかに出くわすと、視線をそらして丸くなってやり過ごすしか出来ないチキン野郎である。

 渋谷のギャルとか女子高生なんて、私にとっては「鬼」や「なまはげ」くらいに恐ろしい存在なのだ。

 漫画やゲームで欲情を高め、シミュレーションしたところで、そこから生身の女にターゲットを変えるのは、仮免とっていきなりF1に挑戦するくらいのハードルなのだと分かっていただけただろうか。

 同じように、ゲームの中でどれだけナイフやバットと振り回して人を殺せても、現実にナイフやバットで人を殺せる奴はそうそういない。

 生暖かい血がドバドバ流れて返り血で染まったり、頭蓋骨が砕けて脳が潰れる感触が直に伝わってきたり・・・実際に人を殺すにはゲームでは再現しようのない生々しさがつきまとう。
 そのハードルを越えて平気で人を刺せる奴は、ゲーム云々関係なく、元からよほど頭のおかしい奴だろう。


 ただし、銃は違う。

 ゲームの中でも現実でも、銃で人を殺すのにあまり生々しさは感じる畏れはない。

 引き金を引けば、遠く離れた所で人が倒れる・・・それだけだ。

 アメリカで銃犯罪が多発するのは、ゲームのせいというよりも、生々しさを感じることなくゲーム感覚で平気で人を殺せてしまう『銃』そのものの恐ろしさに尽きると思う。

 ならば、銃の流通や所持を規制しない限り銃犯罪は減らないだろう。ただし、秀吉の刀狩のように徹底的に強権発動して取り締まらない限りは効果ないから、アメリカで銃犯罪が減ることはこれからもないだろう。

 私は安全な日本に生まれて本当によかった。

 私の名前は天馬ふぇみお、今日も股間の銃を空打ちし、何千万のミクロの命を奪い続けるオナニーガンマンE-ロマン画家である。

エロ漫画家、アレをかいてアソコに挿入する

私の名前は天馬ふぇみお、逆「人気絶頂」のE-ロマン画家である。人気どん底って表現もしっくりこないので、逆「人気絶頂」という言葉を使ってみた。
 おかげで師走だというのにテンションは逆オーガズム状態である。

 しかしそんな時でも年末には、チンポを掻く以外にもアレをかかねばならない
そして赤い色をしたアソコの穴にズコンと挿入しなければならない。

 
何の話か説明するまでもないだろう、年賀状の話である。

《年賀状》

 年賀状なんてくだらない、という輩は結構多い。かくいう私もそうだった。

 小学校の頃、私は人気者だった・・・・と自分では思っていた。

 可愛らしい顔をしている上に、チンチンを見せる、という高等な芸を使いこなせる自分を皆が愛おしく思ってる、と思っていた。

 あんなものわざわざ書かなきゃ維持できない人間関係なら、捨てちまえばいい。年賀状なんて、人から愛されない負け犬が人間関係を繋ぎとめるためにする苦肉の策なのだ。

 だから年賀状なんて出さないし、来ても返さなかった。

 中学に入るころには、自分がたいして人気があるわけではないことにようやく気付いた。

 その頃にはチンチンを見せる芸を使えなくなっていたことが大きな原因かもしれない

 皆が私と繋がりたがっていると思っていたが、そんなことはなかった。あまり会わなくなった友達とはどんどん疎遠になっていく。会わなくなれば友情は薄れ、そのうち連絡をとるきっかけすらなくなり、ただの知り合いという名の他人になっていく。

 それに気付いてからは、マメに年賀状を出すようになった。もうろくに会わなくなって、ともすれば連絡先すら分からなくなったかもしれない友達でも、年賀状一枚で首の皮一枚関係を繋いでられる・・・すばらしいシステムではないか。

 そして今はアラフォーになり、漫画家という、人気のなさを噛み締めざるをえない職についた引きこもりの私は、せめて私的な人間関係くらいは守ろうと、御世話になった人と、前の年に年賀状をくれた人には必ず出すようにしている次第である。

 ちなみに、最近年賀状をメールで済ます人が結構いるが、あれは駄目だ。年賀状ってのは前の年に出してくれた人に出すので、メールで出されても1年後には完全に忘れてる。首の皮一枚関係を維持する、という目的のためにはハガキという”実体”が必要なのだ。

 そんな訳で、年賀状の出される枚数が全国的に減ってるらしいが、ネット上で「年賀状?んなもんうぜーだけだよw」とか昔の自分のようなことを言ってる奴をたまに見かけると、すげーこっぱずかしい気分になるのである
10628027

 そしてそれ以上に、昔自分の書いた年賀状を見るとすげーこっぱずかしい気分になるΣ(゜Д゜;)

たまにはエロ漫画家が仕事のことを語ろう

私の名前は天馬ふぇみお、締め切り前には毎回親が危篤になるという、呪われたE-ロマン画家である。

 もちろん、親は遠く離れた兵庫県に住んでいるので、本当に危篤かどうかはわからないが、親と子の強い絆によって、ビビっと異変を感じるのだ・・・ちょうどジョセフの念写をエジプトにいながら気付くディオのように。

 仕方ないので、編集さんには『どうも親が危篤らしくて・・・もう少し待ってください。』と言って締め切りを遅らせてもらう。親が危篤かもしれないのだから、締め切りを多少やぶってしまうくらいは許してもらうしかない。

 あと最近では、締切り前になるとネットの調子が悪くなるようだ。

 今はPCで仕上げた原稿をネットを使ってアップロードするのだが、どういうわけだか締切りのときに限って、ネットがうまく繋がらなくなるのだ。

 仕方ないので編集さんに「すいません。原稿は描き終えたんですけどアップロードが出来なくて・・・少し待ってください」と、必死にベタを塗りながら状況を説明する、というのが私の毎回の仕事ぶりである。



 《エロ漫画家のお仕事その1》


 そんな仕事熱心な私だが、エロ漫画家の仕事には色々なものがある。

 例えば、購買層である男性読者の気持ちを理解するためにしたくもないオナニーをする以前オナニーのあと金玉に激痛が走ったことがあったが、それでも仕事なのだから、やらないわけにはいかないのだ。

 エロ漫画家の立派な仕事である。だから、嫌だが、私は毎日欠かさずやっている。

 それとは別に描写対象である女性の気持ちを少しでも理解するために女装する

 これも立派なエロ漫画家の仕事である。嫌で仕方ないが、ずっと前にヤフオクで頼んだ綾波レイ風のカツラが今更中国から届いたので、被ってみた。
 これも仕事のうちだ、背に腹は代えられない。たまたま家にあったレディースの服も着てみた。メークはめんどいのでしなかった。

 つーかこのウィッグ、全然サンプルとちげーんだけど・・・これだから中国製は┐('~`;)┌

 とりあえずかぶってみた結果・・・・
jososososo

ただのヴィジュアル系のお兄さんにしかならなかった


・・・こんなものは女装とはいえない。プロの仕事として恥ずべきことである。次はちゃんとやろう。



 《エロ漫画家のお仕事その2》


 皆さんは御存じないかもしれないが、エロ漫画家の仕事の中には、エロい原稿を描く、というのも含まれていたりする。本日発売のアクションピザッツDXに原稿が載っている。

 オナニーや女装に比べればツマラナイ仕事であるが、一応これもエロ漫画家の仕事のうちなので、告知しておこう。
pizazz_dx
rabusera


最近携帯コミックやらDMMの電子配信やらの仕事が多くて、紙媒体に描くのは久々だったのだが、やっぱ紙の雑誌っていいなぁ。あと、発売日よく知らないけど今月発売のBREAKMAXという芸能ゴシップ雑誌にも漫画が載ってるはずである。
 

人を馬鹿にするヤツが馬鹿なんだとエロ漫画家は思う

私の名前は天馬ふぇみお、御世話になっていた女性が実は自殺していたことが分かり、軽くED気味なe-ロマン画家である。

 ED気味なのは単に病み上がりなせいかもしれない。一昨昨日までノロウィルスにかかって下痢と嘔吐を繰り返していた。

 最近ブログ更新頻度が高くて、暇なのか?と思われそうだが、実際、衆院選の出馬を土壇場で見送ったおかげで手持ち無沙汰なのである。

 「手島優というおっぱいアイドルが芸人みたいな体を張る仕事が増えて、中傷に苦しみ、引退を考えた」というニュースを見て、思うところがあるのでちょっと書きたい。


 《人を馬鹿にするヤツが馬鹿なのだとエロ漫画家は思う》

 体を張るおっぱいアイドルにしろ、AV女優にしろ、世間の需要に応えた立派な仕事をしてるはずなのだが、世間には馬鹿にするやつが多い。

 お笑い芸人は馬鹿にされてナンボなので、馬鹿のフリして笑いを取れる芸人は逆に尊敬されたりもするが、ことグラビアアイドルやAV女優に関しては「本当はまともな女優やモデル業やりたいけど出来ないから嫌々やってんだろ?負け犬女w」的な中傷をよく見る。

 そういう馬鹿にしてる奴等に一つ言っておきたい。

 「テレビでおっぱいアイドルを馬鹿にしつつ悦に浸ったり、AV女優を蔑みながらオナニーしてる時点で、すでにお前の負けなんだよ、馬~鹿!ヾ(*´▽`*)ノ」・・・・・・と。

 だって向こうは、そういう「惨めなアイドルとかを蔑んで悦に浸る馬鹿」を悦ばす為に、わざわざ体を張って負け犬キャラ演じてるんだから。


 AVとかでも「元●●がここまで堕ちた(●の中にはレースクイーンとかアイドルとかが入る)」みたいな文句をよく見るが、それは当然そういうのを喜ぶ客が多いからなのだ。

 「レースクイーンとか言っても仕事なくてAV女優になって、落ちぶれてメス豚みたいな扱いされてヨガってるぜ、この負け犬女www」と優越感に浸りながら男はオナニーしてるわけだが、当然ながら、AV観ながらオナニーするしか出来ないモテナイ男と、オナニーさせるために堕ちた女を体を張って演じてる高嶺の花の美女、勝ち負けでいったらどっちが勝ちかは分かるだろう。

 少し考えれば分かることだが、リアルに恵まれた人生送ってるやつは、誰かを見下すことで自分のプライドを保とうなんてしないのだ・・・する必要がないから。

 私は仕事柄、あくまで仕事のために、DMM.comのエロ動画をちょっちゅうダウンロードしてオナニーするのだが、エロ動画のレビューでたまに上から目線の偉そうな書き込みを見つけると、同じオナニストとして痛々しくてたまらない。

26

ayaman2

 ↑このレビュアー、やたらと他の作品のレビューでも『ソープ』という言葉をよく使うのだが、よほどソープに御自身が行きまくっているのだろうか。
 なんにせよ、上の彼女も、『生大好き』なんてペンネームのヤツから下に見られるのはほとほと心外だろう。


 ちなみに私は、手島優さんがめげずに体を張ってがんばる姿に勇気をもらってる口なので、彼女には是非これからも頑張ってもらいたい。私にはオナニーして恩返しすることくらいしか出来ないが。

 エロ漫画家も、「一般誌で描きたいけど無理だからエロ描いてるんだろ?クズ共www」みたいな中傷をよく受けるので、つい共感して記事を書いてしまった。

 その中傷・・・あながち否定はできないんだけどね・゚・(つД`)・゚・


アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ