E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2013年01月

エロ漫画家、教師に同情する

私の名前は天馬ふぇみお、親や教師からの親身な指導を受け、結果、陵辱漫画を描いてチンポと生計を立てているE-ロマン画家である。


《エロ漫画家、教師に同情する》

 私は中学時代、自慢じゃないがそこそこ頭はよかったので、テストの成績は上のほうだったし、授業中に当てられたらちゃんと答えられていたにもかかわらず、内申点は滅茶苦茶悪かった。

 ヤンキーやってるわけでもないのに、教師受けが死ぬほど悪かったのだ。

 中学時代の私は、ワルではないが、エロだった

 友人との朝の挨拶が「俺、昨日シコっちゃった(照)」で始まるような中学生だった。
 童貞の癖に「Gスポットってのは指をこう曲げてこう刺激すんだよ」と指を小刻みに動かしながら説明するような、そんな子だった。

 2年のとき、担任の女のK村先生が無茶苦茶ぶちキレて、
「あんた風俗の呼び込みでもやったらどうなの!?歳なんていくらでも誤魔化せるわよ!!」
と私に叫んだことがあった。

 自分の教え子にそんな指導する教師がいるか?とその時は呆れ果てたが、その8年後、テレクラのフロントのバイトを経てエロ漫画家になってしまっているので、かなり先見の明があった先生なのだろう。

 ちなみに、高校、大学でも私はエロかった。
de702544

大学のサークルの色紙に書いてもらった皆からのメッセージには「お前のシモネタ最高」「シモネタすげー」「シモネタは・・・」「しもねた」・・・見事にシモネタのことしか書かれない。

 おそらくW大英語研究会というアカデミックなサークルにいたにもかかわらず、私の学生時代からシモネタを抜いたら何も残らない・・・そんな学生時代だった。



 さて、長々と何が言いたいかっていうと、教師ってのは大変だな、ってことである。

 自分の学生時代を思い返すとなおさらそう思う。

 私が中学のときは教師に殴られるなんて当たり前で、それが問題になることもないおおらかな時代だった。その当時は「暴力教師!死ね!」と思っていたが、もし今自分が、過去の中坊の自分と向き合ったら、確実に殴り飛ばしてるだろう。

 教師ってのはそんなに大変な職業であるのに、全く割に合わない。

 特に今は、何かあれば頭のおかしいモンスターペアレントに文句言われ、アホガキ殴ったら暴力教師呼ばわりされ、150万のお金欲しさに早期退職したら「責任感のないクズ教師」呼ばわりされるんだから、たまったもんじゃない。

 ただの職業であるにもかかわらず、教師や警官だけは、聖職のような扱いで、好きに風俗いったり羽目はずす事すらはばかられるのだ・・・普通に考えてアホみたいな仕事であり、よく成り手がいるなぁと感心してしまう。


 埼玉県では、来年度から教師の退職金が減額され、年度が変わる前に退職しないと150万円も損をしてしまうということで、任期まで数ヶ月を残して早期退職をする教師が後を絶たず問題になってるわけなのだが、私に言わせりゃそんなの当たり前の話である。

 例えば、普通の会社で「3月いっぱい任期まで勤め上げたら退職金が150万減ります」、と言われたら、誰だってその前に早期退職するだろう。
 逆に収入が150万減るにもかかわらず、「会社や取引先に迷惑かかるから」といって仕事を続ける奴は「骨の髄まで飼いならされた社畜w」と馬鹿にされるのがオチだ。

 なのに、これが教師になると、とたんに「生徒を愛してないクズ教師」扱いされるのだ。
 じゃあ、150万の減額を省みずに任期まで仕事を続けた馬鹿正直な教師が「立派」と尊敬されるかっていうと、「そんなの当たり前ジャン」としかいわれない。

 つくずく教師ってのは割に合わない仕事だと思う。

 教師だったら真面目で当たり前、って扱いだが、エロ漫画家だと、普通にしてるだけで「ものすごい真面目な人」と思ってもらえるのだ。


 私はエロ漫画家でよかったと心から思う。


《エンジェル倶楽部3月号》

 1月30日売りのエンジェル倶楽部3月号にかなり久々に私の漫画が載る。

 エンジェル倶楽部は、私、「天馬ふぇみお」のデビュー誌である。

 別名義でもう少し前にエロ劇画誌でデビューしてはいるのだが、その頃のことは洒落にならない黒歴史なので、大抵のことは笑いのネタにしてしまうこの私ですら、封印してる過去である。
feromonsss

 ちなみに、こちらから頼み込んで、2年ぶりくらいに漫画を載せていただいた訳だが、多分これが最後の作品となるだろう。

エロ漫画家、人の道を踏み外す

私の名前は天馬ふぇみお、人生の獣道を歩き続けるE-ロマン画家である。


《人の道を踏み外しかける》

 私事だが、乾燥肌の私は冬場の保湿ケアは欠かせない。今まで風呂上りに市販のクリームを塗っていたのだが、テレビで馬油がいいと聞き、試しに馬油を全身に塗りたくってみた。

 肌のいいいのかは分からんが、とにかく塗った瞬間に猫が私の体を舐め回しにきた。古来より化け猫は行灯の油を舐めるし、犬はマ●コに塗られたバターを舐める。ならば飼い猫が馬油を舐め回しに来ても不思議はない。
 
 猫が体の油をペロペロ舐めるのを眺めている私の耳元で、ふと悪魔が囁いた。

 『チンコに油塗れば猫がペロペロ舐めてくれるんじゃねーのかい?ふぇみお・・・・』
DVC00093

 悪魔に言われるまでもなく、チンコは乾燥しやすい部位なので馬油をすでにたっぷり塗りこんである。このちんぽを猫の眼前にただ差し出しさえすれば・・・・・・・

 それは底知れぬ危険な誘惑だったが、すんでのところで踏みとどまった。『可愛いメス猫ちゃんチンポペロペロされちゃった∩(´∀`)∩』・・・・言葉にすると素敵だが、実際にそんなことをしたら人間失格な気がしたからだ。

ただでさえ過去に、意図せずしてメスゴリラのような顔の女をオナネタにしてしまったことで人の道を踏み外した私だ。
f4bdb4d0

二度は踏み外せない


踏み外さなくてよかったと思っている。

犬を飼ってる女性も、パンにバターを塗るたびに耳元の悪魔と闘ってるのだろうか・・・?



《TPPについて真面目に語ってみる》

 最低な話をしてしまったので、今度は真面目に時事問題について語りたい。 

 ご存知のとおりTPPとは「チン毛が ぱいぱん」の略であるが、実は環太平洋経済協力協定とかそんな感じの長ったらしい言葉を略したものだという説もあ る。

 うろ覚えだが、ひょっとしたら包茎的だか包括的だかそんな言葉も間に入ったかもしれない。平たく説明すると、チン毛のように邪魔な関税を撤廃して綺麗 さっぱりパイパンな状態で貿易しましょう、という協定だ。

 直接的利害を受ける農業関係者がこれに反対するのはまあ分かるのだが、ネット見てると、「こんなもの日本の産業界にとって意味がない」みたいなどこで仕入れたか不明な論調を展開してる頭の悪い人が結構いるので、ああ・・バカだなぁ、と思ってしまう。

 おっぱいを描く事しか能がない私が政治経済を語っても仕方ないので語らないが、はっきり言えることが一つあって、それは当の経済界が軒並みTPPへの参加を政府に要望してるってことだ。

 その時点で部外者の、経済の素人が「産業界にとって不平等な条件押し付けられるだけでメリットなんて・・・」とか抜かすのがいかに間抜けなこと かは説明するまでもない。私が加藤鷹に「違うんだよ、Gスポットの攻め方はこうするんだよ、ネットに書いてあったもん」と説教するくらいに間抜けなのであ る。

 なぜこんなにもこの問題について私が力説するかというと・・・

手持ちの電機業界の株が上がってくれないと今後の生活が困るからである (´・ω・`)





・・・・現在損失80万・・・・・゚・(つД`)・゚・

どんな美形の男でも・・・×××をする

私の名前は天馬ふぇみお、嘘や綺麗事が大嫌い、聡明にして快活、まるで吹雪のあとに姿を現す太陽のように、温かみに溢れたe-ロマン画家である。

『いつも心に太陽を、そして股間に男根を』
2013年はこれを合言葉に頑張っていきたい。


《どんな美形の男でも・・・×××をする》

 最近よくモバゲーのCMが流れていて鬱陶しいことこの上ないのだが、中でも『別カレ』だの『恋人はSP』だの・・・乙女ゲーのCMがイラついて仕方ない。ちなみにSPとは『スペシャルペニス』の略である。

 判子を押したかのように髪形だけ違う同じ顔の優男が「俺が守ってやる」だの「お前だけを見つめてる」だの歯の浮く台詞抜かすのだ

・・何十年前の少女マンガだΣ(゜Д゜;)と思わずにはいられない。


 そもそも少女マンガに出てくる、女の理想を具現化したような男が私は大嫌いだ。

 ヒロイン以外の女には目もくれず、しかも性欲なんてありません、純粋に愛情だけで女を追いかけてます、みたいな顔してやがる。

 夢見がちな女どもにはっきり断言しておこう・・・

 どんな美少年でも美形でも・・・・オナニーをする!!
comvoltagemonmktsp-5-1

 小池鉄平くんでもキムタクでも例外はない!!!
 もちろん私も例外でなく、ごくたまにはオナニーする・・月に29回くらいは。

 嵐の桜井君でも松潤でもゲームの中の優男でも、人目につかないところではオナニーもおしっこもうんこもおならもするはずだ、所詮私と変わらない汚れた人間なのだから。
 
 この世でウンチもおしっこもオナニーもしないのは仲間由紀恵さんだけなのである。

 リアリティの欠片もない安っぽい擬似恋愛ゲームにうつつを抜かしている女性たちには、もっと現実を見つめて欲しいと切に願う。

 ちなみにそんなリアリティを重んじる私は、「処女が、彼氏でもない同級生と校内で本番やっちゃう」という漫画を描き上げて先ほど入稿したばかりである。
fero

 ちなみに、この手の乙女ゲームというのは外国でも配信されてるらしいのだが、北米版は男の絵ががらりとリアル調に変更されていて話題になってるらしい。
and_283925

 たしかに日本のアニメ絵は国外では受け入れられづらいだろう、市場によって絵柄を変えるのは戦略として当然である。北米版の方がキャラの個性は溢れているが、左端の奴は個性的すぎじゃなかろうか・・・

 ちなみに私も戦略ではないが、気分で絵柄をコロコロ変える。
fwero2

今月は桂●和先生を真似てみた。

エロ漫画も含め無料のモノなどこの世に無い

私の名前は天馬ふぇみお、神戸にある小さなゲーム会社に就職し、一ヶ月で辞めてエロ漫画家に転職した、社会不適応E-ロマン画家である。


《無料のモノなどこの世に無い》


 年末に、10年以上前に辞めた、ゲーム会社時代の友人と久方ぶりに会った。

 彼は会社の同期入社だが、たまたま大学も一緒で、文学部哲学科にいながら「哲学とはセックスできない負け犬の戯言だ」という名言を残した豪の者で、そんな彼が私と仲良くなるのも当然の成り行きであった。

 彼は神戸の会社を半年で辞め、その後スクエア・エニックスに入社し、数年前からはスクエニも辞めてフリーの立場でモバイルゲームをプロデュースしている。

 彼から面白い話を聞いたので書きたい。


 当たり前の話なのだが、この世に無料のモノなんてあるわけない

 が、チンポの毛も生え揃わない小学生ですら分かるはずの常識を、ネットってやつに浸っているとつい忘れてしまいそうになるから恐ろしい。

 何かが無料で存在してるとしても、それは誰かがコストをかけて生み出したモノであって、客に無料で提供される代わりに誰かがコストを肩代わりしてるだけ である。

 ちなみに、世の中には買った漫画をバラバラにして、1枚1枚スキャンして、ネットに無料でアップする(もちろん違法である)ような暇人が相当数いるわけだが、もちろんエロ漫画も無料なわけではなく、相当のコストをかけて作っているのである。
feromon
↑ちょっと桂●和先生風の絵柄に変えてみた

 モバイルゲームというのは、9割の客が無料で遊び、金を落としてくれる客は1割程度が普通らしく、その1割の客からぼったくることで運営が成立してる。

 ユーザーの中には、システムの微調整するたびに「インターフェースが使いづらくなった」とか「接続が遅くなった」とかクレームのメールや電話が来るのだが、やたらと重箱の隅をつつくようなクレームをしてくるユーザーの利用履歴を調べたら、一度も有料サービスを利用したことない奴だった、なんてことがよくあるらしい。


 中には細かなバグを見つけて、「本来バイトを雇ってデバッグするはずのモノを自分が見つけたのだからいくらか金を払え」とか抜かす奴もいるとか・・・ちなみにそいつももちろん無料ユーザーである。

 彼曰く・・・

「モノに対して相応の対価を払うのが現実の世界だが、ネット世界では『存在するだけで価値がある』と普通に思われている」

とのことだ。

 もちろん、そんなのは幻想だ。無料サービスでも利用者が多ければそれだけ広告料などの面でビジネスチャンスが増えるというだけで、実際には、無料の施しにクレームつけるクズにチン毛の毛根ほどの価値もあるはずがない。

 無料でもらったものにケチつけるなんて、現実世界ではキチガイの所業のはずだが、ネットの世界ではそれは当然らしい。

mixi_ashiatocomu
 

 ちなみに無料のゲームを作るために、私の友人は出資者を連日キャバクラで接待したり、並々ならぬコストをかけている。

 この世に無料のものなんてないのだ。

 そんなことは、チンポの毛も生え揃わない小学生ですら分かるはずの常識なのだが、チンポの毛も生え揃わない小学生の頃からネットを利用してる今の若者世代だと、感覚が麻痺してしまってもおかしくないだろうなぁ、と思う。
 どの業界も大変なようである、もちろん漫画家も。

エロ漫画家にも新年はやってくる

nenga2013







アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ