E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

2013年03月

エロ漫画家、陵辱を捨てる

 私の名前は天馬ふぇみお、ココ最近花粉に体を陵辱されまくっている、ひ弱なE-ロマン画家である。

 陵辱系専門のエロ漫画家である、という謳い文句でもともとブログをはじめたものの、めっきり陵辱モノを描かなくなった。

 悠久の時の流れの中で万物は姿を変え、人の心も容易に移ろいゆく・・・・ココ最近人として、漫画家として自分を見つめなおすべく自分の探しの旅に出ていた・・・ネットという広大な情報の大海原へと。

 そして色々考えさせられた次第である。

 今回はそんな心の変化について記していきたい。


《AV女優 AYA》
 いつものように「仕事のために」DMMでエロ動画を検索しているとAYAという女性に目が止まった。
 エキゾチックな顔立ちもさることながら、元小室ファミリーという経歴に心惹かれ、股間からも糸引かれ、早速『芸能人AYA 中出し輪姦ペット』をダウンロードしてティッシュ片手に鑑賞した。

 もちろん、仕事の一環である。

84rmild00652pl


 元小室ファミリーらしい美人女性が、かなりのハードな陵辱プレイをしていて、「こんなにされても感じてんだろ、おラぁ!」とお尻を叩かれ,精子まみれになり「いやいや」と涙ながらに言いつつも、気持ちよさそうにヨガる彼女。 

 私は陵辱モノが好きだが、あくまで「陵辱されてるけど実は気持ちいい」という前提あっての話である。
 ガチのレイプで本気で嫌がってる女性を見たら即刻萎えること間違いない。

 嫌よ嫌よも好きのうち・・・・と思うからこそ凌辱モノを楽しめるわけである。

 「元アイドルの癖に、こんな滅茶苦茶にされて、イヤイヤ言いながらも感じてんのかよ?!このドM淫乱女がヾ(@゜∇゜@)ノ」
 と私の心と股間は盛り上がり、数千万の命の種がティッシュという名の純白のブラックホールに飲み込まれていった。

 ことが済んだあと、まるで賢者のように冷静になった私は、このAYAという女性の素性を詳しく知りたくなった。
 元芸能人が落ちぶれてAV出演、というだけでよく知らないまま興奮していたが、一体どんな女性なのだろう?

ウィキで調べてみた結果・・・・


●1996年、テレビ番組「ASAYAN」に出場。期間限定ユニット「L☆IS」のメンバーとしてCDデビュー。

●ユニット解散後は、主にタレントやレースクイーンなどで活動していた。

●2008年、ヌード写真集発売。
●2009年5月、AYAとして『FIRST IMPRESSION 42』でアイデアポケットよりAVデビュー。
●2009年12月、アナルSEX解禁。
●2010年10月23日 都内の自宅マンションから飛び降り自殺した

活動年表に「アナルsex解禁」という記され方をされるのもどうかと思うが、ショックだったのは、飛び降り自殺されていた、ということである。

 嫌よ嫌よも好きのうち、だと思っていたけど・・・・・本当に嫌だったのかΣ(゜Д゜;)

 もちろん自殺の理由は不明で、AV出演が嫌で自殺したとは限らないわけだが、その事実を知ってしまったからには、もうそのビデオでは抜けなくなってしまった。

 そして凌辱というテーマそのものが負担になってきて、ここ最近はめっきりライトな和姦モノしか描かなくなった次第なのである。

 AV女優というのはどこか軽蔑されがちな職業であるが、それなりのルックスと根性をもった限られた女性にしか出来ない立派な仕事だと私は思っている。
 オナネタにさせてもらいながらこんなこと言うのもなんだが、心からお悔やみを申し上げたいと思う。


 ところで、DMMのエロ動画にはユーザーがレビューをつけられるのだが、その中に心温まるれびゅーがあったので、ここに紹介したい。

ayaman

 「でも自殺なんかしたらいけないよ、知人や家族に迷惑かけるし・・・」と優しく諭したあと、「体の老化は否めないが自称マゾだけあって感じまくってイキまくっています。ラストの連続中出しぶっかけSEXなど・・・・・」と普通に作品の説明を冷静に続けるところがなかなかシュールである。

 そしてレビュアーのペンネームは「就職活動中」

 ・・・・・AVのレビュー書いてる場合か!?と突っ込みながらも彼の就活がうまくいくことを心から願っている次第である。

エロ漫画家、金の話をする

 私の名前は天馬ふぇみお、仕事でもプライベートでも右手ばっかりをせわしなく動かし続けるe-ロマン画家である。
 今回はお金の話をしよう。

 正直お金には円遠い私であるが、同情はしないで欲しい。同情するなら金をくれ。

 あとついでに、「エロ漫画なんて童貞男が妄想で書いてるんでしょ?かわいそw」なんていう女も、同情はいらないからせめておっぱいを触らせて欲しい・・・できれば生で、ダメなら服の上からでもいい。

 何の話だったか・・、そうだ、皆さん大好きなお金の話であった

《確定申告》

 確定申告の季節である。私は金に縁遠いし無頓着な人間なので、年に一回この時期にならないと自分がいくら稼いでいくら使ったのか知ることすらない。

 何しろ、漫画家という職業は社会と接することなく家にこもって仕事をし、原稿描いてすぐ金が貰えるわけではなく、書き上げてから雑誌に載るまで数週間、そこから原稿料が振込まれるまで出版社によって1~3ヶ月くらい開きがある。

 その上、電子書籍化された昔の作品の印税なんかがちまちま入ってきたりするので、毎月の収入がいくらかなんて、把握するのは不可能といっていい。で、家計簿もつけないし通帳記入も滅多に行かないし、自分がどれだけのお金をつかっているのかもこの時期にまとめて計算して初めて知ることになる。

money


 いつも自分の仕事した量で、なんとなく自分これくらいは稼いでるのかな、と感覚的に推し量ってるだが、その感覚でいくと、去年は多分相当収入低いだろうなぁと思っていた。

 何しろ、春先は某メジャー誌の編集さんを紹介されてコンテを描く作業に追われていて、何度か直しを経て60ページにまで膨らんだコンテを書き上げたのだが、見せる前にその編集さんと一切連絡取れなくなって「この60ページのコンテどーすんだよΣ(゜Д゜;)」、なんてこともあった。

 夏場はアトピーになったり節電でエアコン使わなかったりでほとんど仕事をしていなかった。

 年の半分は金になる原稿を描いてない感覚でいたのだが、意外に去年もそれなりに仕事をしていたらしく、予想の倍くらいの収入があった。


  生々しい金の話かよ、いやらしい!と思う方もいるかもしれないが、金は大事である。

 金があれば愛は買えないがセックスは買える。
しかもそこで金をケチると、オプションでもれなく変な病気もついてくる。

 
お金と他人の不幸と女のアソコは蜜の味とよくいうではないか。実際私が味わった女のあそこは蜜どころか、どれも塩っぱい柑橘類の味がしたが、きっとそれは金で買った女のあそこだったからだろう。

 剛力彩芽のもおそらく塩っぱい柑橘系だが、多分仲間由紀恵さんのあそこなら、本当に蜜の味がするのだろう。
300x


 何の話だったか・・・?そうだ、金の話だった。

 金で愛は買えないが、金で愛を示すことはできる。
 私には愛を示す相手は飼い猫2匹くらいしかいないのだが、郵便局に確定申告書を出しにいったらたまたまその日は3月11日だった。

 家でチンコ弄りながらのんびりチンポまんこを描いて、それで人並み程度の金を稼げてるのが世間様に申し訳なかったので、去年の月収の1割程の金を赤十字に寄付し、ついでにキャットフードを買って帰った次第である。


エロ漫画家でもニートにはなりたくない

 私の名前は天馬ふぇみお、ここ最近漫画を全然描いていなくて、漫画家としてのアイデンティティを失いつつあるニートe-ロマン画家・・・いや・・・むしろ漫画を描いてないのだからただのニートである。


《エロ漫画家でもニートにはなりたくない》


 NEETとは、「ねっとりした エロくて 円筒形のものといえば・・・チンポ!」というフレーズの略であり、確かにフロイトの夢診断では円筒形のものが出てくれば全て男性器の象徴とされてしまうので、的を射た言葉といえよう。

 しかしNEETには

not in education, employment or training

 という言葉を略した意味合いでも使われる。つまり、働いたら負けかな?、と思ってるナマケモノのことである。
詳しいことをしりたければ、アンサイクロペディアのニートの項目を参照していただきたい

ニート


 私はエロ漫画家なので、出来れば漫画の仕事以外はしたくない。しかし最近落ち目らしく依頼がとんと来ない。

 漫画の仕事以外で働いたら負けかな?と思っていたのだが、ニートにはなりたくなかったので、仕方なく、鍛え上げたこの体を使って稼ぐことにした。


 肉体労働ってやつである。


 このありふれた単語になぜかエロい響きを感じざるを得ない私は完全に職業病であるが、治療の意味も兼ねて、友達の電気工のつてで、パチンコ屋の改装工事の現場で雑用をしていた。

 近頃ブログを更新していなかったのは肉体労働で忙しかったからなのである。

 肉体労働で久々に経済の流れを体で感じることができた。

 なにしろ今までは、ひたすら家の中で趣味同然のお絵かきをしてるだけだった。

 それがお金に変わるといってもいまいち実感がわかないのだ。入稿して原稿料としてお金が振込まれるまでは数ヶ月かかるし、単行本の印税は忘れかけた頃に入ってくるし、5、6年前に書いた原稿が今更電子書籍化されて雀の涙な印税が入ってくることもある。

 その点肉体労働は単純である。汗水たらして働いたら日給が入ってくる。日給以外の思いがけないボーナスなんてものもない。

 ともかく、肉体労働をすることで、なんとかニートの称号を冠することは避けることができた。

 と思っていた私だが、そもそも最初から勘違いがあったようだ。

 ニートの定義は

「仕事も学業も求職活動もしていない18~34歳までの人間」らしい

・・・去年あたりから私はニートになる資格すら失っていたようだ。

 私の名前は天馬ふぇみお、ニートですらない”何か”である
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ