私の名前は天馬ふぇみお、自分でいうのもなんだが仕事に対しては真面目な勤勉e-ロマン画家であるが、いざここ一番ってところでプレッシャーでお腹がユルくなってしまう軟便e-ロマン画家でもある。

 そんな私は19歳の時、童貞ながら「セックス大辞典」という本を買って初体験の予習をするくらいに勤勉であったが、いざその時が来るとプレッシャーに押しつぶされお腹もチンコの勃ちもユルくなってしまい、あえなく玉砕した暗い過去を持つ。

 アラフォーになった今でも、茶髪でヴィトンのバッグぶら下げたギャルとかヤリマンそうなJKとすれ違うと、「うわ、こいつはくせぇ、童貞以下の匂いがプンプンするぜ!」と彼女らに鼻で笑われてるんじゃないかと被害妄想が膨らむくらいに心の傷を負っており、そのため自分だけは周囲の童貞くんに対して限りなく優しく接してあげようと心に誓っているのだった。
266534979-1442692252_l


≪童貞君たちのその後≫

 たまに練習に行く豪徳寺のテッサイジムには童貞と噂される二人の男がいて、私は彼らに脱童貞して一皮むけた漢になってほしいと願い、漫画の中でだけでもセックスさせてあげることにした、というのは以前書いたと思う。
 電子配信で私が描いてる『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える』の第6話にちょびっと登場させたのだが、その第6話もいつの間にか配信されていた記念に、今回はその二人の男のその後について追跡リサーチしてみることにした

 1人目はワンダー・テッサイジム選手。最近プロデビューした若手キックボクサーである。
wander

 もちろん本名ではなくリングネームであるが、ワンダーというのは意味を調べると『(あてもなく)彷徨う・邪道に踏み迷う』とある。
 女を求めてあてもなく彷徨う
・・・・つまりリングネームがそもそも童貞を意味しているといって過言でない。人の噂はあてにならないとはいえ、こいつぁきっとモノホンの童貞に違いない。
waander

 そしてこのブログを愛読してるということなので、目一杯邪道に踏み迷っている。まさに名は体を表すである。

 しかし世の中には漫画にしやすい顔としづらい顔があり、彼は漫画にしやすそうな顔かと思っていたが描いてみたら意外と漫画的なディフォルメが難しかった。無理やり彼の顔だけリアル調に描いてみたがほかのキャラに比べ違和感バリバリで、いまいち似せきれなかった。
 そのせいか漫画の中で童貞捨てさせてもいまいちご利益は薄かったようだ。

 この第6話目を描いた直後、彼はREBELSという興業に出場した。

wonderrr
 2回もダウンを奪い誰もが勝利を確信していたが、途中で右肩が脱臼してしまい、あえなくドクターストップでTKO負けとなった。
 ちなみにTKOというのは、誰もがチ ン コの略と勘違いしてそうだが、正しくはテクニカルノックアウトの略である。

 試合後、右肩に痛々しく包帯を巻き、「しばらくは左手でオナニーしなきゃなりません・・・サウスポーデビューっす(∀`*ゞ)」と彼は照れ笑いを浮かべた。
 人の噂などあてにはならないとはいえ、彼が童貞だという噂に間違いはないと私の確信は深まった。

 その二か月後、彼はまたREBELSという興業に出場し、今度は相手と互角の闘いを繰り広げ、これは判定で引き分けかなぁ・・・と誰もが思った終了間際に油断してもろにアゴにパンチをもらいダウンを取られてしまった。このダウンが効いて、結局大差の判定負けとなってしまった。

 その後、アゴが骨折してることが判明し入院することになったが、彼は「入院したら看護婦さんが性欲処理してくれるっていう噂は本当なんすかねぇ(〃´∪`〃)ゞ」と照れ笑いを浮かべるのだった。
 人の噂なんぞあてにはならないとはいえ、彼は童貞に間違いない、と私の中の童貞センサーはハッキリと判定を下すのだった


wandarrrrr

 「漫画の中で脱童貞」効果が薄いのは、漫画の中でいまいち彼のことを似せて描き切れなかった私の力不足が原因かもしれないと責任を痛感する次第である。

 あ、ちなみに奥さんが看護師やってるという友人に聞いてみたところ、両腕骨折で入院したら看護婦さんが代わりに抜いてくれるという噂・・・・100%大嘘らしい┐(´д`)┌

 次回はもう一人の童貞ファイターと童貞チャンピオンの話をしたいと思う

(続)