E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

近況報告2017

エロ漫画家、久々にゲームにハメ・・・ハマる その2

 私の名前は天馬ふぇみお、下らない固定観念でガチガチに縛られた現代社会を嫌悪し、せめてムスコくらいはのびのび自由にブラブラさせてやりたいと思うフリーダムちんぽe-ロマン画家である。

 自由民主主義国家である日本で、人々は社会通念という鎖で雁字搦めにされ不自由に生きている。かくいう私も「ムスコくらいは自由にブラブラさせてやりたい」と書いたが、そのムスコとて厚い包皮に閉じ込められ自由に顔を出すことも出来ずにいる( ノД`)

 やはり何にも縛られず自由に生きるというのはこの国では不可能なのだろうか?
f9eb04eb
某SMバーにて・・・・
 

《自由の大地》

 現実社会に自由がないなら、仮性・・・じゃなくて仮想社会に自由を求めればいいじゃない・・・そんなマリー・アントワネット的な発想で私は当初インターネットの世界に自由を求めた。しかしネットの世界も決して自由ではなく、MIXIに「ドラえもんの映画を観に行ってきた」と写真つきで投稿するだけで削除されるような窮屈な世界であった。
c828e943


 写真を投稿しては理由も分からないまま削除され、の繰り返しでSNSに嫌気がさし、自由を求め次に私が新天地として目を付けたのが『野性的な息遣い(邦題)』というエロティックなTVゲームの世界であった。



 任天堂SWITCHという新発売のゲーム機を激しい予約競争を勝ち抜いてGETし(というかAmazonやヨドバシカメラでは即刻売り切れだったが近所のツタヤ行ったら余裕で買えた)、私は自由な仮想世界への扉を開けた。

 そこに広がるのは、本当に自由の大地であった・・・

 『野性的な息遣い』は裸の少年を操って自由に世界を冒険する、おそらくショタ系のエロゲーのようだった。
IMG_20170319_025616

 現代日本は生まれたままの姿で街を歩けば猥褻罪で捕まってしまう不自由極まりない社会だが、このゲームの舞台であるハイラル王国は裸で自由に野山や街中を駆けずり回っても誰も咎めない。

 しかし自由に裸になれるからと言って、裸なのに女性から何のリアクションもないんじゃ面白くない。やはり女性からは多少は恥じらいの反応が欲しいものだ。その点このゲームはよくできている。裸で近づくとどの女性キャラもそれぞれ個性的な恥じらい方をしてくれるのだ。
livejupiter_1488972958_9304
livejupiter_1488972958_2601

 ウブな女性だと大げさに恥ずかしがりつつも痴的好奇心に抗えずモノをマジマジとみてくれる

 一方アメリカ人っぽい女性だと裸で接しても何も動じずおちゃらけてみせる。

IMG_20170319_024551

 そりゃそうだ、ひょっとしたら偏見なのかもしれないが、自由の国アメリカでは挨拶代わりにキスをして、握手代わりにチンコを握り、友情の確認代わりにセックスをするときく。そんなヤリマン国家の女性が裸の男くらいで動じる訳がない。そんなとこも含めてとてもリアルに細かく作りこんであるのだ。

 こうして私は仮想世界で自由な生活をマンこキツ・・・じゃなくて満喫し、ブログの更新もすっかり忘れてた次第なのである。しかしこのゲームには、私の眠れる性癖すらをも呼び起こすさらなる自由が待っていたのである。

 ゲームに興味ない方には申し訳ないがあと一回だけこの自由世界について書きたいと思う

(続)

エロ漫画家、久々にゲームにハメ・・・ハマる その1

 私の名前は天馬ふぇみお、その昔、知人から「性欲魔人」などと不名誉なレッテルを張られたハメハメハ大王e-ロマン画家である。

 もう15年近く前の話であるが、その知人が家にアポなしで訪ねてきたときに丁度カノジョが家に来ていたので半裸の恰好で「2,3時間後にまた来て」と言って追い返したのだが、3時間後に知人がまた来た時にやっぱり半裸の恰好で「まだ終わってないから(;´Д`)」と再び追い返したことから、『3時間延々とセックスをしてもまだ飽き足らない男』として性欲魔人と呼ばれるようになったのである。
 尤もそれは誤解で、最初に訪ねられた時は確かに半裸状態で私自身もこれからすぐHが出来るもんだと思っていたのだが、なかなかHに持ち込めず、一緒に映画観たりというムード作りのための無駄な時間を2時間以上過ごした後でようやく前戯を始めようという矢先に知人がもう一度訪ねてきたというだけなのだ。

 私も自分が3時間セックスし続けらる絶倫男ならどんなにいいだろうとは思うが、残念ながらその時のHは40分足らずで終わってしまった。何分挿入したかは記憶が定かではないが、30分以上念入りに前戯をした記憶はある。

 さて・・・私は今回何の話をしようとしていたのだったか( ゚д゚;)?

 そうだ、ゲームにハマった話だ。


《ゲームでハメる》

 決して絶倫でもハメハメハ大王でもないが、この私にも人並みに性欲はある。若い頃はそれこそ毎日自家発電に勤しむ原発オナニー野郎であったが、流石に四十路を目前に控えた今では月に28日くらいしか自慰行為をしない
 そんな私が最近、寝食を忘れるくらいに、だけどオナニーは忘れないくらいに、ドハマりしてるテレビゲームがある。「Breath of the WILD野性的な息づかい)」というエロティックなタイトルのゲームである。
sns

 ブログでも過去に何度かテレビゲームの話をしたことはあるが、実は私はそんなヘビーゲーマーではない。基本的にはトイレの中や移動中の電車の中でちまちまゲームボーイなどの携帯ゲームをやる程度のライトゲーマーで、ゲームにドハマりするってことはあまりない。


 そんな私が人生で最初にハマったのは「同級生2」という純情恋愛ゲームであった。
images

 高校時代、生徒会の書記を務めていた私は生徒会室のPCに友達がインスコしてくれた「同級生2」を書記の仕事も忘れて没頭した。
 高校生の主人公が、同級生の女子をデートに誘ったりして関係を深めていくという内容で、優等生の眼鏡っ娘からツンデレバイク娘、ボーイッシュショートカット娘、年下の義妹まで多様な攻略対象がいるのだが、そんな中で当時高校2年で絶賛童貞中の私が狙ったのは「同級生」でもなければ「高校生」ですらない、女教師の片桐美鈴(25歳)と義母で未亡人の美佐子さん(推定40歳)であった。
95a79ed2-s3dede09a

 当時の私はまだ17歳の童貞ながら「小便臭いガキなんて眼中にねぇよ!」と熟女二人に狙いを定めたのだが、その二人はパッケージイラストからもハブられてる辺り、かなり一般ユーザーの嗜好とかけ離れていたらしい。

 ちなみにこのゲームはただの恋愛ゲームではなく、うまく恋愛関係に持ち込むとその先にある当然の帰結であるSEXへと進めるのである。
index

 つーかエンディングでのセックス目当てで必死こいてプレイし続けたと言っても過言でない。
 
童貞少年がゲームという仮想空間内でのこととはいえ、女性とハメハメ出来たあの日の感動は忘れられない。しかもエロゲのHはただエロ画像をみるだけではなく、マウスをクリックすることで乳首やあそこやいろんな部位を弄ることができるというインタラクティブ性を兼ね備えている。
 このゲームはまだ童貞だった私に、前戯の大切さを教えてくれたのだ。

 そんな熟女とゲーム内でHした体験が血となり肉となり、私は現実世界でも32歳のOL相手に筆おろしして、そして今、熟女人妻モノの漫画を描くにいたってるのである。
hyouaasi
絶賛発売中である



 さて・・・私は何の話をしようとしていたのだろうか( ゚д゚;)?

 すまない、ゲームに初めてハマった体験談をしようとして、ゲーム内で初めて女性とハメた体験談を長々と語ってしまった。

 とにかく、エロにはハマってもゲームそのものにハマることは滅多にないこの私がかなり久々にハマったのが「野性的な息づかい(邦題)」というエロティックな匂いのするゲームなのである。詳細については次回述べたいと思う。


(続)

エロ漫画家と10冊目のあれ その3

 私の名前は天馬ふぇみお・・・根っからの正直者で、イキそうになったら誤魔化すこともせず素直にそのままイッてしまうHonestyちんぽe-ロマン画家である。そんな根っからの・・・もとい男根からの正直者な私なので、嘘をつくということができない。

7405450eb59a666dfe378320f9d9f0b5_600
 私のこのブログを、まるでパチスロ雑誌の裏に載ってる開運グッズの広告くらいの信憑性で見てる人もいるようだがそれは間違いだ。このブログに書いてあることは100%混じりけのない真実である・・・そう思って読んでいただきたい。


《御利益厚き本》

   世の中には身に着けるだけで金運がアップするネックレスだの、胡散臭い商品が溢れている。その手の商品は殆どが嘘っぱちであるが、わずかながら本物の御利益をもたらすアイテムも存在する。

 そんな有難いアイテムの一つが、今月初旬に発売された『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』という大人の恋愛漫画である。

 鬼才、天馬ふぇみおが『ガチコミ』という電子雑誌で今も連載している『欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える』・・・これを単行本化したものなのだが、とにかくこの漫画はありがたい御利益があると評判なのである。

 童貞という噂のキックボクサー、K・ジャンジラは嫁とともにこの漫画に実名で登場したのだが、その途端に念願のチャンピオンベルトを手に入れた。
kazuzuzu13103338_834669466639232_7445520757484637305_n


 童貞でヘタレだった格闘技ジムのコーチH氏は、この漫画に描かれた途端にヘタレを返上し、中国の格闘技イベントでチャンピオンと闘うほどの荒ぶる男へと変貌した。
hatake2


 童貞と噂のキックボクサー、W君は、せめて漫画の中でだけでも童貞を捨てさせてあげたいと作中で人妻とHさせてあげたのだが、いまいち漢として一皮むけることはなかった。
wandarrrrrwadasda

 しかし御利益が遅れてやってきたようで、なんと漫画デビュー後しばらくして彼女が出来て、童貞を捨て念願のセックスデビューも果たし、さらにはつい最近、「水曜日のダウンタウン」という番組のドッキリ企画カラオケボックスで先輩に説教くらった後で大塚愛の「さくらんぼ」を歌われたときに「もう一回」と合いの手を入れられるかという企画に出演しテレビデビューも果たしたそうだ。


 もうわかったであろう。それくらい、この『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』は幸運をもたらす有難い漫画なのだ。
 私はこのブログでは一切嘘をつかない。だから信じていい。今月発売のパチスロ誌、競馬誌、麻雀誌の裏には↓このような広告がずらりと掲載されるはずである。
wadadadadadatemptationisland_b

たった1188円でウンコを・・・じゃなくて運気を上げて幸せになれるのだから是が非でもこの漫画を買うべきである。むしろ絶対買えΣ(゚Д゚)!!あとついでに・・・・・夜のオカズにも使えるので一石二鳥なのである。


《女豹伝説 その後》

 私の10冊目の単行本『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』の担当をしてくれたのは、ぶんか社の女豹と呼ばれるI女史である。無事単行本が送られてきたので、お礼のメールを送り、ついでに一言「ブログで勝手にネタにしてしまってすいません(;^ω^)」と謝罪の言葉を付け加えた。
 私はチンコは小さいものの気はもっと小さいので、恨みつらみのメールとか来たらどうしようとドキドキしていたのだが、果たしてI女史からすぐさま返事が届いた。

 その内容は・・・・・・・

『いじってもらってうれしいです(*^_^*)
ふぇみお先生に言葉ぜめされたいです笑』

20081019163719 (2)

 ぶんか社の女性編集I女史・・・彼女が女豹と呼ばれる所以であった・・・・。

 ちなみにこのブログに書いてあることはどれも100%真実なのだが、この女豹伝説についてはマジで120%ガチである

(完)

エロ漫画家と10冊目のあれ その2

 私の名前は天馬ふぇみお、アラフォーでありながらいまだに心と肛門の純潔を保つ、pure肛門e-ロマン画家である。
 昔から性に対して奥手だった私は、恥ずかしながらもうすぐ40歳間近だというのに肛門に性器を突っ込まれたこともなければ、女性の肛門に性器を突っ込んだこともない。

 せいぜい、ドS女から肛門にローターを突っ込まれた経験ビール浣腸された経験くらいしかないウブな私だが、世の中には私と違って普通にアナルセックスもやりまくってる性豪と呼ばれる人たちがいる。その人たち曰く、「マ〇コもア〇ルも慣れれば感触は一緒だよ」ってことらしい。
 だからその手の性豪な方々は突っ込めればどっちの穴でもこだわりはないらしく、二つの穴を一緒くたにして「マンコーモン」と呼んだりするそうだ。


 さて・・・・・私は何を言おうとしてたのだろうか( ゚д゚)?

 そうだ、マンコーモン・・・いや、単行本がもうすぐ出るという話である。
 ・・・すまん、ちょっと話の持って行き方が強引すぎた。反省してるがとにかく話を進めよう。


《続・女豹伝説》

 単行本は出ることとなり、その作業の担当となったのは『ぶんか社の女豹』と呼ばれるI女史であった。

mehyoo

 得意のロリアニメボイスで幾多の荒くれ者の男性作家の牙を抜き、腑抜けに変えてくと噂の女豹であったが、私の単行本作業も案の定のI女史のペースにまんまと乗せられ、タイトルも彼女の独断で『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』に決まってしまった。

 業界随一の亀頭派・・・いやもとい武闘派漫画家のプライドにかけて、私はこのまま女豹に骨抜きにされるわけにはいかなかった。
 表紙や裏表紙に使うイラストは既に入稿済みで、タイトルも決まったのであとは表紙の出来上がりを待つだけであるが、表紙の色見本が出来上がったら、何でもいいから難癖をつけてやろう・・・クレーマーのようなことしたくなかったが、女豹に一矢報いるにはそんなみみっちい抵抗しか私には残されていなかった。

hitodumaha

 早速表紙カバーの色見本が届いたので、色合いが悪いとかタイトルのフォントが気に入らないとか、とりあえず粗を探してクレームをつける気満々で封を開けたところ、一枚の紙片がひらりと落ちた。

 それはファンシーなメモ用紙に女子高生のような丸文字で書かれた女豹直筆のメッセージカードだった・・・。
IMG_20170205_185900

 メッセージカードを見て私が脱力しきったタイミングを見計らったかのようにI女史から電話がかかってきた。

imagessssaaa
「あ、ふぇみお先生お疲れ様ですぅ。
カバーの見本届きましたかぁ?
何か気になる点とかございますかぁ?」


 私は頑として応えてやった。
「まったく・・・問題・・・ない・・・・で・・す」

 ・・・・・・・・これが女豹のやり口であった。

 後日、今度は口絵(表紙を開いた後に出てくる中扉)と目次ページのサンプルも送られてきた。

IMG_20170206_


 やっぱりファンシーなメモ用紙に描かれたファンシーな直筆メッセージが添えられていた。

mehyouuu

 またI女史がアニメ声で「仕上がり問題ありますかぁ?」と訊いてきたきたので私は今度こそ女豹にガツンと言ってやった。
「問題ないです。Iさんの仕事っぷりは最高です!!


・・・・こうして、作家側からダメ出しが一切なかったこともあり、単行本作業はトントン拍子に進んだ。

hyouaasi
本日2月6日に晴れて発売である



とりあえずこれから業界を目指す若い人達にはぜひ知ってほしい。出版業界とは魑魅魍魎の蠢く闇の世界なのだと。

(続)

エロ漫画家と10冊目のあれ その1

 私の名前は天馬ふぇみお、毎日たくさんの命の元を放出させながらも子作りには一切活用せず、ただ右手という名の大量破壊兵器で数千万匹を虐殺し続ける、大量破壊精子e-ロマン画家である。
  自分のDNAを受け継いだ子供をこの先残すことはないだろうが、この世に何か生きた証を残したい。それが私にとっては単行本である・・・たとえそれが男女がセックスして罪のない精子が大量殺戮されるだけの内容だとしても・・・(-ω-;)


《単行本と女豹とロリ声と》

 単行本を出してくれる海王社(=ぶんか社)で直接仕事をしたことはないが、盟友の伊駒一平先生がよくエロ漫画家飲み会にぶんか社の編集さんを呼ぶので個人的に仲良くしている編集さんは何人かいる。

 今回私の単行本作業の担当を勤めてくれるのは、飲み会にも何度か来てくれている、ぶんか社の女豹と呼ばれる女性編集、Iさんであった。彼女は見た目はボディコンを着こなすわけでも爆乳でもない普通の可愛らしい女性である。が、魅惑のロリアニメ調ボイスを武器に担当漫画家を軒並み腑抜けにするといわれ、それが女豹と恐れられる所以である。
mehyoo

↑電話で声だけ聴くとこんな感じのイメージである。

 もっともすべての漫画家がアニメオタクな訳ではない。筆おろしの相手が32歳のOLだったという熟女スキーでアニメも殆ど観ない私は女豹のロリアニメボイスなど恐れるに足らずと高をくくっていた。


 単行本のタイトルをどうするかIさんとメールで打ち合わせした時のことだ。

 今私が電子配信で連載してる「欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える」という糞長いタイトルの漫画だが、紙の単行本にする際は大人の事情で別のタイトルに変えねばならなかったのだ。
b278agphg00369pl

 Iさんは「ウチの上司がこんなタイトルを考えたのですがどうでしょうか」といって『人妻温泉淫乱交尾』というタイトルを提示してくれたが、私は電子配信で読んでくれてる読者が「あ、あの漫画が単行本になってるんだΣ(゚Д゚)」と分かるようなタイトルの方がいいと思い、そこで「欲求不満の人妻は温泉旅館で激しく悶える」を彷彿とさせるようなタイトルということで『肉欲人妻は温泉宿で激しく悶える』という類似タイトルを考えた。

 ただ、一応編集サイドの顔も立てるためにプランBとして「人妻温泉淫乱交尾」をミックスさせて『人妻は温泉宿で淫らに交尾る(交尾るの振り仮名は後でテキトーに考える)』というのも即興でこさえ、この二つを軸に考えましょう、とメールでIさんに伝えた。

  するとすかさずIさんから返信が来た。
「わかりましたぁ。では早速、『人妻は温泉宿で淫らに交尾る』でイケるか上に話を通してみますね(*´∀`*)」と・・・。
 ちょっと待て・・・案として二つ出したのに有無を言わさずそっちに決定かよΣ(゚Д゚)!?
 編集サイドで一方的に決めるのは筋が違うだろう。私にも漫画家としての意地があるので、文句を言ってやろうとIさんに電話を掛けた。

 Iさんが得意のロリアニメボイスで応対する
20081019163719 (2)
「あ、ふぇみお先生♡『交尾る』の読ませ方ですけど『ハメる』でいいですよね°(⁰▿⁰)✧?」

ふぇみお「いや・・そんなことよりタイトルを一方的に決めるのは・・・・」

Iさんは聞く耳もたず話を続ける
imagessssaaa
「え・・・ふぇみお先生・・・『ハメる』のお嫌いですかぁ(´・ω・`)?」

ふぇみお「いや・・・ハメるのは大好きっすけどそういう事じゃなくてタイトルを一方的に・・・」

さらにIさんが畳みかける
imagessssaaa
「じゃぁ、『人妻は温泉宿で淫らに交尾(ハメ)る』で決まりですね、ふぇみおせんせ♡(o^―^o)♡」

ふぇみお「は・・・はい・・・ぼ・・・僕もそのタイトルしかないと思ってました(〃´∪`〃)ゞ」


・・・・こうして10冊目の単行本のタイトルは有無を言わさず『人妻は温泉宿で淫らに交尾(ハメ)る』に決まったのであった。
hyouaasi
2月6日に発売予定である



ぶんか社の女豹、I女史・・・・恐ろしき辣腕編集であった

(続く)
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ