E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

エロ漫画道

エロ漫画家と女豹とレクイエム その2

 私の名前は天馬ふぇみお、最近セクハラを暴露するMee too運動とやらが盛んであるが、便乗して声高に『Mee too』と訴えたいセクハラ被害e-ロマン画家である。

 私をセクハラした相手は担当の女編集であった。

 私は恥ずかしがり屋で常識人なので打ち合わせの際はいつも「えーとこの場面では、アソコ異物挿入されてですね・・・」みたいに説明するのだが、その女は「はぁい、マ●コチ●コぶっ刺す展開でいいと思いますぅ。あと最終的にはぁ肉便器になる感じでぇぇぇ(≧∇≦)b」と私に容赦のない淫語を浴びせるのだ。
mehyoo2

 『マン●』・・・その呪われた3文字は現代社会では口にするのも印刷するのも禁じられた悪魔の単語で、照れ屋な私は親の前ですらその3文字は口にしたことはなかったが、その女はアニメ調のロリボイスに乗せて躊躇なく口にするのだった。
 そのセクハラ女はぶんか社(海王社)のI女史、通称女豹と呼ばれるヤリ手の女編集であった。
 セクハラなのかハニートラップなのかもわからん胡散臭い財務官僚のセクハラ問題を国会で糾弾するくらいなら、こちらの問題について与野党が結束して雌を挿入れる・・・いやメスを入れるべきだと私は訴えたい。


≪女豹 邂逅編≫

 もともと私はぶんか社と何の仕事的な繋がりもなかった。

 デビュー雑誌である「エンジェルクラブ」時代に仲良くなった作家さん達と年に二、三回飲み会を開いていて、そこにエンクラとは何の関係もないけど草津てるにょ先生の紹介でいつしか変態王子 伊駒一平先生が参加するようになり、「ゲイじゃないけど美形のチンコだったら舐めれる、いやむしろ舐めたい(*ノωノ)」が口癖のセックスバーリトゥーダー 伊駒が仲の良いイケメン編集者ということでぶんか社のTさんを飲み会に呼ぶようになり、Tさんが自分の部下のおもろい女編集も呼ぼうってことになり、エンクラ呑み会に女豹ことI女史も来るようになった・・・・要は仕事とは関係ない飲み会仲間のような感じであった。

 Tさんから「女豹」というあだ名を聞いていたのでどんなエロいボディの肉食系姉ちゃんが来るのかと胸と股間をぱんぱんに膨らませていたのだが、来たのはどっちかというと童顔な感じの極めて普通の女性だった。
_SX342_

 ただ、喋りが独特であった

 ロリアニメ調のボイスでいかにもアニメキャラのようなおっとり甘えた感じの喋り方をするのだ。確かにアニメ好きの多いエロ漫画家ならこのロリ声にやられる人も多かろうと思われた。
 初対面でありながら私は開口一番「その喋り、狙ってやってるんすかΣ(・ω・ノ)ノ!?」と失礼な質問をしたものだ。しかしI女史は「えぇえぇ狙ってなんてないですよぉぉ。そんなに私喋り方変ですかぁぁ?こういう仕事してるから最近頑張ってアニメも観るようにはしてるんですけどぉ、アニメのこととかも全然詳しくなくてぇ」とびっくりしたような表情を浮かべた。

 なるほど、どうやら天然らしい。

 このロリ声と天然甘えおっとり系キャラで男性作家が勘違いを起こしてしまうことはあるかもしれないが、彼女自身は狙ってやってるわけではないのだから、「女豹」などと獰猛な肉食獣呼ばわりするのは失礼だと思った。なので私は彼女のことを「女豹」などとは呼ばず普通に「Iさん」と名字で呼ぶことにした。

 飲み会が終わり、2次会でカラオケに行こうということになった。天然キャラのIさんは「アタシあんまり最近の歌知らないんですよぉ~」と言いながら曲を選んでいた。そして一発目で歌いだした曲は『巫女みこナース』という知る人ぞ知るエロゲーの電波主題歌であった。

 
 自分の武器を自覚していなければできない選曲であった。つーかコイツさっき確か・・・アニメ声の自覚ないしアニメに興味もそんなにないとか言ってたよな(;´・ω・)?
 どー考えても・・・確信犯やんけΣ(゚Д゚;)!!!!

 この瞬間から私の中で彼女は完全に「女豹」としてインプットされた。
 とはいえ、あくまでその時は飲み会仲間でしかなかったので、私が女豹の毒牙にやられることはなかったのだった。仕事として相対するようになるのは、それから1年くらい経ってからのことであった。

(続)

エロ漫画家と女豹とレクイエム その1

 私の名前は天馬ふぇみお、毎日一回は”チンコ歌”を口ずさむチンコレクイエムe-ロマン画家である。

 チンコ歌とは何か?それはカトリック教会において天に昇る魂に捧げられるための歌である。私はクリスチャンではないが、自分が殺めた”数千万匹の魂”の安息を願い、オナニーの後に涙を拭いながらチンコ歌を歌うようにしている。
 ちなみに、オナニーという言葉もその語源は旧約聖書に遡るのだが、長くなるので割礼…じゃなくて割愛しよう。
 ちなみに割礼というのは包茎手術のことだが、これもユダヤ教で古くから行われていて……しまった早く話を進めたいのに、中学生のオナニー後の精子のごとく知識が溢れ出てしまう。

 己の知性が憎い限りである。


≪女豹と単行本≫

 さて単行本『欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る』が刊行されて一か月以上が過ぎた。


 売れ行きの方はわからないが、私の性感では…じゃなくて第六感ではあまり芳しくなさそうな気がする。
 まぁこればかりはウンコにチンコを巻かせるしか…じゃなくて運を天に任せるしかないので気にしても仕方ないのだが、それよりもこの単行本を作るにあたって、担当編集のI女史、通称”女豹”にはとても世話になった。

 いや、世話になったというか、むしろ振り回されたというべきか・・・(゚Д゚;)。

 女豹とは、このブログでも何度か登場したことがあるが、海王社で私の担当を務め、ロリアニメ調ボイス酔った時につい体にベタベタ触ってしまう天然っぷり本当に天然なのか狙ってやってるのかは諸説分かれるところである)を武器に男性作家を骨抜きにすることから”女豹”と恐れられる女編集である。

 女豹は決して有能とは口が裂けても言いたくないが、確実にヤリ手の女編集であった。

_SX342_
女豹  あくまでイメージ図

 有能じゃないのにヤリ手とはどういうことかというと、結構な頻度で色々やらかすのだが得意のロリアニメ調ボイスで煙に巻くというパワープレーで毎回難なく乗り切るのである。

 そんな女豹伝説についてまた書きたいと思う。これが女豹伝説最終章となるだろう。どういうことかというと、女豹は今年の3月いっぱいで海王社を辞めることとなったのである。すなわち今回のブログ記事は去り行く女豹に捧げるチンコ歌ともいえる。

 女豹の魂を安らかに送るためのチンコ歌・・・・・・あ、私としたことがずっと間違えていた。チンコ歌じゃない・・・"鎮魂歌"だった(;゚Д゚)

(続)

エロ漫画家は編集さんをdisれない その2

私の名前は天馬ふぇみお、争い事や揉め事を嫌い、植物のように平穏に生きたいと願ってきたキラークイーン e-ロマン画家である。

 植物は殺し合いをすることもなければセックスに明け暮れることもない。理想的な平和な生活がそこにある・・・・と思っていたが、どうやら違うらしい。植物も子孫を残すためには”雄しべ”という名のが細長い突起物から放出した花粉を"雌しべ"という名の穴まであの手この手を使って届けなければならないらしい。生存競争と生殖競争に必死な点は人間となんら変わらないのだ。

 私はそのことをとある学習教材から学んだ。
osibe
ちなみにその教材は18歳以下の子供は読めない大人の科学教材であった。


≪アメとムチ≫

 さて、前回とある編集さんのやり方にについて疑問を呈するようなことを勢いに任せて書いてしまった。揉め事や面倒ごとを嫌う私にとってそんな危険案件に触れるのは不本意なのだが、書いてしまった以上は続きを書かねばなるまい。
9031eb0b


 私がエロ漫画家やり始める前の大昔、もう20年近く前のことであるが、漫画家を志そうと決めた私は投稿作を描いて出版社に持ち込んだ。
 多くの漫画家志望者がそうであるように根拠もなく自信満々で「お前んとこの雑誌を最初に選んでやるんだから感謝しろよ?」くらいの気持ちで出版社に向かい、多くの志望者がそうであるように10代男子のおちんちんのごとく高く伸びた天狗の鼻をボッキリ折られ打ちのめされて帰っていった。
 しかし多くの志望者がそうであると思うが、「あの編集がバカで見る目ねーだけなんだよ!他の編集に見せればきっと反応が違うはずだぜ!」と気を取り直してほかの出版社に行き、やっぱり打ちのめされて帰ることになり、それを繰り返してるうちに身の程を思い知らされて、最後の方には「自分みたいなゴミに時間使わせて大変申し訳ないんですけど原稿見ていただけませんでしょーか(´・ω・`)?」という謙虚というか卑屈な感じになっていく訳だ。


 そんな持ち込み回りの時、ひとしお記憶に残っている編集さんがいる。「ヤン●ガ ア○○ーズ」という雑誌に持ち込んだ時のことだ。
 
 副編集長さんが見てくださったのだが、やっぱりもけちょんけちょんのボロカスに言われた。ただ、どこがどう駄目か、というのをいちいち事細かに論理的に指摘するので「この編集の見る目がねーだけなんだ!!」という精神的逃げ道を塞がれ、作品がどうしようもないダメダメであることを当時の私も認めざるを得なかった。
 それはそれで激しく凹まされた訳だが、最後にその編集さんはニッコリ笑って「正直今はまだプロには程遠いレベルですが漫画はペンを握った時間だけ上達するので頑張ってください」と言ってくれた。
 私はそのあと「もっと頑張ろう!」と思い「修行し直してまた投稿するときは真っ先にここの雑誌に持ち込もう!」と心に決めた。

 結局その編集さんとお会いしたのはそれが最初で最後なのだが、今思い返してもきっと有能な人なんだろうなぁと思う。

 あ、勘違いしないでほしいのだが、この編集さんが"最後に優しくしてくれたから"なんてメンヘラかまってちゃんみたいな理由で言ってるのではない。
 人間の本性なんかちょっと話したくらいで分かるわけがない。いかにも「あー、こんな奴の相手時間の無駄だわぁ」みたいなつっけんどんな応対した編集さんもいたが、実は人との接し方が不器用なだけで本当はすごいいい人かもしれないし、逆に厳しいこと言いつつも最後に優しい応対をしてくれたその副編集長さんはひょっとしたら心の中では「バーカ、お前みたいな才能ないクズがどんだけペン握ったって時間の無駄だよ」とせせら笑っていた、なんてこともない訳ではないかもしれない・・・表向きの優しさだけで人間の評価が決まるなら結婚詐欺士は全員超イイ人になってしまう。
 
 ただその編集さんの本心はどうだったのかは関係なく、当時の私がまんまと「厳しい評価を受け入れ」なおかつ「頑張ろうと闘志を燃やし」かつ「またこの雑誌に投稿したい」と息巻いたのは事実な訳で、一流の編集さんっていうのは漫画家や志望者を上手に掌の上で転がせる人なんだろうなぁ、と今になって思うのだ。

 厳しいことを論理的に指摘しつつ最後にちょっとフォローを入れる・・・よく言えば"気遣い”だし、悪く言えば打算めいた”アメとムチ”なのだが、それは人間関係において誰もが当たり前に使ってる手法である。

 私も漫画家として仕事するようになり、アシスタントさんを雇う時もあるのだが、アシさんに駄目出しする時は必ず「どこが駄目かを論理的に説明して」「この部分はすごいよく描けてるんだけど」「この部分は駄目だから直してね」と頼むようにしている。
 お金を払ってる以上立場的には私のほうが強いわけだが、必ずそういう風にアメとムチをセットにして駄目出しする。
 私が優しくていい人だからではない。安くないアシ代を払うからにはしっかり仕事してほしい訳で、その為には頭ごなしに注意するよりアシさんのモチベが上がるようにアメとムチを駆使したほうがいい。単純にそっちのが自分にとってメリットがあると思うからそうするのだ。
 
 友人に駄目出しする時に頭ごなしに注意する奴はあまりいないのは、そんなことすりゃ揉め事になるのがわかりきってるからだが、しかし、こと「お客様と従業員」だったり「部下と上司」だったり「大物漫画家と下っ端アシスタント」だったり「大手誌編集と下っ端漫画家」と力関係に大きな差があると相手は問答無用で従順せざるを得ない。
 しかし力関係に劣る相手が自分の言うことにホイホイ従うからといって、必ずしも相手が納得ずくで従ってるとは限らず、嫌々従ってるだけならそんなモチベーションで生産効率は当然上がらない訳で、だったら同じ言うことを聞かせるにしてもアメとムチを使い分けて上手に掌で転がしたほうがいいに決まってる。
 人の上に立つ人間ほど何もしなくても相手は言うことを聞いてくれるけれど、人の上に立つ人間ほど上手に他人を転がすスキルがあって然るべきだと思うのだ。

 でもって、漫画家志望者に対しても、内心どれだけ「こいつ才能ねーわ」と思っていても、いつ金の卵に化けるかは分からないのだから、上っ面だけでもアメとムチを使って上手に掌で転がして「次回も頑張ってこの雑誌に投稿してやる!!」と思わさせてこそ敏腕編集なんじゃないかと思う次第なのである。

 なんかだらだらと面白くもない上にまとまりもない文章を書いてしまった。

 結局"金の卵"にはなれず、ただ日々金玉を描いてるだけの零細エロ漫画家の私が偉そうに書ける内容ではないのだが、とにかくだらだら長い文章をここまで読んでくれた方にはありがとう頭と亀頭をさげたい(m´・ω・`)m

(終)

エロ漫画家は編集さまをDisれない その1

  私の名前は天馬ふぇみお正義の心に厚く、性技の心得には疎い、ノンテクニシャン e-ロ漫画家である。SNS上で馬鹿晒す人間を称してバカッターなどと呼んだりするそうだが、3ヶ月前にツイッターを始めた私はバカッターにならないように注意している。
 特に誰かをdisったりするのは要注意だ。憂さ晴らしのつもりだろうが、対象をぼかしていようが、それを見た人に"なんかめんどくさそうなヤツ”と思われてしまった時点で本人にとってマイナスにしかならないのだから。私はその辺りは最新の注意をはらい、つい先程も推敲に推敲を重ねた上で『オナニー中なう( ´Д`)=3ウッ』と当たり障りのないTweetをしたところだ。


《編集さんはdisれない》

 さて、ツイッター上で『「ビッグコミック&オリジナル」の合同新作賞がいろいろすごい』と話題になっていて、その選評を読んでみたら確かにヤバかった。

9031eb0b


今回は佳作2本という残念な結果です。応募数、内容を鑑みるに、我々の期待を大きく裏切るものでした。画力がある方はいても、人物表現、構成、情報にまったく新基軸を感じません。読者の心を動かすところは何処なのか・・・確信的に応募してほしいと思います(ビッグコミック編集長)』

復刻されたビッグコミック創刊号(1968年発売)を読んでみましたが、すごく面白い!応募者の皆さんは当時の作家よりも50年も新しい人達なのにまるで及ばない。切り口、ストーリー、キャラ、テンポ、構成、全てにおいて古臭くて稚拙!先人たちを追い越す気迫と奮起を望む(ビッグコミックオリジナル編集長)』

 どちらもなかなか辛辣な評だが、特に後者の評はなかなかヤバい。

  底辺エロ漫画家の私が天下の小学館老舗雑誌の編集長に物申すなんて恐れ多くて出来る訳がないが、あくまでそれを見たツイッター民の声を紹介すると・・・

悪評が絶えない小学館の担当編集らしい物言いですね

使ってやるぞ」という思い上がり感全開で投稿者諸氏への敬意ゼロ

と非難轟々であった。

tuitte

 あ、勿論これらはあくまでネット上の声であって、私はそんなこと思ってない。編集さんには編集さんなりの考えがあって、投稿者への愛情と激励の心がついこういう激文という形になっただけなのだろう。


『”読者の心動かす"云々言うてますけど、これ読んで漫画家志望者が果たして「この賞に応募しよう」と心動かされますでしょーか( ゚д゚)?』

とか

『"50年前の先人達に比べて稚拙"とか言うてますけど、手塚先生や石ノ森先生やさいとう先生やその他レジェンドクラスと新人比べられても・・・( ゚д゚)』

なんてことをこの私が微塵も思うはずがない


 ただ・・・投稿作の”内容"はともかく"応募数"が期待ハズレに少ないことを編集長さんがボヤいてらっしゃることに関しては、この選評を見る限り「そりゃまぁ・・・(✽ ゚д゚ ✽;)」と思ってしまう自分がいる。

 でもって次回はもっと少なくなるであろうことは想像に難くない。

 エロ漫画描きながらいまだに2,3年に一度は投稿作描いて営業してる私だが、この選評を見たら、このような崇高かつハードルの高い雑誌に自分ごとき三下が投稿するなど100年早いな、と二の足踏んでしまう。

 別に投稿者をよいしょしろとか甘やかせばいいと言ってるのではない。
 ただ、会社員は会社にとってプラスになるような行動をすべきで、言いにくいことでも作家に厳しい進言をしたり、仲の良い作家でも必要とあらばクビを切ったり、逆に金になる作家にはどんな嫌な相手でもヘコヘコ頭を下げるのも、それが会社にとって必要であるならやるのが会社員のあるべき姿なのだと思う・・・就職した会社を一ヶ月で辞めた社会不適応者の私が言うのも何だが(; ・`д・´)
 でもって将来的にひょっとしたら金の卵になるかもしれない漫画家志望者がその出版社に投稿しようと思わなくなるならそれは会社にとっては大きくマイナスな訳で、たとえ投稿作の出来に大きく失望したとして、その気持ちを感情的な選評文として誌面に載せることが会社の利益を第一に考えた場合にベストのやり方なのだろうか?・・・・と心の片隅でチラリと思うような思わないような。


 あ、あくまで誰かをdisってる訳ではなく、ただの一般論の話である(゚A゚;)

 なんか今回は歯に衣着せたような、チ●コにゴムを被せたような、歯切れの悪い文章になってしまったが、ちょっと書かずにはいられなかった。次回、自身の大昔の投稿体験を交えて突っ込んだことを書きたいと思う

(続)

エロ漫画家と単行本と童貞と 最終章

  私の名前は天馬ふぇみお、既婚女性に対して「へぇ、御結婚されてるんですね」ではなく「へぇ、人妻さんなんですね」と言ってしまうくらいには職業病に侵されてるプロフェッショナルe-ロ漫画家である。

 恋人はもっぱら右手な私であるが結婚というものに強い憧れを持っている。新妻が裸エプロンで夫を出迎えて「ご飯?お風呂?それともぉわーたーしィ♪」と出迎える…みたいな童貞の妄想じみた憧れではない。
34325021

 死がふたりを分かつまで一緒に添い遂げん、という美しい夫婦の絆に憧れているのだ。

 夫婦の絆は何よりも強く何よりも美しい…少なくとも私はそう信じている。たとえ不倫人妻モノばかり描いてるとしてもその思いは変わらない


 10日前に出た私の最新単行本欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾るはまさにそんな美しい夫婦の絆と愛を描いた作品であった。
欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る (KAIOHSHA COMICS)


《単行本と童貞 最終章》

(前回までのあらすじ:漫画の中で死んだものとして描かれていた自分が実は仮死状態になっていただけで最後に目を覚ます、という事実を聞いたKはその後、嫁である美登里と最後どうなるのか執拗に私に訪ねた。私は「結末は自分の目で確かめろ」と言って発売したばかりの単行本を渡し、最後にこう付け加えた「1100円になります」と・・・。)

 Kの持ち合わせが132円しかなかったので単行本を渡すことは出来なかったが、有り金全部受け取る代わりに部分的に読ませてあげることにした。

 Kは早速最終話を貪り読むのであった。


czaa
 昏睡状態から目を覚ましたKと美登里は、Kたっての希望で温泉旅館にやってくる。そこは二人が初めて訪れた思い出の場所だったからだ。

cazzzzz

 思い出の場所で再び結ばれようか、という場面で美登里さんは拒絶してしまう。
「自分の体は汚れてしまった。もう和也さんに愛される資格はないんです」と涙ながらに語る美登里。

しかしKは言う・・・
「何も言わんでええ・・・ワシが眠ってる二年間に何があったかなんかどーでもええ!!今お前はこうしてワシのそばにいてくれちょる それだけで充分たい」
と。
 調布で育ち調布市国領駅に自らのジム、ジャンジラジム(現在入会金無料キャンペーン中)を構えるKこと和也さんが何故関西弁とも九州弁ともつかぬ謎の方言を使ってるのかは謎である。
 ともかく、こうして二人は10年前に初夜を迎えた思い出の地で再び結ばれるのだ。

cazzz

「これが…夫婦の絆です。苦難を乗り越えて、何があっても互いを許し合い絆を深めていく…夫婦っていうのはそういうものなんです!!!!」
  私の言葉にKは本を持つ手を震わせながら大粒の涙を流した。
 それは泌尿器科の先生に「梅毒感染が疑われたのでの検査してみた結果…陰性でした」と言われたときにすら流さなかった喜びの涙であった。

tinnna
「ううぅ…ふぇみお先生の仰る通りです。嫁に『現役本物!美熟女インストラクター 本間千恵(37歳)』のDVDを見つかって離婚の危機になった時も…バラ鞭で叩かれまくりましたが謝り倒したら許してもらえました。苦難を乗り越えてこそ夫婦の絆は深まるんすよね。」
 ムエタイ インストラクターの嫁を持つkはしみじみとそう語るのであった

 「和也と みの…いや美登里は…夫婦の絆を取り戻しハッピーエンドになるんすね?欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る』…なんて素晴らしい文学作品なんだ…ふぇみお先生、最高っす!!」
Kが最後まで読み進めようとするので私は慌てて止めた。
132円のはした金で最後まで読ませるわけにはいかないといのもあるが、何より本人がハッピーエンドと思い込んでるならそのままハッピーな気持ちにさせておいた方がいいと思ったからだ。

「ふぇみお先生、ありがとうございます。この続きは…親に借金してでも単行本買って読みます!!嫁にも読ませます!!嫁もこんな素敵なハッピーエンドだと知ればきっと喜ぶと思います!!!
Kは涙を拭い、笑顔で去っていった。その背中は童貞野郎のそれではなく、自身に満ちた漢のオーラを醸し出していた。

 その後、嫁に『欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る』を読ませたKがどうなったかは定かではない。

20140422_654732
 ただ後日、後楽園ホールのリングに上がったKの背中には無数の痛々しい鞭の痕が刻まれていたという。


『欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る』・・・全ての倦怠期の夫婦に、いや、人と人の絆が失われし全ての現代人に読んで欲しい感動の文学作品である!!!
プロフィール

femio

 就職したゲーム会社を一ヶ月で辞めた社会不適応者。エロ漫画業界で細々と食いつなぐ生活も早15年。特殊な性癖と小ぶりな性器を持ちながらも、めげずに関東のどこかに生息中。

↑Twitterもはじめてみました

欲求不満の人妻は温泉宿で激しく交尾る (KAIOHSHA COMICS)










↑ 最新作!!

人妻は温泉宿で淫らに交尾る (KAIOHSHA COMICS)




奴隷ごっこ デジタルモザイク版 (アクションコミックス)






↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ