E-ロマン画家天馬ふぇみおの笛美男IZM

底辺エロ漫画家...もとい愛の"ロマン"を紡ぐ『E-ロマン画家』、天馬ふぇみおの肥溜みたいな日常を綴るブログ

近況報告2010

近況報告2011.04.08

私の名前は天馬ふぇみお、ハイパーエロメディアクリエイター、略して「HEMC」である・・・といままで吹聴してきたが、いまいち世間的に浸透してないようなので、改めて自分の職業の呼び名を変えようと思う。
 男女の愛のロマンを紡ぐデジタルコミック作家、という意味でこれから私のことは「E ロマン画家」と読んでいただきたい。

 「エロ漫画家」ではない、「E-ロマン画家」である。


《秋田書店チャリティ企画》
 秋田書店の全雑誌共通チャリティ企画として、携帯サイト「秋田書店DX」(http://akitadx.jp)にて、秋田書店で執筆してる全作家の書き下ろし壁紙イラストを配信し、その売上を義援金として赤十字に寄付するらしい。

 クローズの高橋ヒロシ先生のイラストも、『バキ』の板垣恵介先生のイラストも載る中で、需要があるとは全く思えないのだが、底辺エロ漫画家・・・もといE-ロマン画家の私のイラストも配信されるわけである。

 んなわけで、5日にプレイコミックの原稿を入稿した後、今現在壁紙イラストを描いてる

↓これは下書き
49d09106.jpg

実際にはこれに彩色して編集さんに渡すことになる。

 ちなみに、このイラストの女の子は、連載中の「ラバーズホテル」の主人公なのだが、処女でキスの経験も無いという設定なので、本編でこんなセクシーショットはありえないのだが、普通にイラスト描いてもクローズやバキの足元にも及ぶわけ無く、無理やりセクシー系イラストに仕上げようという理由から、ひと肌脱いでもらっている。

 4月15日から7月14日まで秋田書店DXで配信されるようなので、興味のある方は覗いてみていただきたい。


《兄貴 結婚・・・?》

  こんなプライベートなことを書いても読者の誰も興味を持たないとは思うが、私には4歳上の兄がいる。

 私立大学学部長のエリートな父親を持ち、都の西北にある某有名私大の教育学部を卒業しながらも、ホストクラブに就職した挙句、闇金の手下、出会い系サイト管理職などのよく分からない転職を繰り返した挙句、ようやく最近堅気になってシステムエンジニアをやってるという、「エリートの息子は道を踏み外す」を地で行くアホな男である。

 私はそんな兄の背中を見て、彼を反面教師として人生を歩んだので、兄と同じ轍は踏まず、学校を卒業後真面目に就職して、そして今エロ漫画を描いている

 そんな兄貴が結婚したい女性がいるとのことで、急遽両親が神戸からやってきて、私も締切3日前にもかかわらず東京駅に迎えに行き、私の家族4人と、その女性の計5人でご飯を食べた。女性側の家族は来なかったのかというと、来ようにも来れないのだ。彼女の家族はマニラにいる。

 そう、兄貴の結婚相手はフィリピン人なのである。

 32b6b403.jpg


 フィリピンパブで知り合ったらしいが、目がパッチリしていて、なかなかの美人であり、日本語も読むことは出来ないが喋ることは出来る。両親も最初は戸惑っていたが、大人の決めたことだから、ということで祝福することに決めたようだ。

 国際結婚というのはなかなか難しいと思うが、日本人と結婚してもうまくいかない奴はうまくいかないし、実際私の周りはうまくいってない奴だらけなので、こればかりは成り行きを見守るしかあるまい。

 フィリピン人女性を孕ませておいて、子供を認知もせずに逃げるクズ男がたくさんいることを考えると、万が一うまくいかなかったとしても、フィリピンから出稼ぎに来てるその娘が兄貴との結婚によって日本国籍と永住資格を得られるならいい人助けだろう。


《独り登山》

 原稿が終わって、色々と考えさせられることもあったので、「自分自身のちっぽけさ」を見つめなおそうと思い至った。

 別の意味での「自分自身」のちっぽけさなら、パンツをおろせばすぐ確認できるのだが、自分の存在のちっぽけさを見つめなおす為には、雄大な風景に囲まれてこよう、ということで、埼玉県飯能市にある「棒の嶺」という山に独りで登ってきた。普通の素人向け登山コースながら、軽く沢登気分が味わえるおすすめの山である。

1ab21b3e.jpg

平日とはいえそこそこ人気の高い山なので、セルフタイマーで写真を撮るのは大変であった。

 しかし、山登りはいい・・・。自分という存在が、この大自然の中で以下に小さな存在かを改めて思い知ることが出来る。
 豊かで壮大な自然の中で、私の心の中の澱みが洗われ、清らかになっていくのをひしひしと感じた。珍しく真面目に人生を見つめなおしたりもした。
c17b7b18.jpg

 そうして改めて俗世間を振り返ってみると、世間では、この国難のさなかに馬鹿なことをやってる連中が溢れている

 真面目さだけが取り柄な私は怒りがわいてしかたがない。次回は久々に、真面目に自分の熱い想いをつづりたいと思う。

近況報告2011.03.25

私の名前は天馬ふぇみお、世界を股にかける、そして精子を女の股にかける、ハイパーエロメディアクリエイターである。原発の行末を気にするなら分かるが、今のご時世に私の近況を気にする輩などいるのだろうか・・・?
 
 需要はたいしてなさげな気がしないでもないが、一応営業の一環としてこのブログを始めた手前、仕事の告知をしたいと思う。

《プレイコミック5月号 発売》



 プレイコミックの5月号が3月25日、秋田書店より発売である。

612a44cf.jpg


 夏原武先生と組んで連載中の「LOVERS HOTEL」も勿論掲載されている。早いものでもう8話目である。

 しかも掲載順は前から3番目。自分の作品の評判を知るのが怖くてアンケートの順位なんかは一切訊かずにいる私には、掲載順でしか人気を推し量る術はないので、前の方にあるととりあえず一安心である。
 私は極度の小心者なので、掲載順が後ろのほうだった日には胃がキューッとしめつけられてしばらくは何もやる気が起きなくなる。

オナニーすら一日一回しかする気も起きなくなる。

 漫画家の世界とは常に生きるか死ぬかのサバイバルなのである。

b2d8790f.jpg


今回は、私の方でストーリーをつくって原作の夏原先生に提案差し上げたものが採用された。

 「都条例改定前駆け込みやり逃げ企画 16歳の少女のマンコにチンコぶっこんじゃいました!」というタイトルで、夏原先生にプロットをお送りしたのだが、タイトル以外はほぼそのまま採用していただけた。
 私のつけたタイトルの何が悪かったのかは分からないが、きっと土曜サスペンス劇場並に長すぎるタイトルが良くなかったのだろう。

 ちなみに、プロット一個だけだと「こいつは一つのパターンでしかストーリー作れない奴だ」と思われてしまうかもしれないので、自分の引き出しの幅をアピールする為に、もう一つまったく違う方向性のプロットも送ってあった。

 題して、「都条例改定前やりにげ企画 14歳少女のマンコに中年男のちんぽぶっこんじゃいました」
・・・そちらのプロットは何故か速攻で却下されてしまった・・・

 ちなみに私のこのブログだけ見ると、どこのエロ漫画雑誌の話かと思う方もいるだろうが、一応言っておくがプレイコミックは普通の一般誌であり、ほとんどの連載作品は戦記物やら料理物やら活劇モノやらの健全なものばっかである。

 d2967447.jpg



 余談であるが、今回は丹波のろ先生の読みきり「ファロと呼ばれた女」が掲載されていて、その小さいカラーカットがプレイコミック表紙の左上のほうに載っている。
 実は、「丹波先生がお忙しいので、カットの彩色をお願いできないか」と編集さんから頼まれたので、私が引き受けようかと思っていたのだがそのときは私も結構忙しかったので、友人のエロ漫画家である稚名はなび先生にお願いしてやってもらった。
 丹波先生の書いた線画にPC上で色をつけるだけの簡単な仕事であるが、そのときは締切が二つ被っていて、ほんの半日程度のロスも厳しかったのだ。なので、稚名はなび先生の好意に甘えて、仕事を回してしまった。

 今では後悔してる。稚名はなび先生だって自分の仕事もあり、忙しいだろうにこんな面倒ごとを頼むなんて。

 本当に後悔している。さきほど稚名はなび先生から連絡があり、プレイコミック編集部からカットの着彩代とは別にお礼として読者プレゼント用のオナニーグッズ、TENGAが送られてきたそうだ



 ・・・・・俺が自分で彩色引き受ければよかった・・・・・・Σ(゜Д゜;)!!!


 本当に後悔している。

近況報告2011.01.25

 私の名前は天馬ふぇみお、現在スペインを活動の拠点に置く、ハイパーエロメディアクリエーター(HEMC)である。
 言い方に御幣があったかもしれないので詳しく説明すると・・・スペインを活動の拠点に置いてるといってもスペインに住んでるわけではなく、スペイン風美女にスペルマをぶっ掛ける漫画の制作に日夜いそしんでるということである。

 同業の高城剛氏も同
じようにスペインに活動拠点を置いてるが、最近嫁の沢尻エリカとの離婚が決まったらしい。同業者としてお悔やみの念を禁じえない。


《プレイコミック3月号発売》

7dfe527e.jpg


 プレイコミック3月号が発売された。クロサギの夏原武先生と組んで私が描いてるラバーズホテル第6話も載っている。

 今回は、私が勝手に作った主人公の過去の話であり、ポルノ規制に反対するポルノ作家の若者が人種差別主義者の知事とその腰ぎんちゃくの手によって殺害され、事件が闇に葬られるのを若き日の主人公が阻止しようとする、というとても作意に富んだ回である

 悪役のストーンフィールド知事と腰ぎんちゃくのイノーセンに特にモデルはいないのだが、あくどそうな顔を追求したらこうなった↓

318a7a48.jpg

0ee8bd28.jpg


 石原慎太郎都知事と猪瀬直樹副知事に見ようによっては似てるとの声もあるが、おそらく偶然である。石原慎太郎氏はレイプ凌辱小説の先駆けともいえる、心より尊敬している凌辱系作家の大先輩なので、そんな悪意に富んだことをこの私がするわけが無い。


 受け取った編集さんは「ええと・・一部不適切な表現があるのでそれはこちらで直しておきますね・・・・」と戸惑いを隠しきれない様子であったが、実際雑誌に載った自分の漫画を見てみると、相当部分のセリフがカットされていたのだった。
daab2a2d.jpg


上のセリフは、↓本来ならこういうセリフであった

「三国人が帰化したような薄汚いポルノ野郎は麻薬所持がばれて・・・・(略)」
 さらに、知事のセリフに手書きで小さく「戸塚ヨットスクールで虐待しまくった挙句にワシがこの手で自ら殺してやりたかったわい」というセリフを添えていたのだが、それも消されてしまったらしい。

 ちなみに殺されたポルノ作家が知事のことを毒づく回想シーンでもそこそこ毒のあるセリフを長々と盛り込んだのだが、そこはカットされずに済んだ。
6b27b0dd.jpg


 読みづらいのでテキストにするとこんな感じのセリフとなる

非実在青少年?頭おかしいの?児童ポルノ規制法案って児童ポルノから子供を守るといえば聞こえはいいけど18歳以下"っぽく"見えたらお上の裁量で自由に取り締まれるって滅茶苦茶な条例ジャン。しかもそれを監視する組織で上手い汁吸うのは自分の手下の天下り警察官僚なわけじゃん?つーかむしろ天下り組織用意してやるためってのが真の目的だよね?
 ポルノ規制するってんならさ、アンタが昔書いたクソみてーな三文レイプ小説も発禁にしたら?「完全な遊戯」だっけ?少女を遊びで強姦した挙句殺しちゃうようなレイプ賛歌の作品を子供に見せるべきじゃないものね?えっ?小説は規制の対象外なの?へー、自己保身だけは万全だねぇ?

 ベトナムで少女買春しまくってたゲス野郎が何やってんだかww

 それとさ、あんた「閉経した女性に生きてる価値はない」って言ってたけどさ、科学的には生殖機能を失った男の生きる意味の方が証明されてないわけよ。チンポ勃たなくなったんならさ、もう生きる意味無いんだからさ、腹いせにポルノ規制して世に老害撒き散らす前にとっとと死になよ。

 あと、ことあるごとに「"国民的大スターの兄"だから自分は男前です」アピールするけどさ、はっきり言ってアンタの弟、普通に不細工よ?頭の悪いババァが騒いでるだけで、冷静に見たらただのゴリラ面じゃん。』


 これに関しては、文字が小さくて、編集さんもチェックするのが面倒で、消し忘れてしまったのだろう。

 ていうか、こんなことを続けていたら私の方が雑誌から消されてしまうかもしれない

 

 しかし今回はどうも自分の趣味に走りすぎてしまったような気がする。アンケートも相当ひどそうだ。

 次は巻中カラーなので気合を入れて人気取りに走ろうと思う。

近況報告2010.12.10

 私の名前は天馬ふぇみお、誰もが認めるHEMCである。HEMC・・・この略語の意味が分からない人間はまずいないと思うが、一応説明しておくと、ハイパーエロメディアクリエーターのことである。

 今日は漫画家らしく、漫画についてつらつらと語ってみたいと思う。
 私がこまめにブログを更新し、特に事件があったわけでもないのにつらつら語るときというのは、たいていコンテがうまくいってない時である。
 私とて、いつもチンコやオナニーのことばかり考えているわけでない。むしろ、生活の殆どを漫画に費やしているし、今だって、次回の原稿をどうすれば素晴らしいものに出来るかを、真剣に、チンコをいじりながら考えている

《コンテ難航》

 今の私のメインの仕事はプレイコミックの『LOVERS HOTEL』という原作つきの漫画である。それ以前には、杉本彩さん原作で『インモラル』という漫画も描いている。私は原作つき漫画に関して言うと、いい原作家さんに恵まれていると思う。


インモラル (原作:杉本彩/漫画:天馬ふぇみお)
E-BOOK japanにてダウンロード販売中


 他の原作つきで書いてる作家さんによると、原作に忠実に描かなきゃいけないことが多いらしいのだが、私は毎回自由にやらせてもらっている。
 
 実際文章のものをそのまま忠実に漫画にするというのは想像以上に難しい。
 
枚話枚話、枠内に収めるためには原作のいろんなくだりを切り捨てる必要があるし、そうなると構成も変える必要が出てきたりして、さらに自分で独自のアイデアもちょこっと加えたりした日には、まるで原作の原型をとどめてないモノが出来上がる、なんてことはよくある。


「インモラル」は、杉本彩さんの自伝的な小説が原作である。
 最初の2話くらいまでは原作に忠実だったのだが、自由にいじっていいと言われたので、そのうち丸々1話を「穴と蛇 というSM映画に出演して、撮影中に逝ってしまった挙句、マゾに目覚めちゃいました」なんていう、原作には一片も存在しないくだりで埋めちゃったりしていて、しかも事後承諾に近い形なのだが、特に杉本さんサイドからクレームがつくことも無く、「続編も是非私で」、とオファーが来たくらいなので、おそらく気に入っていただけたのだと思う。
ccdeb456.jpg

もしくは送られてきた漫画作品にめんどくさくて目を通してないだけなのかもしれない

 ちなみに、この話をするたびに、知人から「杉本彩さんと会ったのか?」と訊かれるが、はっきり言おう。期待していたのだが、一度も会えたことはない。まるで、実際には体験してないのに風俗体験ルポ漫画を描かさされるような、そんな無念さである・・・いや、全然違うか。


 今「LOVERSHOTEL」の原作を書いてる夏原先生も漫画家にとてもリスペクトをもって接する方で、私ごとき巻末へタレエロ漫画家・・・それもチンポが小さい巻末へタレエロ漫画家にも関わらず、『漫画は最終的には漫画家のものだから、好きにいじっていい』とおっしゃってくださり、実際第1話からして好き放題いじってしまっている。
f43c15e2.jpg

そもそも主役の女の子、「荻野小梅」からして原作にはなかったのに勝手に作ったキャラだったりする。


 そんなわけで、自分は今とても恵まれた環境にいるんだなぁ、と再確認している訳である。漫画を描くのが苦痛だという作家さんが実は結構いるのだが、私は描いていて愉しくて仕方がない。

特に今やってる仕事は愉しい。

ただし、私は絵を描くのが大好きだし、くだらない文章を描くのも大好きなのだが・・・コンテをきるのだけは大嫌いなのであった。

 で、毎回大したことないコンテなのにえらく時間がかかるのであるが、今回も同じように難航している次第である。どんな風に難航しているかは、次回、詳しく書くことにしよう・・・・。

<続>

近況報告 2010.11.03

 私の名前は天馬ふぇみお、凌辱系専門のエロ漫画家である。
 さて、男が弱くなった、といわれるようになって久しい。こんなことを言うとオヤジの証拠なのかもしれないが、最近の若者は特に貧弱だ。草食系男子?ちゃんちゃらおかしい。女に頭の上がらないような情けないクズどもはとっとと虚勢して男をやめちまえ、と思ってしまう。

 かくいう私は、常に女を屈服させて生きてきた。女なんて、どんな生意気な女もチンポブッこんじまえばこっちのもの、アヘアへよがっていうことをきくのだ。
現に私は漫画の中で常にそうやってきた。

 現実世界では全く頭の上がらなかった女教師も、権力をたてに偉そうに駐禁切符をきる婦人警官も、私をいい様にこき使ってあげく縛ってローソク垂らしたりしてくれた昔のドS彼女も、全てチンポでねじ伏せ、凌辱し、言いなりにしてきた・・・漫画の中で

 軟弱な男ばかりが目に付くこの時代に異彩を放つ、誰もが認める豪の者、漢(おとこ)の中の漢・・・それが私である。

 もう一度いう・・・私の名前は天馬ふぇみお、チンポに7つの傷を持つ、凌辱系専門のエロ漫画家である。


《伊駒一平先生》

 先月のエロ漫画家飲み会でかいてないことがあるので、書こうと思う。飲み会があったのは一ヶ月前のことである。今更なかんじがするが、かかずにはおれまい。

 ちなみに、いつもの飲み会のメンツである、黒野マサカド、中華なると、草津てるにょ、牧部かたる、灰司 先生などは、もう永きにわたる付き合いであり、一番古い人はかれこれ8年くらいの付き合いになる。

 しかし彼らを単純に「友達」と呼ぶことは出来ない。飲み会で愉しいひと時を過ごしても、ひとたび別れた後は、同じエロ漫画業界でしのぎを削る「敵」となるのだから。
 とはいえ、強敵たちとしのぎを削りあうことで漫画家として成長できるわけで、単純に敵、と呼ぶことも出来ない。

そう、彼らは私にとって、「強敵」と書いて「とも」と呼ぶ、そんな存在なのである。
44ca21ec.jpg


↑それにしても同じ北斗真拳継承者でありながら全く蚊帳の外に
置かれているジャギ様の胸中は察するにあまりある


 さて、そんななかで初めてお会いしたにもかかわらず、荒ぶる魂をもつ漢(おとこ)同士、意気投合したのが飲み会初参加の伊駒一平先生である。
 彼もまた、軟弱な男ばかりが目に付くこの時代の中で異彩を放つ、豪の者であった。




 まず見た目が若い。スリムな体をロッカー風のファッションで包み、私より一回り年上にもかかわらず、顔にホウレイ線やシワがほとんどない。

 ただものではない・・・幾多の修羅場を乗り越えた武人同士が互いの力量を瞬時に見抜くように、我々もまた、互いの器の大きさを瞬時に理解しあった。

 そして語り合った。

 アンチエイジングのために何をしてるかとか、女装するときにどんなファンデーションを使ってるかとか(ちなみに私は資生堂のセルフィットだ)、ホモじゃないけどGACKTにだったら抱かれてもいいよね、とか、吉田秋生や萩尾望都の耽美系美少年愛漫画のこととか、BLって簡単に同性愛の壁を乗り越えちゃうけどもっとそこにいたるまでの葛藤とかをもっと見たいんだよね、とかそーいう漫画談義とか、美容のこととか、そんなことをくだくだと話し合った。そんな話題で話が弾む男というのはなかなかいない。


軟弱な男ばかりのこの時代に、こんな漢(おとこ)がまだいたとは・・・


 伊駒一平先生は、そういう漢(おとこ)である。初対面だし、年齢も作家としてのキャリアも伊駒先生のほうがずっと上である。しかしそれでもあえて言いたい。

 おまえもまさしく強敵(とも)だった・・・・と
e3399698.jpg


 そんな伊駒先生とは、帰り際にある約束をした・・・荒ぶる漢(おとこ)同士が拳で交わす熱い約束を。

今度新宿2丁目の女装バーに女装しに行こう・・・・・と・・・
アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール










↑天馬がたまに利用させてもらってる無料のキックボクシングの練習会。練馬区内の体育館借りてやってますんで、フィットネス感覚でもガチでやりたい人も老若男女興味あったら覗いてみてやってくださいなm(_ _)m



↑犬猫の里親募集HP  動物飼いたいと思ってるならペットショップ行く前に覗いてみてやってくださいな。犬猫フェレットウサギ・・・大抵の動物は買わなくても身寄りの無い子をもらってこれます


記事検索
  • ライブドアブログ